未来の再考

循環型経済への移行

持続可能な世界を実現するためには、直線型経済から循環型経済への移行は不可欠な境界条件であると考えています。

循環型経済は、天然資源や生態系などの資源をより効率的に使用することによって、これらの資源の利用と経済成長を切り離すことを目的としています。循環型経済は本質的に、材料、部品、製品の再使用分野におけるイノベーションの原動力であるとともに、ソリューションやサービスといった新たなビジネスモデルでもあります。循環型経済では、材料を効果的に使えば使うほど、コスト削減、新市場の開拓、または既存市場の発展につながり、さらなる価値が生み出されます。

循環型経済を現在と未来のビジネスに不可欠なものとみなす世界的傾向

課題

資源有用性と価格設定

石油や資源を安価に調達できる時代は終わりを迎えています。化石燃料や限りあるさまざまな天然資源の不足と、消費者による需要増加が相まって、コモディティ管理という課題が生じています。単に使用量を減らすだけでは、もはや対応しきれません。しかも、これに伴い資源価格は不安定さが増し、経済成長が鈍り、企業は資源に関連したリスクを回避しようとしています。

 

中間消費者層の拡大

世界は1800年以降、2度にわたる中間層の大幅な拡大を経験しましたが、現在、私たちは3度目の時代を迎えました。アジアだけでも、中間層の数はすでに5億2500万人にのぼり、この数値は欧州連合の全人口を超えています*。今後20年で中間層はさらに30億人増えると推定されていますが、そのほぼすべてが新興国の人口であり、需要と最終的には廃棄に拍車がかかる見込みです。

 

* 出典:アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド、2014年、成長の促進 - 新興国における中間層の拡大(Driving growth - Middle class growth in emerging markets)

Circular economy - Middle class consumers

機会

ビッグデータ

ビッグデータの出現は課題解決の手法や規模を変化させ、より深い市場知識と、消費者重視のソリューションの増加をもたらしました。さらに、経済における物事のしくみ、原料、実態の把握や、改良、可能性の最適化、除去加工ではなく積層加工の実現を可能にする情報なども提供しています。

 

Circular economy - Big data

法律とガバナンスの変化

M厳格な新しい法律やガバナンスモデルに対応するため、革新的な製品設計を導入する企業が増えています。こうした動きの多くは、異なる材料または埋立処分場における毒性水準など、これまで課題とみなされていたテーマがヒントやきっかけとなっています。

 

消費者の消費行動モデルの変化

私たちはさまざまな消費者の台頭を目の当たりにしています。例えば、エアビーアンドビー、ジップカー、スポティファイなどに見られる多様なオーナーシップやビジネスモデルに関心を抱いている場合もあり、こうした消費者は所有することよりもアクセスやパフォーマンスに影響を受けています。サービスと、物理的なモノ以外への消費行動によって、モノと消費者の関係性の再定義が進んでいます。

 

取引から関係構築への移行

マルチチャネル化の進む世界では、消費者は相互交流を超えたブランドとの関係を模索しており、消費者との関係性および連携は新たな水準を迎えています。フェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、ブランドのウェブサイトを通じたオンラインによる交流は世界的現象として広がっており、顧客と企業の双方を強化する関係構築の新たな道筋と考えられます。デルやスターバックスなどの企業は、オンラインプラットフォームを通じて顧客のアイデア実現を支援し、アイデア創出につなげています。また、KLMオランダ航空はツイッターで常に消費者と交流できる体制を構築し、年中無休で10カ国語に対応しています。

循環型革命

持続可能な世界を実現するためには、直線型経済から循環型経済への移行が不可欠です。

フランス・ファン・ホーテン