1
製品

カミソリによるニキビ:ヒゲ剃りが原因のニキビ対処法

所要時間約2分
カミソリによるニキビ:ヒゲ剃りが原因のニキビ対処法
ヒゲ剃りの際に、ニキビや吹き出物まで巻き込むと尋常ではない痛みをともなう。敏感肌ではその悩みは特に深刻。ヒゲを剃るとさらにニキビやブツブツでき悪循環が続いてしまう。ヒゲ剃りによるニキビを防ぐ方法はないだろうか。この記事では、ヒゲ剃りによってできる顔や首周りのニキビの発生防止方法と、ヒゲ剃り前の準備の重要性を説明する。
ニキビができる原因

ニキビができる原因
 

ヒゲ剃りでできるニキビは、厳密にいうとヒゲ剃りの刺激でできる、カミソリ負けであることが多い。本来ニキビは:

 

1. 毛穴の詰まり

2. 皮脂の過剰分泌

3. アクネ菌の繁殖


この3つが原因で起こる。これらのことに心当たりがないならば、それはカミソリ負けの可能性が高い。カミソリによるニキビを、防ぐことは可能だろうか?

顔の毛を剃るときのニキビ対策
 

洗顔時やヒゲ剃り時に力を入れてこするようにすると、肌の角質層を傷つけてしまうことがある。専用の洗顔フォームをやシェービングクリームを泡立て、それを転がすような感覚でやさしく行おう。
もっと読む ↓

おすすめ商品

ウェット&ドライ電気シェーバー

Shaver series 7000

ウェット&ドライ電気シェーバー

 
フィリップス シェーバー 7000 シリーズは、肌を守りながら深剃りできるよう、皮膚科医との共同開発から生まれました。改良されたパーソナルガイダンスで、それぞれの方が抱える肌トラブルに応じたシェービングをアドバイスします。

ヒゲ剃りが原因のニキビ対策
 

T字カミソリより、電気シェーバーの方が、肌に与えるダメージが少なくて済み、ヒゲ剃りによるニキビもできにくくなる。たとえば、フィリップス シェーバー7000シリーズは、敏感肌用に設計されており、肌との摩擦を防ぎ、肌のヒリヒリ感を軽減。肌を守りながら深剃りができる優れモノだ。
ヒゲ剃りが原因のニキビ対策

カミソリによるニキビを防止するヒゲ剃り方法
 

1. 洗顔する。

まずは、顔や首についている汚れや皮脂を洗い流す。洗い流すときは、ぬるま湯で

すすぐとヒゲが柔らかくなり剃りやすくなる。
 

2. 蒸しタオルでヒゲを柔らかくする。

3分ほど熱めの濡れタオルでヒゲを温めヒゲを柔らかくする。
 

3. シェービングフォームやジェルを顔や首に塗ってから、ヒゲを剃る。刃の滑りがよくなり、肌との摩擦が軽減される。

フィリップス シェーバー7000シリーズなら、シェービングヘッドに施された特殊コーティングが肌の摩擦を低減。肌にやさしく深剃りすることができる。
 

4. ヒゲ剃り後は冷たい水で顔をすすぎ、毛穴を引き締める。やさしくタオルで顔を拭き、乾燥させる。
 

5. ローションやアフターシェーブを顔や首に塗り、保湿をする。
 

6. シェーバーを流水ですすぐ。電気シェーバーを常に清潔に保つことで、雑菌が剃り口や毛穴に入らないよう防止できる。毎回、使用後はきちんと洗い、流水ですすぎ、しっかり乾燥させておこう。
 

敏感肌で、カミソリによる肌荒れ防止や肌の手入れ方法を知りたい人はこちらを参照してほしい。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。