1
製品

髭(ヒゲ)剃りによる肌荒れ:原因と対策

所要時間約2分
角質の損傷 img
仕事や立場上毎日ヒゲを剃っている人も多いだろう。しかし、ヒゲを剃った後に肌がヒリヒリする、ブツブツができる、かゆみを起こしてしまうなど、ヒゲ剃りで肌荒れに悩んでいる人も多い。今回は、ヒゲ剃りによる肌荒れの原因を探り、肌荒れ対策としておすすめのヒゲ剃りの方法と肌への負担が少ないシェーバーを紹介する。
肌荒れの原因

肌荒れの原因:角質の損傷
 

肌荒れが起きるメカニズムの鍵は角質層。角質層は肌の表面にあり、水分を保ち、細菌が体内に入るのを防ぐ役割がある。古い角質は約1か月周期で自然と剥がれ落ちていく。しかしT字カミソリや電気シェーバーでシェービングすると、ヒゲだけでなく角質層まで剥がれてしまう。そうすると、肌を保護する機能が働かず、肌の乾燥が進んだり、細菌の侵入を許してしまい、シェービングの肌荒れ原因となる。
肌荒れ改善におすすめのヒゲ剃り方法

肌荒れ改善におすすめのヒゲ剃り方法
 

夜よりも朝にヒゲ剃りを

ヒゲ剃りは夜よりも朝の方がおすすめだ。睡眠で休養をとった肌は状態が良く、シェーバーの肌負担が少なくて済む。

 

 切れ味の良いT字カミソリや電気シェーバーを使い、常に清潔に保つ

切れ味の悪い刃でのシェービングは肌への負担も大きくなる。T字カミソリの場合は、なるべく頻繁に新品に交換すること。刃に付着したヒゲや皮脂はしっかりと洗い流し、いつも清潔な状態にしておこう。電気シェーバーでは回転式シェーバーが肌へのダメージも少なくおすすめだ。たとえばフィリップスS9000プレステージには自動研磨システムを搭載。常にシャープな剃り味を味わうことができる。

もっと読む ↓

おすすめ商品

フィリップスシェーバー S9000 プレステージ、SP9861

S9000 Prestige

フィリップス史上最高*1の深剃りとやさしさを実現した最高級モデル。

 
360度回転ナノプレシジョン刃があらゆるヒゲを逃さない。
S9000 プレステージはあらゆる部分が高い期待に応える水準で設計されています。

おすすめはウエットシェービング

ウエットシェービングとは泡立てた石鹸やシェービングフォーム、ジェルなどを塗ってヒゲや肌に水分をしっかりと与えた状態で剃る方法だ。濡れたヒゲは乾いたヒゲに比べ毛が柔らかく剃りやすいので、ヒゲ剃りのダメージが少ない。また、爽快な深剃りを楽しめるのもウエットシェービングの特徴だ。電気シェーバーでは防水でウエットシェービング対応のもの(フィリップスS9000プレステージなど)がおすすめだ。

 

 肌へのやさしなら回転式シェーバー

回転式シェーバーは顔周りの凹凸にフィットし肌の表面を滑るようにしてヒゲをカットするので、肌荒れしにくい構造となっている。たとえば、フィリップスS9000プレステージには、細かなメタルビーズコーティングが施されており、肌との摩擦を低減。さらに、ヒゲの濃さや毛の太さ、肌の状態に合わせて回転数を設定することができるパーソナルコンフォート設定があり、敏感肌用の設定もあるのでおすすめだ。

 

シェービング後の肌ケアはしっかりと

シェービングの後はローションやアフターシェーブで十分に保湿し、傷ついた角質の回復を促そう。

肌荒れがひどく出血や痛みが数日経ってもひかない場合は皮膚科の専門医に診てもらおう。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。