日本
Infographic Image

会社概要


株式会社フィリップス・ジャパンは、ロイヤル フィリップスの日本法人として1953年に創業以来、革新的な技術を通じ、人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現を目指しています。ヘルステクノロジーのリーディングカンパニーとして、超高齢化が進む日本の医療・健康課題解決に向け取り組んでいます。

会社名:

株式会社フィリップス・ジャパン

住所:

〒106-0041 東京都港区麻布台1-3-1 麻布台ヒルズ森JPタワー15階

資本金:

30億円

株主:

コーニンクレッカ・フィリップス・エヌ・ヴェ

代表取締役社長:

ジャスパー・アスエラス・ウェステリンク

従業員数:

1,982人(2023年11月1日時点)

事業所:

品川、札幌、旭川、北見、函館、帯広、弘前、八戸、青森、仙台、盛岡、秋田、山形、福島、いわき、新潟、長岡、上越、宇都宮、つくば、水戸、さいたま(川越事業所)、前橋、千葉、鎌ヶ谷、平和島、東京、南東京、多摩、清瀬、松本、長野、山梨、横浜、厚木、静岡、沼津、浜松、名古屋、岡崎、岐阜、三重、金沢、富山、福井、京都、滋賀、大阪、尼崎、奈良、和歌山、神戸、姫路、広島、福山、岡山、津山、山陰、山口、松山、高松、徳島、高知、福岡、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

社長メッセージ

Jasper westerink

意義あるイノベーションを通じ、人々のより良い健康と満ち足りた生活を実現します。

 

フィリップスは1891年にオランダで設立され、長い歴史の中でビジネス変革を繰り返しながら、この10年間でヘルステクノロジーにフォーカスしたリーディングカンパニーへと変貌を遂げました。

 

私たちフィリップスは「ヘルスコンティニウム」と表現していますが、人々の健康な生活や病気予防をサポートし、また臨床医による精密な診断や一人ひとりに合った治療を行うための必要なツールを提供し、患者様のご自宅やコミュニティでの回復をサポートすること、そしてそのすべてはシームレスなデータフローに支えられているというように、ヘルスケアのすべてはつながっていると考えています。 私たちのような変化の激しい業界では、自社だけでイノベーションを創り出すことはほとんどできません。そのため、ヘルスケアプロバイダー、政府機関、スタートアップ企業、大学(特に大学病院などの医療機関)、その他の企業様とのパートナーシップがますます重要だと考えています。

 

ヘルステクノロジーのリーディングカンパニーとして、意義あるイノベーションを通じて人々の健康と幸福を向上させることが私たちのパーパスです。私たちは、2030年までに年間25億人の生活を向上させることを目標としています。

フィリップスは、患者のより良い結果、患者体験の向上、医療従事者の満足度向上、一人あたりのヘルスケアコストの削減、という4つの価値を掲げ、高齢化社会における医療費の高騰、少子化と人口減少による医療従事者の不足、都市への人口集中による地方の医療格差など、日本が現在抱えるヘルスケア課題の解決に積極的に貢献していきます。私たちは、高度なヘルステクノロジーやインフォマティクスを医療の現場に活かし、イノベーションによって新たな価値を創造し続けます。

 

またすべてのステークホルダーの皆様と力を合わせ、地球と社会に対し責任を持って行動しながら、お客様に卓越した長期的価値を提供していきます。

 

日本では、1953年に日本電子開発株式会社として、フィリップス製品の輸入を開始しました。その後、循環器疾患や急性疾患の診断と治療、睡眠と呼吸器のホームケア、オーラルケアや男性のグルーミングなどのパーソナルヘルス用品など、さまざまな分野でリーダーシップを発揮してまいりました。現在は、フィリップス・ジャパンとして、eICUやeHomeCareなどのヘルスケアにおけるデジタル変革に取り組み、全国の自治体や医療機関、企業などと連携しています。 自治体との連携によるヘルステックセンター運営を通じたデータ活用、ヘルスケアモビリティソリューションの導入を通じて、地域全体がヘルスインフォマティクスに支えられた最先端のヘルスケア・ソサイエティの実現をめざしています。

 

私たちフィリップスは、またワークプレイスにおけるダイバーシティ&インクルージョンを尊重しています。フィリップスとしての持続的な成功は、従業員一人ひとりが価値を認められ、尊重されることによって、十分に貢献し、潜在能力を最大限に発揮できるかどうかにかかっているからです。

 

すべてのステークホルダーの皆様にフィリップスのヘルスケア・イノベーションを享受していただけるよう、これからもOne  Philipsとして努めてまいります。


 

株式会社フィリップス・ジャパン
代表取締役社長

 

ジャスパー・ウエステリンク

Improving People's Health and Well-Being through Meaningful Innovation

 

Philips was founded in the Netherlands in 1891, and over the past decade we have transformed into a focused leader in health technology. 
At Philips, we see healthcare as a connected whole, which we call the "healthcare continuum". That involves helping people to live healthily and prevent disease; giving clinicians the tools they need to make a precision diagnosis and deliver personalized treatment; aiding the patient's recovery at home in the community — all supported by a seamless flow of data.  In an industry as fast-moving as ours, we can rarely innovate in isolation. Increasingly, this means partnering with healthcare providers, governments, start-ups, universities (especially university hospitals) and other companies.


As a leading health technology company, it is our purpose to improve people’s health and well-being through meaningful innovation. We aim to improve 2.5 billion lives per year by 2030.Our quadruple aims are:  Better health outcomes, Improved patient experience, Improved staff experience, Lower cost of care. At Philips, we will actively contribute to solving Japan's current healthcare challenges, whether that be the pervasive problem of high medical costs in an aging society, the shortage of medical professionals due to the low birth rate and population decline, or the healthcare disparity in rural areas due to concentration of population in cities. We will put our advanced healthcare technology and Informatics to use in the field of healthcare, and continue to create new value through innovation.


Together we will deliver superior, long-term value to our customers and shareholders, while acting responsibly towards our planet and society, in partnership with our stakeholders.


In Japan, we began importing Philips products into the Japanese market as Nippon Electronics Development Co., Ltd. in 1953. We have since gone on to demonstrate our leadership in a range of areas, including diagnosis and treatment for cardiovascular and acute disease, sleep and respiratory home care, and personal health items such as oral care and male grooming. Now, as Philips Japan, we are engaged in digital innovation in healthcare, such as eICUs and eHomeCare, and we work together with local governments, medical institutions and corporations all over the country. Through introducing health tech centers and healthcare mobility solutions, we aim to create a cutting-edge healthcare-focused society in which entire regions are supported by health informatics.


We value a diverse and inclusive workplace — the continued success of our company depends on every employee feeling valued, respected, and empowered to contribute fully and reach their full potential.  


We will continue to give our best efforts based on our "One Philips" philosophy, to ensure that all our stakeholders can benefit from our healthcare innovations.

 

Jasper Westerink

 

President and CEO Philips Japan, Ltd.

Read in EnglishShow less

You are about to visit a Philips global content page

Continue

You are about to visit a Philips global content page

Continue

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。