ニュースセンター

1 22, 2019

超音波診断装置EPIQに
新解析ソフトウェア
『AutoSTRAIN 4.0』を搭載


TomTecソフトウェア初の実機搭載でストレインをより身近な物へ

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤  浩幸、以下 フィリップス)は「2025年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

 

このたびAutoSTRAIN 4.0がフィリップスの超音波診断装置EPIQに搭載可能となりました。2017年にフィリップスがTomTec社を買収したことに伴い、現在TomTecの技術を用いた開発が進められています。その第一弾としてこの度、簡便かつ迅速にGlobal Longitudinal Strain(以下、GLS)等を算出することができるAutoSTRAIN 4.0がフィリップスの超音波診断装置EPIQに実装されることになりました。

 GLSは近年、抗がん剤治療における心筋障害の検出や診断において注目が高まってきています。 しかしながら日々多忙な検査室では解析する時間の捻出が困難であること、また時間をかけて解析を行ってもデータのばらつきが大きい等の問題点も言及されていました。AutoSTRAIN 4.0はこれらの問題点を改善し、今後臨床でより身近にGLSを算出していただけるツールとなることが期待されます。

AutoSTRAIN 4.0の特長

1.       進化した自動化テクノロジーの搭載

AutoSTRAIN 4.0には大きく2つの自動化テクノロジーが搭載されています。


Auto View Recognition(自動描出断面認識能)

選択された画像に対し心尖部四腔像、三腔像、二腔像のどの断面であるかを自動で認識し、ラベルづけを行う機能です。従来は検者が各断面を指定していましたが、この操作を省略することが可能です。Auto View Recognition6000例以上の臨床画像において開発され、成功率は99%に及びます。

Auto Contour Placement(自動境界配置機能)

スペックルトラッキング解析を行うためには左室の境界面に関心領域(ROI)を配置する必要があります。Auto Contour Placementは境界の配置を自動で行う機能です。

これらの2つの自動化テクノロジーを用いていることで、AutoSTRAIN 4.0ではGLSの算出をより簡便に、また再現性高く行うことを可能とします。

2.      1ボタンでGLS結果へ

上述の自動化テクノロジーは一度に心尖部3断面に機能します。つまり、1断面ずつ呼び出してきて解析するのではなく、心尖部からの3断面を全て選択した後『AutoSTRAIN』ボタンを押すだけで、GLSを得ることができます。従来GLSを算出する場合には超音波の検査時間とは別に解析時間を設ける必要もありましたが、1ボタンで簡便かつ迅速になったことで検査中でも解析し、その場で診断に役立てていただくことが可能です。

なお、AutoSTRAIN 4.0は超音波診断装置EPIQ CVx及びEPIQ 7C、またフィリップスの解析ソフトであるQLAB 12.0に搭載可能なオプションです。

フィリップスについて

1891年オランダで創業し、ビジネスモデル変革と長い歴史の中で培った技術と知見を生かしながら、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」においてイノベーションを実現してきたヘルスケア・カンパニーです。フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢者社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2017101日より社名を変更し、ヘルステックカンパニーとして、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいます。今後、「病院」というプロフェッショナルな分野におけるフィリップスの先進医療機器と、パーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がり、デジタルプラットフォーム上でビッグデータが解析されることで、総合的な医療、リアルタイム分析、付加価値サービスが可能になります。これにより、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供し、医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指しています。(https://www.philips.co.jp

詳細を表示詳細を非表示

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2016年の売上高は174億ユーロ、オランダを拠点に全世界に71,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

詳細を表示詳細を非表示
[1] Juan Carlos Plana et al. Expert consensus for multimodality imaging evaluation of adult patients during and after cancer therapy: a report from the American Society of Echocardiography and the European Association of Cardiovascular Imaging. European Heart Journal – Cardiovascular Imaging (2014) 15, 1063–1093

トピック

連絡先

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス・ジャパン ブランド コミュニケーション部

Tel: 03-3740-5896

ソーシャル メディアでシェア

メディア向け資料