1
製品

カミソリ負け・ヒゲ剃り負け― 予防と対策

所要時間約2分
シェーバーを使った、正しいひげの剃り方ガイド img
カミソリ負けは、ヒゲ剃りをしたことがある人なら誰もが一度は経験しているのではないだろうか。カミソリ負けとは、ヒゲを剃ったあとに肌がヒリヒリしたり、かゆくなったり、肌に特有の炎症が出ることだ。ヒゲ剃りの後に出てくる、赤み、腫れや皮膚のブツブツは、敏感肌の人にとっては特に痛くて厄介。しかし実は、切れ味の良い清潔なカミソリを使い、ヒゲ剃りのコツをマスターし、しっかりとケアすれば、たとえ敏感肌であってもカミソリ負けを予防することができる。ここでは、ヒゲ剃り後の肌の炎症、カミソリ負けを予防するための6つのコツを紹介する。
コツ1. ヒゲ剃り前に剃る部分を清潔にする

6つの簡単なコツで、顔や首のカミソリ傷・カミソリ負けを予防
 

コツ1. ヒゲ剃り前に剃る部分を清潔にする
 

ヒゲ剃り前には洗顔をしっかりしよう。角質除去は特に大切。古くなった肌の細胞を取り除き、肌の表面の汚れを落とすことで、皮膚の内側に向かって生えた毛を表面に浮き立たせる。電動シェーバーで剃るときは、軽くこするように剃ると、カミソリ負けが予防できる。

 

コツ2. ヒゲを湿らせて柔らかくする
 

剃る前にシェービングクリームやシェービングジェルを使うと毛が柔らかくなり、剃りやすくなる。余裕があればシェービングブラシも使おう。シェービングクリームなどを塗った後は、数分置くことでよりヒゲが柔らかくなって剃りやすくなる。

コツ3. 肌にやさしいシェーバーやカミソリを選ぶ

コツ3. 肌にやさしいシェーバーやカミソリを選ぶ
 

カミソリ負けの主な原因のひとつが、過度なヒゲ剃り。

T字のカミソリを使った場合、毎回、肌の薄い膜を取り除いているようなもの。それがカミソリ傷やカミソリ負けにつながり、顔や首まわりの炎症を引き起こす。剃るとかゆいのは、炎症を起こしている証拠。肌にやさしいヒゲ剃りなら、回転式シェーバーがおすすめだ。フィリップスのシェーバー、S9000 プレステージ なら、シェービングヘッド表面に施された細かなメタルビーズコーティングが摩擦を低減し、肌への負担を抑制。そのため、カミソリ負けによる肌のブツブツなどの炎症を防ぐことができる。
 

コツ4. 清潔で、切れ味の良い刃を使う
 

ヒゲ剃りをするときは、剃る前、剃っている間、そして剃った後も、つねに刃を水ですすいで清潔にしよう。また、T字のカミソリの刃は、こまめな取り換えが大切。切れない刃を使うと、何度も同じ場所を往復して剃ってしまうので、ヒゲ剃り後、肌が負けてしまい、ブツブツなどの炎症ができてしまう。自動研磨システム搭載のS9000 プレステージ なら、シャープな切れ味が長続きし、肌への負担を抑えながら深剃りすることができる。 

もっと読む ↓

おすすめ商品

フィリップスシェーバー S9000 プレステージ、SP9861

S9000 Prestige

フィリップス史上最高*1の深剃りとやさしさを実現した最高級モデル。

 
360度回転ナノプレシジョン刃があらゆるヒゲを逃さない。
S9000 プレステージはあらゆる部分が高い期待に応える水準で設計されています。

コツ5. ヒゲ剃り後は、ローションなどで保湿を
 

どんなにやさしい剃り心地のヒゲ剃りでも、ヒゲを剃った後のケアはヒゲ剃り負け予防にはかかせない。ヒゲ剃り後はぬるめのお湯で顔をすすぎ、タオルで軽くおさえるように拭こう。ここで絶対こすらないこと!ゴシゴシこすると肌に刺激を与え、ヒゲ剃り負けの原因となってしまう。優しく拭いた後は刺激の少ないアフターシェーブローションやクリームなどでしっかり保湿しよう。アルコールが含まれるものはかゆみやヒリヒリ感の原因となるので、アルコールの入っていないものを選ぼう。

 

コツ6. ヒゲ剃りの間隔をあける
 

カミソリ負けが出やすい人は、頻繁に剃るのではなくヒゲ剃りの間隔をあけるようにしよう。カミソリ負けしている肌にヒゲ剃りを繰り返すと、炎症がよりひどくなってしまうからだ。カミソリ負けしてしまった場合は、ヒゲ剃りの間隔を数日あけ、保湿ケアをしっかり行うこと。通常は3、4日程度で症状は治まるが、もし1週間経っても治らない場合は、皮膚科の専門医に診てもらおう。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。