1
製品

逆剃り:逆剃りは肌や髭
(ヒゲ)によいのか?

所要時間約2分
逆剃り:逆剃りは肌や髭(ヒゲ)によいのか
ヒゲの生える向きに沿って剃る「順剃り」か、ヒゲの生える方向に逆らって剃る「逆剃り」か。ヒゲを剃りながら、どちらがよいのか考えたことがある人は多いだろう。

通常、順剃りは、肌のぶつぶつやひりひり感などの肌荒れを防ぐのによいといわれている。それに対してヒゲの逆剃りは、肌に負担をかけやすいが深剃りができるといわれている。この記事では順剃り・逆剃りのメリット・デメリットと、逆剃りでも肌荒れを防ぎながら深剃りする方法を紹介する。

ヒゲの生える方向は一方向ではない!
 

ヒゲ剃りの方向には、順剃りと逆剃りがあることは多くの人に知られているが、ヒゲの生える方向についてはどうだろうか?ヒゲはみな、同じ方向に生えているのだろうか?簡単にその方向を確認する方法がある。


1.
 プラスチックのカード(クレジットカードなど)を準備する。

 

2. カードを直角に肌に立て、いろいろな方向に動かしてみよう。抵抗を感じ、ジョリッ、と音がしたら、それが毛の生える方向と逆方向になる。このことからも毛の生える方向は一方向ではないことがわかる。部位によっては、渦を巻くように生えているところもある。

ヒゲ剃りの向き

ヒゲ剃りの向き
 

ヒゲの生える方向がわかったら、次は、順剃りと逆剃りのメリット・デメリットについて考えたい。シェーバーで、逆剃りをするのはOKなのか、NGなのか?
 

順剃り

● メリット:カミソリ負けや肌荒れを回避できる。

● デメリット:深剃りができないため、剃り残しがあったり、すべすべ感が得られない。
 

逆剃り

● メリット:根本までカミソリの刃が到達するので深剃りができる。

● デメリット:毛を引っ張って剃るため、肌荒れする可能性がある。

逆剃りで肌荒れを起こさずヒゲを剃る方法はあるのか?
 

順剃りだけでは満足のいく剃り上がりにならず、逆剃りをして肌荒れになってしまったという人も多いだろう。せっかく剃るなら剃り残しのないすべすべな肌にしたい。ならば、肌荒れせず、毛を引っ張らずに逆剃りができれば、問題は解決されるのではないだろうか?
 

実は、正しい剃り方をマスターすれば、シェービングでの逆剃りで肌荒れせずに深剃りすることができる。

正しいヒゲ剃り方法とその手順

正しいヒゲ剃り方法とその手順
 

1. まずは洗顔。
 

寝起きでも、外出後でも、顔には皮脂や汚れがついている。まずはそれを洗い落とそう。洗顔フォームや洗顔せっけんで、顔をよく洗う。すすぎはぬるま湯がベスト。

2. ヒゲを温める。
 

レンジで蒸しタオルをつくったり、熱い湯でタオルを温めヒゲを包んで温める。3分ほどでヒゲが柔らかくなる。

3. シェービングジェルやシェービングフォームを塗る。
 

ジェルやフォームを手に広げ、ヒゲの生えている部分に塗る。
もっと読む ↓

おすすめ商品

ウェット&ドライ電気シェーバー

Shaver series 7000

ウェット&ドライ電気シェーバー

 
フィリップス シェーバー 7000 シリーズは、肌を守りながら深剃りできるよう、皮膚科医との共同開発から生まれました。改良されたパーソナルガイダンスで、それぞれの方が抱える肌トラブルに応じたシェービングをアドバイスします。
ヒゲを剃る。まずは順剃り

4.    ヒゲを剃る。まずは順剃り。
 

毛の方向を確認し、毛の生えている方向に沿ってヒゲを剃る。カミソリでもいいが、やはり肌にやさしいのは電気シェーバー。たとえばフィリップス シェーバー7000シリーズなら、なめらかな動きでやさしい深剃りが実現できる。フィリップス シェーバー7000シリーズで剃る場合には、シェーバーで円を描くように回転させて剃ろう。
 

コツ!剃るときは力を入れず、軽く肌に沿わすようにシェーバーを動かそう。
 

コツ!シェーバーの動きが鈍ってきたら、こまめに流水ですすごう。目詰まりとなっているフォームや剃ったヒゲを洗い流し、つねにシャープな剃りを保とう。

5. 次に逆剃り。
 

先ほどとは逆方向に向かって、逆剃りをする。このときもシェーバーには力は入れないこと。フィリップス シェーバー7000シリーズなら、力を入れなくても、5 方向に可動するヘッドが肌にフィットし、深剃りを実現する。力を入れて押さえつける必要がないので摩擦が減り、炎症を抑えることができる。
 

コツ!剃りにくいところを逆剃りするときは、ヒゲ剃り方向と逆方向に、手で肌を引っ張ると深剃りができる。

6. 冷水で顔を洗い、フォームやヒゲを洗い流す。
 

冷水で洗うと、毛穴を引き締めることができる。
保湿

7. ローションやアフターシェーブで肌を保湿する。
 

カミソリ負けの防止方法はこちらの記事を、肌荒れ防止や肌の手入れ方法はこちらを参照してほしい。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。