Allura Centron X線システム

Allura Centron

X線システム

スペックが近い製品を検索

フィリップスのAllura Centron は、さまざまな手技に効率的に対応することを目的とした信頼性の高いインターベンション向け血管造影X 線診断装置Alluraシリーズの最新システムです。

特長
Greater insight and confidence in fin... ||
Greater insight and confidence in finding and treating the problem

Greater insight and confidence in finding and treating the problem

多用途型システムのAllura Centronは、日常診療での使用に必要とされる使い勝手の良さと、スピーディーなワークフローを特長としています。Allura Centronは、フィリップスの歴代システムの中でも特に柔軟性と効率性に優れた血管造影X線診断装置として、臨床的価値が最も必要とされているインターベンション手技を積極支援します。先進のライブイメージガイダンス(Live Image Guidance)として、低線量でありながら微細な血管を描出する高精細画像の透視・撮影画像を提供し、さまざま手技への対応を可能にし、疾患ごとに特化された高度なインターベンションツール*オプションを備えています。
StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上 ||
StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上

StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上

StentBoost Subtract 機能により、血管壁に対するステントの位置をクリアな画像で見ることが出来るため、バルーン/ステント展開の前後に位置決めをすばやくチェックし、ステントの拡張状況を確認することができます。
Better user experience ||
Better user experience

Better user experience

Allura Centron はXper シリーズと同様の直観的に操作できるユーザーインターフェースを採用しています。 Allura Centron のためにデザインされたロングテーブル*オプション は、インターベンション手技時に頭頂から足先まで全身領域を撮像できるストロークを有しています。堅牢性の高いデザイン設計により、迅速な心臓マッサージ等の緊急対応が可能です。 床置き式Cアームは3方向からのアームポジションによる様々なアプローチが可能です。循環器疾患では頭側からのアームポジション、下肢領域では左あるいは右側からのアームポジション等、手技に応じて最適な位置からアクセスでき、シンプルで迅速なアーム操作を実現します。
迅速なアームを実現する安全機構 ||
迅速なアームを実現する安全機構

迅速なアームを実現する安全機構

被検者や操作者を保護するさまざまな機能が搭載されており、そのひとつBodyGuardは静電容量センサー技術を利用したフィリップスの非接触式安全メカニズムであり、C アームに対する被検者の位置を検知して衝突を防止します。被検者の体輪郭を検知して近接を自動調整することで接触を回避し、他のX 線システムにはない保護・快適性・スピードの3 つを実現しています。
さまざまな解剖学的領域に対応 ||
さまざまな解剖学的領域に対応

さまざまな解剖学的領域に対応

次世代15 インチディテクタは、より広い解剖学的領域をカバーできるため、さまざまな手技への対応が可能となり、フィリップスの画像処理技術を結集したイメージングチェーンにより微細な血管も高精細画像で明瞭に可視化されます。また撮像視野も自在に選択できるため、診断・治療の精度/ 確信度向上に必要な対象領域の的確な把握が可能となります。
XperSwing ||
XperSwing

XperSwing

Dual Axis RotationスキャンによりCアームが2 軸同時に回転することにより、患者を中心とした3次元のアーク動作が可能となり、より少ない回数のX線撮影で必要な多方向からの冠動脈画像情報が得られます。患者の周囲に曲線軌道を描いて回転することにより、1 回のX 線撮影で目的の解剖学的角度をほぼ収集することが可能です。軌道は、衝突を回避するために境界外へ出ない範囲で適切な臨床画像が得られるようにあらかじめ最適設定され、左右の冠動脈のそれぞれに対して専用の軌道設定プロトコールが用意されています。
DoseWise ||
DoseWise

DoseWise

被ばく線量低減に対するフィリップスの長年にわたる取り組みは、「DoseWise」という哲学に基づいています。DoseWise とは一連の技術、プログラム、手法であり、卓越した高画質を提供しつつ、X線環境下にある人々の放射線防護を重視しています。また、フィリップスが被ばく線量管理において革新的な戦略を生み出す原動力でもあります。
Count on us as your patients count o... ||
Count on us as your 
patients count on you

Count on us as your patients count on you

フィリップスはお客様ひとりひとりのご要望に合ったサービスを提供します。 X線管やフラットパネルディテクタの故障時交換保証を含んだプレミアムプランから、定期点検のみのシンプルプランなど、お客様の予算や装置の使用環境に合ったプログラムをお選びいただけます。 リモート接続を通して、装置の状態を定期的にモニタリング します。異常が検知された際はログ解析による原因分析を 行うことで、的確な修理対応が可能になります。 また万が一の故障の際にも、装置の状況を事前に把握することで、故障発生時の対応処置や部品手配などを効率的に行うことができます。
  • Greater insight and confidence in fin... ||
  • StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上 ||
  • Better user experience ||
  • 迅速なアームを実現する安全機構 ||
See all features
Greater insight and confidence in fin... ||
Greater insight and confidence in finding and treating the problem

Greater insight and confidence in finding and treating the problem

多用途型システムのAllura Centronは、日常診療での使用に必要とされる使い勝手の良さと、スピーディーなワークフローを特長としています。Allura Centronは、フィリップスの歴代システムの中でも特に柔軟性と効率性に優れた血管造影X線診断装置として、臨床的価値が最も必要とされているインターベンション手技を積極支援します。先進のライブイメージガイダンス(Live Image Guidance)として、低線量でありながら微細な血管を描出する高精細画像の透視・撮影画像を提供し、さまざま手技への対応を可能にし、疾患ごとに特化された高度なインターベンションツール*オプションを備えています。
StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上 ||
StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上

StentBoost*オプション 瞬時のステント視認による精度の向上

StentBoost Subtract 機能により、血管壁に対するステントの位置をクリアな画像で見ることが出来るため、バルーン/ステント展開の前後に位置決めをすばやくチェックし、ステントの拡張状況を確認することができます。
Better user experience ||
Better user experience

Better user experience

Allura Centron はXper シリーズと同様の直観的に操作できるユーザーインターフェースを採用しています。 Allura Centron のためにデザインされたロングテーブル*オプション は、インターベンション手技時に頭頂から足先まで全身領域を撮像できるストロークを有しています。堅牢性の高いデザイン設計により、迅速な心臓マッサージ等の緊急対応が可能です。 床置き式Cアームは3方向からのアームポジションによる様々なアプローチが可能です。循環器疾患では頭側からのアームポジション、下肢領域では左あるいは右側からのアームポジション等、手技に応じて最適な位置からアクセスでき、シンプルで迅速なアーム操作を実現します。
迅速なアームを実現する安全機構 ||
迅速なアームを実現する安全機構

迅速なアームを実現する安全機構

被検者や操作者を保護するさまざまな機能が搭載されており、そのひとつBodyGuardは静電容量センサー技術を利用したフィリップスの非接触式安全メカニズムであり、C アームに対する被検者の位置を検知して衝突を防止します。被検者の体輪郭を検知して近接を自動調整することで接触を回避し、他のX 線システムにはない保護・快適性・スピードの3 つを実現しています。
さまざまな解剖学的領域に対応 ||
さまざまな解剖学的領域に対応

さまざまな解剖学的領域に対応

次世代15 インチディテクタは、より広い解剖学的領域をカバーできるため、さまざまな手技への対応が可能となり、フィリップスの画像処理技術を結集したイメージングチェーンにより微細な血管も高精細画像で明瞭に可視化されます。また撮像視野も自在に選択できるため、診断・治療の精度/ 確信度向上に必要な対象領域の的確な把握が可能となります。
XperSwing ||
XperSwing

XperSwing

Dual Axis RotationスキャンによりCアームが2 軸同時に回転することにより、患者を中心とした3次元のアーク動作が可能となり、より少ない回数のX線撮影で必要な多方向からの冠動脈画像情報が得られます。患者の周囲に曲線軌道を描いて回転することにより、1 回のX 線撮影で目的の解剖学的角度をほぼ収集することが可能です。軌道は、衝突を回避するために境界外へ出ない範囲で適切な臨床画像が得られるようにあらかじめ最適設定され、左右の冠動脈のそれぞれに対して専用の軌道設定プロトコールが用意されています。
DoseWise ||
DoseWise

DoseWise

被ばく線量低減に対するフィリップスの長年にわたる取り組みは、「DoseWise」という哲学に基づいています。DoseWise とは一連の技術、プログラム、手法であり、卓越した高画質を提供しつつ、X線環境下にある人々の放射線防護を重視しています。また、フィリップスが被ばく線量管理において革新的な戦略を生み出す原動力でもあります。
Count on us as your patients count o... ||
Count on us as your 
patients count on you

Count on us as your patients count on you

フィリップスはお客様ひとりひとりのご要望に合ったサービスを提供します。 X線管やフラットパネルディテクタの故障時交換保証を含んだプレミアムプランから、定期点検のみのシンプルプランなど、お客様の予算や装置の使用環境に合ったプログラムをお選びいただけます。 リモート接続を通して、装置の状態を定期的にモニタリング します。異常が検知された際はログ解析による原因分析を 行うことで、的確な修理対応が可能になります。 また万が一の故障の際にも、装置の状況を事前に把握することで、故障発生時の対応処置や部品手配などを効率的に行うことができます。
*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。