オンコロジーインフォマティクスおよびゲノミクス

標準化されたがんの個別化医療

    Every patient matters

    がんはすべての人が関わる可能性があります。世界中で何百万人もの人が病気とともに生きています。そして、さらに年間数百万人が新規にがんの診断を受けています。

    National Cancer Instituteによると、一般的にがんの種類と病期が同じ患者に同じ治療が行われていますが、患者ごとにがんの治療効果が異なるエビデンスが増えているようです。

    フィリップスのプレシジョンメディシンへのアプローチは、専門的な臨床ガイダンスおよび患者ごとの遺伝子型や表現型に基づく情報を全体的な視点で連携しながら効率よく、正確な治療方針の決定をサポートします。
    「腫瘍ITシステム」のビデオのサムネイル
    包括的ながん治療(早期発見から診断、治療、サバイバーシップまで)実現に向けて、技術的な進歩がニーズとして高まるなか、フィリップスは、プレシジョンメディシンにおけるイノベーションリーダーとして、病理診断、ゲノミクス、分野ごとの専門チーム横断のカンファランス、治療方針決定、分子表現型などを統合し、患者、医療従事者を中心に考えた個別化医療のためのソリューションを目指します。

    統合されたソリューション

    フィリップスのがんゲノム医療ソリューションは、分子レベルの診断から治療の選択までを可能にし、患者の治療に寄り添いながら統合かつ合理的ながん治療のサポートを行います。

    詳細は、以下の各領域をクリックしてください。

    海外ではDana-Farber Cancer Institute監修のPhilips Oncology Pathwaysは、専門分野ごとに詳細なエビデンスに基づく治療プロトコルを提供し、治療の質向上およびコスト削減につながる重要なツールとして使用されます。
    患者の臨床情報に基づきながら、治療方針の決定や臨床試験を含む治療計画の提案を臨床医に行います。そして、治療方針の決定内容を電子カルテやエキスパートパネルでのデータとして蓄積されます。
    Philips Genomicsは、クラウドベースのソリューションです。患者のゲノムデータ、表現型、治療オプション、包括的なバイオマーカー情報に基づく臨床試験、診断、および治療の全体像をもたらします。そして、治療方針の決定内容を電子カルテやエキスパートパネルでのデータとして蓄積されます。
    エキスパートパネルで用いられるPhilips Oncology Platformは、電子カルテ、検査システム、病理診断、放射線診断、ゲノム情報などのさまざまなデータソースから診療に役立つ患者の臨床情報を集め、活用します。このクラウドベースのソリューションでは、データを見える化、解析による有効活用、診断や病期分類のレビュー、治療方針決定の文書化、複数の専門分野にわたる情報交換を通じて、患者情報を包括的に確認することができます。
    腫瘍ITシステム

    パートナーシップによるがん治療の強化

    MD Anderson Cancer Centerビル

    PhilipsとMD Andersonの提携

    当社のGenomicsデジタルプラットフォームを総合病院や研究所、大学病院などで使用すると、タップするだけで世界最高レベルのがんセンターからの専門知識や治療ガイダンスが得られます。フィリップスでは、世界中の腫瘍専門医や病理診断医に対し、MD AndersonのPrecision Oncology Decision Support(PODS)システムの広範囲にわたる実用的な臨床情報および臨床試験とのマッチングに接続できるように案内します。
    Dana-Farber Cancer Instituteビル

    Philips Oncology Pathways
    Dana-Farberの世界規模のコンテンツを提供

    新しい薬からゲノムデータまで、新しいデータソースによって、さらに複雑な治療オプションが提供されるにつれ、がんの治療はますます難しくなっています。ボストンにあるDana-Farber Cancer Instituteの腫瘍科内での臨床意思決定支援では、さまざまな治療オプションを使用できるように考慮する一方で、よりパーソナライズされた治療計画を使用できるようにすることで、複雑ながん治療に力を注いでいます。Dana-Farberは臨床意思決定支援のロジックを当社と共有しており、これによって、強化されたがん治療が腫瘍科分野に導入されます。
    Philipsロゴ

    フィリップスにおけるヘルスケアの創造的破壊 – Atlantic and AWSの「Re:think」シリーズ

    「Disrupting Within」シリーズでは、「どうすれば、競争力を保ったまま方向性を90度転換できるか?」という課題について考えます。AWS提供によるビデオで、当社のヘルスケアの創造的破壊への取り組みだけでなく、Dana-Farber Cancer Instituteの専門知識を活用したOncology Pathwaysが革新的な技術をどう活用して、証拠に基づくケアの中心に患者を据えることができたのかについてご覧ください。

    Virtual tumor board to enable collaborative decision making

    ラップトップの画像

    Digital Pathology

    Pathologists are able to open their cases to explain tumor annotations, corresponding quantitative data, and their diagnosis.

    Radiology

    Access radiology images and annotations.

    Genomics

    Genomic biomarker information.

    Advanced visualization

    Advanced visualization for enhanced clinical decision support.

    Oncology Pathways

    提携先:

    DFCIのロゴ

    Partner with a healthcare IT leader

     

    Philips HealthSuite is an open platform of services, capabilities and tools designed to inspire and enable the development of next generation connected health and wellness innovations. HealthSuite is purpose-built for healthcare. The health-optimized infrastructure allows for seamless integration with existing health enterprise ecosystems. Learn more by watching our video.

    フィリップスの統合型ヘルスケア
    *

    連絡先

    * この項目は必須です。
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
    We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
    *
    *

    Final CEE consent

    当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

    あなたは医療従事者ですか?

    ご注意:

    このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。