フィリップス、シェーバー・グルーミングの新キャラクターにプロサッカー選手の長友佑都選手を起用

August 22, 2016

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、シェーバー・グルーミングの新キャラクターとして、プロサッカー選手の長友佑都選手を起用します。

 

 フィリップスは、21世紀の男性像を「型にはまることなく、自然体で自分らしくスマートに生きるオトコたち」と捉えています。彼らにとって、見た目を整えることは流行を追うことではなく、自分らしさを体現することです。そんな男性の想いを、フィリップスはシェーバー・グルーミング製品を通じてサポートしたいと考えています。

 

 今回起用する長友選手は、自分らしいプレースタイルを武器に活躍しており、フィリップス シェーバー・グルーミングのブランドコンセプトを伝えていただけると考えました。フィリップスは、シェーバーのリーディングカンパニーとして世界中で愛されており、世界で活躍する長友選手と共通点が多いと考えていますす。

 

 フィリップスは、新キャラクターの長友選手を通じて、シェーバー・グルーミングで自分らしさを実現することの魅力を伝えていきます。

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953 年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005 年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。2008 年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010 年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015 年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは約2,000 名の従業員を擁し、全国約80 ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

 

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2015年の売上高は168億ユーロ、オランダを拠点に全世界に69,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。http://www.philips.com/newscenter/

 

 

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 

ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-5896