日本限定モデルAED「ハートスタートHS1+」、「ハートスタートFRx+」を販売開始


-緊急時における非医療従事者による対応を想定し、携帯性、即時性、操作性、耐久性、視認性の高いデザインを追求
 

2016年5月12日

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、5月12日より、日本限定モデルの自動体外式除細動器(以下 AED)「ハートスタートHS1+(エイチエスワンプラス)」、「ハートスタートFRx+(エフアールエックスプラス)」の販売を開始します。

 

「ハートスタートHS1+」(以下 HS1+)はフィリップスの非医療従事者向けAEDの中でも最も販売台数が多い「ハートスタートHS1」の最新モデルです。HS1+は小型かつ軽量で、使いやすさの研究において高い評価を得たHS1*1、2を受け継ぎ、救助者が迷うことなく使用できるように考えられた設計となっています。

 

また、「ハートスタートFRx+」(以下 FRx+)は日本国内で最初にAED本体で成人/小児モードの切替を可能とした製品である「ハートスタートFRx」の最新モデルであり、固体物質および液体の侵入(IP55)、最大約500kgの負荷、1.22mの高さからのコンクリート上への落下に耐えることが可能で、屋外や厳しい環境下での使用に適しています。

 

AED本体の色を従来品の青からグレーに一新したことで、アイコンの点滅を見やすくし、聞き取りやすく落ち着いた口調の音声メッセージと共に、操作の各ステップの手順の説明を行います。

 

heartstart HS1+
ハートスタートHS1+
Hearthstart FRX
ハートスタートFRx+

 フィリップスのAEDは1996年に米国で、2002年に日本で販売を開始し、2015年6月には日本での総出荷台数が30万台を突破しました。2016年3月時点で世界103か国に出荷されており、世界中で尊い命を救う力となっています。

 

 

「ハートスタートHS1+」「ハートスタートFRx+」の特長

 

1.  シンプルなユーザーインターフェース

  • 音声メッセージは救助者の操作のペースに合わせて流れ、プロセス全体を通じて操作手順を指示します。
  • 心肺蘇生法のコーチング機能(CPRコーチング)は胸骨圧迫と人工呼吸の適切な回数、速度、深さについて合図します。本体アイコンの光の点滅や、付属のクイック・リファレンス・ガイドのイラストが音声メッセージを補い、AEDの操作に慣れていない方、耳の不自由な方*3、音声メッセージが聞き取りにくい場所でもご使用いただけます。

 

2.  85種類を超えるセルフテストで使用可能な状態をキープ

  • 毎日自動でセルフテストを実施し、使用可能な状態であることを点滅する緑の使用準備完了ランプで示します。
  • 週1回、月1回はより詳細な内容のセルフテストを実施しているので、使用準備完了ランプの確認以外には、定期的な点検作業を行っていただく必要はありません。
    セルフテスト項目: バッテリ残量、パッドの準備状態(ゲルの水分量)、スピーカー、
    回路とシステムの機能確認や校正、等

 

3. FRx+ 小児用キー

  • FRx+は小児(未就学児)への処置の切り替えに小児用キーを採用しています。小児用キーはFRx+本体上の操作コントロールを減らすことで救助者の迷いを軽減します。
  • 小児モードの状態でFRx+を保管することは出来ないため、成人に対し小児モードを用いるリスクを軽減することができます。
  • FRx+の除細動パッド(SMARTパッドⅡ)は成人と小児の両方に使用できるので、パッドの費用を節減できます。

 

4.  医療機器としての真髄である効果的な技術

  • フィリップスのすべての除細動器はSMART Biphasic*4という電気ショックの出力技術を中核としています。リアルタイムインピーダンス補正テクノロジー*5により傷病者に合わせて出力波形が調整され、低エネルギー二相性波形による電気ショックを行います。
  • SMART Analysisはフィリップスの心電図解析技術であり、必要と判断した場合にのみショックが行われます。傷病者がペースメーカを使用している場合には特殊なフィルタによりペースメーカ・アーチファクトを除去して心電図解析を行い、静電気などによるアーチファクトが検出された場合には、音声メッセージが正しい対処法を案内します。

 

*1  Andre A, et al. Automated External Defibrillator Use by Untrained Bystanders: Can the Public use Model Work ? Prehospital Emergency Care 2004;8:284-291

*2  Mosesso Jr. V, et al. Effects of AED device features on performance by untrained laypersons. Resuscitation 2009;80:1285-1289

*3  (一社)全日本難聴者・中途視聴者団体連合会より「耳マーク」の複製・利用について承諾を得ています

*4  SMART Biphasic波形とは日本で最初に提供された二相性波形です。

*5   リアルタイムインピーダンス補正テクノロジーとは、胸部抵抗値(インピーダンス)に応じて、最適な出力波形に調整するテクノロジーです。

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは約2,000名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。また、照明製品、装置およびサービスの世界的リーダーであるフィリップス ライティングはフィリップスの完全子会社です。フィリップスはオランダを拠点に、2015年の売上高は242億ユーロ、全世界に約104,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 

ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-5896

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 

AEDコールセンター TEL: 0120-802-337 / 03-3740-3269