ニュースセンター

2 10, 2020

フィリップス、新たに構造的心疾患(SHD)向けソリューションを展開

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤  浩幸、以下 フィリップス)は「2030年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

 

このたびフィリップスは、弁膜症などに代表される器質的な心疾患である構造的心疾患(以下SHD、structural heart disease)向けに新たにソリューションを展開し、心房中隔欠損症(ASD)などの先天性心疾患、心原性の脳卒中の予防のための左心耳閉鎖術(LAA Closure)などのさまざまな治療があります。新しいデバイスの登場や治療技術の向上により世界的に治療件数が伸びており、世界の傾向からも日本での今後の疾患治療の増加が予測されます。これまでのSHDのカテーテルによるインターベンションにはカテーテル専門医とエコー専門医がチームで治療を行いますが専門性の違いからアンギオ(血管撮影)画像とエコー画像の双方の同一理解が困難との一般的な課題がありました。それらの解決策として、アンギオ画像とエコー画像のリアルタイムフュージョン機能であるEchoNavigator R3.0、および連動する超音波診断装置EPIQ CVxiの販売を 開始いたします。

  SHD治療の推計(世界全体)(フィリップス調べ)
SHD治療の推計  (世界全体) (フィリップス調べ)


アンギオ画像とエコー画像のリアルタイムフュージョンを実現するEchoNavigator R3.0

アンギオとエコーとのフュージョンでは、従来からのスマートフュージョン技術により、2Dエコー画像の任意断面表示やカラードプラの重畳表示、3Dエコー画像ROI(関心領域)内の3D立体拡大表示、SHD手技をナビゲートするための任意の組織へのマーカー機能がありました。

今回、新たにバーチャルモデルによるAnatomical Intelligenceモード(解剖学的知能モード)を搭載。自動セグメンテーションすることで、心室や、心房全体および僧帽弁や左心耳などの透視では確認することができない動的組織モデルとアンギオ断面とのフュージョンも容易になり、デバイスが本来の留置に存在するか、カテーテルの先端による心臓壁穿孔のリスクがないかなど、リアルタイムに透視画像とエコー画像が一体となり画期的な機能が追加され、さらに直感的に視覚化することが可能となりました。


フュージョンモードへは、ボタンひとつでアンギオ画像に映るフィリップスのTEE(経食道心エコー)プローブの形状を認識し、手間なく自動でリアルタイムフュージョンがスタートします。ROI内空間上のどの任意断面でもフュージョンを維持するため、アンギオのアームポジションを変更しても、TEEの位置や断面を変更しても、自動追従できるためストレスがなく、効率性も向上します。

EchoNavigator R3.0と連動可能なインターベンション向け超音波診断装置EPIQ CVxi

EchoNavigator R3.0のリリースに合わせ、このたび超音波診断装置EPIQ CVxiの取り扱いを開始しました。フィリップスでは循環器に特化した超音波診断装置としてEPIQ CVxを2018年から上市していますが、EPIQ CVxiはインターベンション領域にフォーカスしておりEchoNavigatorとの柔軟なワークフローの実現により、カテーテル専門医とエコー専門医のコミュニケーションをより強化することが期待されます。

 

EPIQ CVxiに新たに追加された機能として、超音波診断装置上にてEchoNavigatorソフトウェアを起動、操作することが可能となっています。従来EchoNavigatorの操作は別端末で行う必要があり、EchoNavigatorを操作するための専任者が必要でした。しかしEPIQ CVxiではエコーを熟知したドクターがエコー検査の延長でEchoNavigatorを操作できるため、診断精度や治療効率が上がることが期待されます。また、スペースに制限のあるハイブリッドORなどにおいてカテーテル画像を超音波診断装置上で確認できることも有益と考えられます。

EPIQ CVxiにおける卓越した3D 技術

EPIQ CVxiはEPIQ CVxにおける3D技術を踏襲しています。その中でもTrueVueは超音波診断装置の処理能力が向上したことにより実現した、3Dレンダリングにおける新技術です。異なる光の波長ごとにその挙動をモデル化し、より“リアリスティック”な画像をご提供します。さらに3Dボリュームデータをタッチスクリーンでタブレット式に操作できるTouchVueも搭載されており、インターベンション治療の現場で迅速な操作が求められる場合にも、必要なビューを直観的に描出できるワークフローとなっております。

EPIQ CVxiはEPIQ CVxの高い機能はそのままに、EchoNavigatorとのシームレスなインターフェースが加わることでSHD治療で超音波診断装置に求められるあらゆるシーンを高いレベルでサポートします。

 
既存のモニタリング情報などを統合した心不全増悪リスクスコアリングアルゴリズムと遠隔リハビリテーションモニタリングシステムの開発

フィリップス・ジャパンについて

フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢者社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2019年4月1日よりフィリップス・レスピロニクス合同会社と統合し、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいるヘルステックカンパニーです。今後、病院で使用されるフィリップスの先進医療機器やパーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がることで、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケア・プロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供していきます。医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指します。(https://www.philips.co.jp/a-w/about/news/home.html
 

詳細を表示詳細を非表示

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2018年の売上高は181億ユーロ、オランダを拠点に全世界に80,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/
 

詳細を表示詳細を非表示

トピック

連絡先

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス・ジャパン ブランド コミュニケーション部

Tel: 03-3740-5896

メディア向け資料

共同研究講座「デジタルヘルス・遠隔医療研究開発講座」を開設

ソーシャル メディアでシェア