フィリップス、全身対応超音波診断装置「EPIQ 7 / 5 Evolution 3.0」 「Affiniti 70 / 50 Continuum 1.0」を発売

 

  • 経食道超音波検査に対応する充実のラインナップ
  • 進化したスペックルトラッキング機能 ”aCMQ” / “ a2DQ”
  • 先天性疾患の早期発見をサポートする新機能 “aRevealA.I.”、“TrueVue”、“GlassVue”を搭載

2017年5月23日

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸 以下、フィリップス)は、5月23日より、超音波診断装置「EPIQ 7 / 5 Evolution 3.0」 と 「Affiniti 70 / 50 Continuum 1.0」 の販売を開始いたします。

 

今回、新しい経食道トランスジューサ2機種を発表するとともに、経食道3D対応機種を拡大することにより経食道超音波検査に対応するラインナップを充実させました。
さらに、スペックルトラッキング機能を進化させ、循環器領域における機能を強化、胎児診断において先天性疾患の早期発見をサポートする産婦人科領域の機能も拡充しました。

経食道超音波検査に対応する充実のラインナップ

1. X8-2t マトリックスアレイ経食道トランスジューサ
― 超音波診断装置EPIQ 7 / EPIQ 5に対応

超音波診断装置 「EPIQ 」 の性能を存分に発揮できるよう、設計・開発され、ボリュームレート・画質を大きく向上させています。また、トランスジューサコントロール部にセンターボタンを配置し、超音波診断装置本体上での画像の切り出し機能もシンプルで直感的な操作に変更することで、操作性も大幅に向上しました。
全身対応プレミアム超音波診断装置「EPIQ 7 / 5 Evolution 3.0」

2. S8-3t micro経食道トランスジューサ ― 超音波診断装置EPIQ 7 / EPIQ 5 / Affiniti 70に対応

先端チップ径5.5mmの細径マルチプレーン経食道トランスジューサで、体重2.5kg以上の新生児から成人まで使用することができます。経食道心エコー図による心臓手術中の循環管理の有用性は広く認知されていますが、幼児や新生児など体格の小さい小児に適したサイズのマルチプレーントランスジューサはこれまでなく、使用に制限がありました。
S8-3t micro経食道トランスジューサ

 

S8-3t は新生児の手術方針の決定補助、術中の循環管理や心機能・形態の評価、術後管理方針の決定補助などへの有効性が期待されます。

3. Affiniti 70 がリアルタイム3D 対応に

中上位機種にあたり、小型軽量型のAffiniti 70 はX7-2tマトリックスアレイ経食道トランスジューサのリアルタイム3D機能と各種解析機能に対応します。これにより、リアルタイム3D経食道超音波検査に対応する装置は、EPIQ 7 / Affiniti 70 / CX50の3機種となります。

スペックルトラッキング機能の進化 ― 超音波診断装置EPIQ 7 / EPIQ 5 / Affiniti 70 / Affiniti 50 に対応

 

スペックルトラッキング法に解剖学的自動認識を用いた解析機能 “aCMQ” の解析アルゴリズムをより進化させトラッキング精度を向上させたほか、簡単で柔軟に使えるよう操作性を改善しました。心電図入力のない画像・コンベックストランスジューサで撮影した画像でも解析を可能にすることで胎児心臓へも応用できるようになり、また、心筋を内層と外層に分けて解析することができるようになるなど、より広い範囲でスペックルトラッキングの応用を可能にしています。

 

この他、心内膜を自動でトラッキングし容積を算出する “a2DQ” 機能では、従来の左室容積カーブに加えて、新たに左房の容積カーブと駆出率の自動解析に対応いたしました。

先天性疾患の早期発見をサポート ― 超音波診断装置EPIQ 7 / EPIQ 5 / Affiniti 70 / Affiniti 50 に対応

 

超音波診断装置 EPIQ / Affinitiの最大の特長である画像構築技術 “nSIGHT”“Precision Beamformer”は、高精細で高いコントラスト分解能を持ちながら、高周波でも高いペネトレーションを発揮します。C9-2 コンベックストランスジューサはこの特長を胎児エコーで最大限発揮し、先天性心疾患などの早期発見が期待されています。さらにX 6-1マトリックスアレイコンベックス型トランスジューサにより、高解像度の3D / 4D 画像が得られるだけでなく、同時2断面表示や非常に薄いスライスの断面像を得るなどの機能を備えています。

これらに加えて、3D / 4Dデータから胎児の頭蓋を認識し自動で胎児の顔を表示する “aRevealA.I.” 、よりリアリティの高い胎児3D画像を描出する “TrueVue” 、胎児の臓器を透過表示し境界を強調表示する “GlassVue” が、胎児の3D超音波診断をサポートします。

TrueVue機能
TrueVue機能
GlassVue機能
GlassVue機能
* 超音波診断装置EPIQ 7 に対応

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは約2,000名の従業員を擁し、全国約80カ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2016年の売上高は174億ユーロ、オランダを拠点に全世界に71,000人の従業員を擁し、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(https://www.philips.com/newscenter/

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ブランド コミュニケーション部
TEL: 03-3740-5896