ニュースセンター

8 09, 2017

フィリップス、スペクトラネティクス社の買収を完了


買収によりフィリップスのIGTグループは拡大・強化

* この報道用資料は、2017年8月9日にオランダ・アムステルダム及び米国コロラド州コロラドスプリングスで発表されたプレスリリースの翻訳版です。

オランダ・アムステルダム、米国コロラド州コロラドスプリングス - ヘルステクノロジーのグローバルリーディングカンパニーであるロイヤル フィリップス (NYSE: PHG; AEX: PHIA)は、本日、米国に本拠地を置く血管インターベンション及び心内リードマネジメントのグローバルリーダー、スペクトラネティクス社(NASDAQ: SPNC)の買収を完了したことを発表いたしました。スペクトラネティクス社の決算は、2017年8月9日付けでフィリップスのIGTグループの一部として連結されます。同社は現在、2桁台の成長を遂げており、2017年の売上はおよそ3億米ドルとなる見込みです。今回の買収により、フィリップスは2018年に売上、調整後EBITA*1、調整後EPS*2が増加する見通しです。


「スペクトラネティクス社がフィリップスに加わることで、フィリップスのIGTグループは強力に補完され、60億ユーロを超える成長市場においてより強固なものとなります」。ロイヤル フィリップスのCEO、フランス ファン ホーテンはこう述べ次のように補足しています。「今回の買収が完了したことで、フィリップスの治療用機器分野への戦略的拡大の実現が加速されるでしょう。スペクトラネティクス社の極めて競争力の高い一連の製品群と、フィリップスの誇るインターベンション関連の画像システム、機器、ソフトウェア、サービスを含む先進ポートフォリオがタッグを組むことで、臨床医の先生方は、適切な心血管・末梢血管治療を『決定、ガイド、治療、確認』することができ、患者様へより優れたケアをお届けすることが可能になります」。


スペクトラネティクス社の製品ポートフォリオには、冠動脈・末梢動脈疾患の血管形成治療のほか、ペースメーカーや植え込み型除細動器のリードを抜去する機器等、各種カテーテルが含まれます。このポートフォリオの成長の主な原動力となるのが薬剤コーティングバルーン「Stellarex」です。これは次世代の薬剤コーティングバルーンで、末梢動脈疾患の治療において実績があり、十分な臨床的証拠の裏付けがあります。Stellarex薬剤コーティングバルーンはCEマーク認証を受けており、米国食品医薬品局(FDA)の承認(PMA)も受けています。


スペクトラネティクス社の買収は、フィリップスが既に発表しているスペクトラネティクス社の普通株発行済株式を1株あたり現金38.50米ドル(無利息、適用ある源泉徴収税分控除後)ですべて購入する公開買付が無事終了したのを受け、デラウェア州一般会社法のセクション251(h)に基づく合併という形になりました。


この合併の結果、残ったスペクトラネティクス社株式は、1株あたり現金38.50米ドル(無利息、適用ある源泉徴収税分控除後)を受け取る権利へ転換されました。


スペクトラネティクス社は、同社普通株のNASDAQ上場廃止を求めるフォーム25(上場廃止申請書)をNASDAQが米国証券取引委員会に提出するよう要請しました。同社普通株は、2017年8月9日の取引終了をもって取引が中止されます。

*1 調整後EBITAの定義は、無形資産(ソフトウェア及び開発費用を除く)の償却、営業権その他の無形資産の減損、再編費用、買収関連費用、その他の重要な項目を除く営業利益を示します。
*2 調整後EPSは、再編、買収関連、及び無形資産の償却にかかる費用を除くEPSを示します。

フィリップスについて

1891年オランダで創業し、ビジネスモデル変革と長い歴史の中で培った技術と知見を生かしながら、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」においてイノベーションを実現してきたヘルスケア・カンパニーです。フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢者社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2017年10月1日より社名を変更し、ヘルステックカンパニーとして、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいます。今後、「病院」というプロフェッショナルな分野におけるフィリップスの先進医療機器と、パーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がり、デジタルプラットフォーム上でビッグデータが解析されることで、総合的な医療、リアルタイム分析、付加価値サービスが可能になります。これにより、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供し、医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指しています。(https://www.philips.co.jp

詳細を表示詳細を非表示

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者及び消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。また、照明製品、装置及びサービスの世界的リーダーであるフィリップス ライティングはフィリップスの完全子会社です。フィリップスはオランダを拠点に、2016年の売上高は174億ユーロ、オランダを拠点に全世界に71,000人の従業員を擁し、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(https://www.philips.com/newscenter/

詳細を表示詳細を非表示

トピック

連絡先

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス・ジャパン ブランド コミュニケーション部

Tel: 03-3740-5896

ソーシャル メディアでシェア