ニュースセンター | 日本

8 01, 2023

アフターコロナをもっと楽しむ。
約5,000人対象の「アフターコロナの意識調査」で分かったマスク生活で当たり前を脱マスクでも。

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、 代表取締役社長:ジャスパー・アスエラス・ウェステリンク、以下 フィリップス)は、日本全国の男女を対象に、新型コロナウイルス感染症(以降、新型コロナ)が5類感染症に移行してから1か月経過したタイミングでの、脱マスク生活に対する心境について「アフターコロナの意識調査」を実施しました。

調査概要

 

  • 調査タイトル:アフターコロナの対人意識調査~脱マスク生活に向けて
  • 調査期間:2023年6月4日~2023年6月20日
  • 調査対象者:日本全国の男女
  • 調査方法:インターネット
  • 有効回答数:5,089人

82%が今後、日常的にマスクをつける予定が「ある」または「ときどきつける」と回答。
脱マスクに対する心境は「うれしい」と「不安」はほぼ半数と複雑な心境。

新型コロナの5類移行によるノーマスク生活について、全体の51%が脱マスクは「うれしい」と回答。「マスクの着用が個人の判断になったこと」「息苦しい時にマスクを外すことができること」など精神的な安心感を得ている人が多く、また全体の45%は、脱マスクについて「不安」と回答した。理由としては「メイクなど面倒」「ヒゲ剃りをさぼれなくなる」「顔を覆うことに慣れすぎた」「マスクがファッション的要素のためトータルバランスが崩れる」など回答しており、感染対策としての面ではなく、ケアの手間について不安を感じている人が多いことがわかった。


「職場や学校などで、マスクを外すことに抵抗感があるか」という質問に対しては、約半数が「まだ抵抗感がある」と回答。医療従事者やサービス業など不特定多数の人と関わる業種や、高齢者の方と関わる職種においては、今後も継続してマスク着用が必要と感じている。


脱マスク派は「マスクを外すことで、絡まれないか不安」、続マスク派は「着用を続けることで変な人だと見られないか不安」と共にまだ周りの目を気にしているため、環境に応じて着脱をする状況が今後も続くと考えられる。

調査リリース_グラフ 1 1
調査リリース_グラフ 1 2
調査リリース_グラフ 2

マスク生活で変化した対人意識と生活習慣

コロナ禍で人と接することが減り、顔がわからないため挨拶も減り、コミュニケーション自体が減ったと感じるというコメントが多く、また「表情/反応が分からない」ため声の「トーン」「滑舌」「声量」で工夫しミスコミュニケーションを避けていたことがわかった。今後は、対面のコミュニケーションでうっかりネガティブな表情が相手に伝わらないように心がけるというコメントが多くみられた。


感染対策緩和により、今後は家族や友達との旅行、スポーツ、ライブ、外食を楽しみたいと脱マスク派・続マスク派がともに回答。コロナ禍では「ヒゲ剃りの頻度の低下」「ノーメイク/目元のみのメイク」「肌/口元/むだ毛のケアの低下」などマスクで隠れる部分や人目に触れやすい部分についてお手入れが疎かになっていたので、これから外出が増えるアフターコロナ生活を楽しむためにも、毎日時間をかけずに手軽に効果的にケアしたいという傾向がうかがえた。

調査リリース_グラフ 3
調査リリース_グラフ 4

特に脱マスク派は、マスク生活でこっそり楽しんだ「いかすみパスタ」や「ペペロンチーノ」など歯の着色や口臭を気にしない食生活を引き続き楽しむために「歯磨き・口臭ケア」「ステイン除去」に力を入れたいと考えていることがわかった。

drink

脱マスク派も続マスク派もアフターコロナを楽しむ

人に会う時でも好きなものを諦めずに、自然な白い歯が叶う

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 9000に新色ブラック登場!

USB充電トラベルケールで旅行先でもしっかりケア

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン9000なら、ブラシヘッド・音波テクノロジーの働きで、歯周病、虫歯、口臭の原因となる歯垢を手磨きの最大20倍除去 [1]、またステインを2日間で最大2倍[2]除去、2週間で歯ぐきの健康を推進[3]。毎日の歯磨きでケアすることで、着色が気になる食べ物や飲み物も安心して楽しめます。毎分約31,000ストロークの高速振動がお口の中の唾液の流れ「音波水流」を発生させ、どんな歯並びでも、歯と歯ぐきにやさしく、効果的に歯垢をかき出すサポートで着色やにおいが気になる食べ物や飲み物も楽しめます。

7123444 black

[1]  プレミアムオールインワンブラシヘッド使用時/クリーンモード使用時/付属ブラシは製品によって異なります(調査年月:2020年11月)

[2] プラスチック版に人工ステインを塗り、プレミアムオールインワンブラシヘッドと手磨きブラシでのブラッシングによる比較/クリーンモードで市販の歯磨き粉を使用/フィリップス調べ/付属ブラシは製品によって異なります

[3 ] プレミアムオールインワンブラシヘッド使用時/クリーンモード使用時/手磨きと比べ/フィリップス調べ/付属ブラシは製品によって異なります

フィリップス・ジャパンについて  

株式会社フィリップス・ジャパンは、ロイヤル フィリップスの日本法人として1953年に創業以来、革新的な技術を通じ、人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現を目指しています。主な事業領域は、画像診断、超音波診断、イメージガイド下治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティクス、睡眠・呼吸治療、およびパーソナルヘルスと多岐に渡ります。ヘルステクノロジーのリーディングカンパニーとして、超高齢化が進む日本の医療・健康課題解決に向け取り組んでいます。日本の従業員数は約2,000人、約70拠点でビジネスを展開しています。(https://www.philips.co.jp

詳細を表示詳細を非表示

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、革新的な技術を通じ、人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現を目指す、ヘルステクノロジーのリーディングカンパニーです。

フィリップスの革新的技術は人々を中心に設計されています。先進的技術と医療従事者および消費者のインサイトを活用し、消費者にはパーソナルヘルスソリューションを、医療従事者とその患者様には病院や家庭でのプロフェッショナルヘルスソリューションを提供しています。

オランダに本社を置く当社は、画像診断、超音波診断、イメージガイド下治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティクス、およびパーソナルヘルスの分野で世界をリードしています。フィリップスの2022年の売上高は178億ユーロ、全世界に約74,000人の従業員を擁し、世界100か国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

詳細を表示詳細を非表示

トピック

連絡先

報道関係者様専用メールお問い合わせ先

 

株式会社フィリップス・ジャパン

コミュニケーション担当

その他の関係者の皆様は、こちらへお問い合わせくださるようお願いいたします。

メディア向け資料

ソーシャル メディアでシェア

You are about to visit a Philips global content page

Continue

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。