StentBoost インターベンションツール

StentBoost

インターベンションツール

スペックが近い製品を検索

StentBoostはシンプルな操作で瞬時にステントの視認性を向上させるイメージガイダンスツールです。さらに、ステント強調画像に血管像を対比表示させるStentBoostSubtractを用いることで、より正確なデバイス留置をサポートします。

特長
StentBoost || 洞察と信頼性の向上

ステントの視認性を向上させる StentBoost

Philipsが有する先進の技術により、背景のノイズや組織構造の信号を減弱させ、ステント構造や石灰化を強調表示します。これによりステント拡張状態を簡単に確認、また以前に留置されたステントとの重ね合わせ状態の判断をサポートします。
非観血的ツール || 高速で効率的

簡便な操作で瞬時に表示されるイメージングツール

StentBoostは数秒間の撮影後、瞬時に専用モニタに表示される非常に簡便なイメージングツールです。IVUSとの相関関係も報告されており、より簡易的にステント状態を確認できるツールとして活用されています。
StentBoost Vascular || 冠動脈手術および血管手術のサポート

大きな血管のステントを強調するStentBoost Vascular

StentBoost Vascularは より広範囲にわたるステントの視認性を向上させるツールです。StentBoostと同じ原理を採用しリアルタイムにステント強調画像が確認できます。血管像とステント強調画像を対比・表示できることで、より正確なステント留置に役立ちます。
StentBoost Subtract* || 洞察と信頼性の向上

血管像とステント強調画像を対比表示できるStentBoost Subtract

StentBoost Subtructは、造影された血管像とステント強調画像を対比表示する機能です。血管像とステントの情報をオーバーレイしながら確認できることで、血管の分岐部や開口部における正確なステント留置、血管壁とステントの圧着程度の簡易的な確認に有用です。
  • StentBoost || 洞察と信頼性の向上
  • 非観血的ツール || 高速で効率的
  • StentBoost Vascular || 冠動脈手術および血管手術のサポート
  • StentBoost Subtract* || 洞察と信頼性の向上
See all features
StentBoost || 洞察と信頼性の向上

ステントの視認性を向上させる StentBoost

Philipsが有する先進の技術により、背景のノイズや組織構造の信号を減弱させ、ステント構造や石灰化を強調表示します。これによりステント拡張状態を簡単に確認、また以前に留置されたステントとの重ね合わせ状態の判断をサポートします。
非観血的ツール || 高速で効率的

簡便な操作で瞬時に表示されるイメージングツール

StentBoostは数秒間の撮影後、瞬時に専用モニタに表示される非常に簡便なイメージングツールです。IVUSとの相関関係も報告されており、より簡易的にステント状態を確認できるツールとして活用されています。
StentBoost Vascular || 冠動脈手術および血管手術のサポート

大きな血管のステントを強調するStentBoost Vascular

StentBoost Vascularは より広範囲にわたるステントの視認性を向上させるツールです。StentBoostと同じ原理を採用しリアルタイムにステント強調画像が確認できます。血管像とステント強調画像を対比・表示できることで、より正確なステント留置に役立ちます。
StentBoost Subtract* || 洞察と信頼性の向上

血管像とステント強調画像を対比表示できるStentBoost Subtract

StentBoost Subtructは、造影された血管像とステント強調画像を対比表示する機能です。血管像とステントの情報をオーバーレイしながら確認できることで、血管の分岐部や開口部における正確なステント留置、血管壁とステントの圧着程度の簡易的な確認に有用です。
  • * StentBoost Subtract機能は、フィリップスAllura Xper FDシリーズ以降でのみ利用できます。

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。