1
製品

男のおしゃれツーブロック:自分で作る簡単おしゃれヘアスタイル

所要時間約2分
男のおしゃれツーブロック:自分で作る簡単おしゃれヘアスタイル
最近メンズの髪型でツーブロックが人気を集めている。ツーブロックとは、頭部の部分は長めにしつつ、サイドを刈り上げる、または短くするもので、ツーブロックショートとも言う。短髪のツーブロックは髪質を問わないのでアレンジがしやすく、ほぼすべての顔型にも合うので気軽にチャレンジできる髪形だ。
ここではサイドの作り方を紹介する。

ツーブロックは美容師にしかできない、セルフカットでは難しいと思っている人も多いだろう。しかしフィリップスのヘアーカッターを使えば、意外と簡単に自分でおしゃれツーブロックが作れてしまうのだ。
 

ツーブロックの決め手は刈り上げるサイド部分。ここではサイドの作り方を紹介する。

1.鏡を見ながら刈り上げるサイドのラインの取り方、刈り上げる髪の長さを決める


<ラインの違いによる印象の違い>

刈り上げる部分が耳より上になればなるほどシャープで個性的な印象になる
 

こめかみ~耳上部分までは床と平行なストレートラインで耳後ろからラインを斜めに変化させる:かぶせる髪が短いほどツーブロックが強調され、ツーブロックライン自体をデザインとして楽しめる
 

ツーブロックラインがゆるやか斜め:骨格補修の効果がありサイドの髪が重く見えるのを防ぐ。かぶせる髪を後ろに流す事で自然な収まりになり、落ち着いた雰囲気に
 

<刈り上げる長さ>

2~4ミリ:すっきりとした印象。短い!という印象を与える場合も
 

5~6ミリ:刈り上げ部分が青くならないスタンダードな長さ。ツーブロック初心者におすすめ
 

10ミリ以上:ナチュラルな甘めのツーブロックスタイル。耳まわりはすっきりさせたいけれど、刈り上げるのが苦手な人におすすめ

もっと読む ↓

おすすめ商品

理想のヘアースタイルを叶えるデジタルヘアーカッター

Hairclipper series 7000

ヘアーカッター

 
 ヘアーカッター 7000 シリーズは、コームを取り付けるだけでお好みのスタイルに精確にカット。電動可動式コームと高性能カッターで、思い通りの仕上がりとなります。
Video img

2.ヘアーカッターを使いやすくするため、サイドの髪が長すぎる場合は最初にハサミを使ってある程度短くカットする。


3.もし女性が使うアイライナーなどのペンシルがあれば、好みの形に刈り上げるラインをマーキング。マーキングによって剃りすぎや失敗を防ぐことができる。

4.ヘアクリップがあれば刈らない髪は上で留めてしまおう。ない場合はもう片方の手で押さえておく。


5.いよいよヘアーカッターを使いカットしていく。「想像以上に短くなってしまった!」という失敗を防ぐためにも、最初はイメージよりも長いアタッチメントで刈り上げてみよう。フィリップスのヘアーカッター7000シリーズには3種類のコームが付属しており、66段階の長さに調整できるので、自分の好みに合わせてデザインすることができる。

また、サイド部分はすぐに伸び、長さや形が変わると与える印象も変わってしまう。フィリップスのヘアーカッター7000シリーズなら、電源を入れるだけで前回設定した長さですぐにカットを始めることできる。時間がない時でも自宅で簡単に処理できるので便利だ。短髪のツーブロックスタイルを維持するには、髪が伸びるのが早い人は1週間、普通の人で2~3週間に一度のペースで整えるのが良いだろう。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。