1
製品

ヒゲ剃り派?ヒゲ抜き派?:メリットとデメリット徹底比較

所要時間約2分
メリットとデメリット徹底比較 img
ヒゲ処理にはカミソリで剃る、毛抜きで抜く、電気シェーバーで剃る、脱毛するなどさまざまな方法がある。ヒゲ抜き派の主な理由は、ヒゲを抜くと「剃り残しが生じない」「生えてくるまでの時間が長い」ということが挙げられる。一方、ヒゲ剃り派は「素早くヒゲ処理ができる」「痛くない」「肌にやさしい」といった理由が挙げられる。ここではいくつかのヒゲ処理を取り上げ、そのメリットとデメリットについて考えていく。
ヒゲ処理方法

ヒゲ処理方法
 

● 毛抜きでヒゲを抜く

 

メリット:コストが安い。肌が綺麗にみえる。ヒゲが生えてくるまでの間隔が長い

デメリット:痛みを伴い、肌荒れしやすい。処理に時間がかかる

 

● レーザー脱毛でヒゲを抜く

 

メリット:ヒゲを薄くする、ヒゲを目立たなくすることが可能。ヒゲが生えてくるまでの間隔が大幅に長くなる

デメリット:コストが高い。場合によっては痛みを伴う。

 

● T字カミソリでヒゲを剃る

 

メリット:安く、簡単にヒゲ処理ができる。深剃りができる

デメリット:肌を傷つけカミソリ負けすることがある。

電気シェーバーでヒゲを剃る img

● 電気シェーバーでヒゲを剃る

 

メリット:早く簡単にヒゲ処理ができる。T字カミソリと比べて肌にやさしい。

デメリット:充電が必要。T字カミソリ並みの深剃りをするには、上質なシェーバーが必要。

もっと読む ↓

おすすめ商品

フィリップスシェーバー S9000 プレステージ、SP9861

S9000 Prestige

フィリップス史上最高*1の深剃りとやさしさを実現した最高級モデル。

 
360度回転ナノプレシジョン刃があらゆるヒゲを逃さない。
S9000 プレステージはあらゆる部分が高い期待に応える水準で設計されています。

電気シェーバーで深剃りし、ヒゲを目立たなくする方法
 

洗電気シェーバーは肌にやさしいが、T字カミソリのように深剃りできない、と思っている人もいるだろう。そんな人にはぜひ電気シェーバーでウェットシェービングを試してほしい。ウェットシェービングであれば、T字カミソリのような深剃りができるだけでなく、肌への負担も少ないのでカミソリ負けを起こしにくい。

 

特に、深剃りかつ肌にやさしいヒゲ剃りなら、回転シェーバーがおすすめだ。たとえば回転式シェーバーのひとつ、フィリップス S9000プレステージはウェットシェービングにも対応。深剃りも肌へのやさしさも両方叶えてくれる優れものだ。

 

完全にヒゲをなくすことは難しいが、さまざまなヒゲ処理のメリットとデメリットを理解し、自分に最適なヒゲ処理で、毎日を快適に過ごしてほしい。 

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。