臨床プラットフォーム

IntelliSpace Portal - CT用アプリケーション

workflow solutions

スペックが近い製品を検索

画像閲覧、解析、診断*、そしてモバイル端末との連携によるバーチャルワークスペースを統合したIntelliSpace Portalサーバー・クライアントシステムは多くのCT用アプリケーションと共に新しいビジュアライゼーション環境を提案します。

特長
IntelliSpace Portal Server || Workflow benefits

ソフトウェアライセンスフリー

サーバークライアントシステムにおけるアプリケーションはすべてのクライアント間で制限なく動作します。高額なソフトウェアを効率よく使用でき、時間や場所の制約を超えて画像処理が可能です。
Multimodality tumor tracking || Valuable, practical advantages

統合型画像閲覧ソフトウェア – CT Viewer

CT装置と高い互換性を有する統合型画像閲覧ソフトウェアです。MIP、MPR、Volume Rendering、Virtual Endoscopyなどがファンクション切替で行えます。また、CTのみならずMRI、NMなどの画像閲覧も可能で、シリーズ間画像比較なども行えます。
Brilliance Workspace || Workflow benefits

クライアントフリー

IntelliSpace Portalサーバーに接続されるクライアントには台数制限がありません。院内のWindowsPCがすべてクライアントになることも可能です。どのクライアントでも同等の画像処理・解析が可能です。高額な専用クライアント導入の必要がなく、システム構築コストを軽減できます。
CT Advanced Vessel Analysis || Valuable, practical advantages

血管解析ソフトウェア – Advanced Vessel Analysis(AVA)

頭頸部、体幹部それぞれの撮影部位に対する自動骨除去がサブトラクション作業を必要とせず可能です。骨・血管・石灰化をそれぞれセグメントとして認識するため石灰化を外して血管表示することもできます。また、スマートスカルプティング処理によるフリーカットでは骨や造影剤の情報のみを除去することを得意とし、軟部組織を保持したMIP画像が作成可能です。
CT Comprehensive Cardiac Analysis || Valuable, practical advantages

統合型心臓解析ソフトウェア – Comprehensive Cardiac Analysis(CCA)

短時間に心臓を自動的にセグメント処理し、心室・心房・血管を認識します。センターラインの自動生成と主要な血管のラベリングは熟練を必要としていた冠動脈解析の処理時間を大幅に短縮しました。また、複数の心位相を同時に処理することにより、冠動脈解析~心機能解析を一連で行うことが可能としています。プラーク解析、心筋評価などのCCA用プラグイン・ソフトウェアもラインナップしています。
CT Coronary Plaque Analysis || Valuable, practical advantages

マルチモダリティ腫瘍解析ソフトウェア – Multimodality tumor tracking(MTT)

CT、MRI、NMの情報を並列に扱い、腫瘍の時系列による変化を追跡するソフトウェア。モダリティ間のフュージョン表示も可能です。
CT Calcium Scoring || Valuable, practical advantages

救急用画像観察ソフトウェア – Acute Multi Function Viewer

短時間でボリュームデータを効率よく観察するためのソフトウェア。2D表示、Volume Rendering表示に加え、自動的に椎体に沿ったMPRを作成するSpine、血管をクリックするだけでMPR表示やストレッチ表示を可能とするVessel、骨折した骨の状態を把握し、手術のシミュレーションまでを行うことが出来るBoneを平行して使用できるインタラクティブ性の高いツールです。
CT Virtual Colonoscopy || Valuable, practical advantages

脳血管灌流解析ソフトウェア – Advanced Brain Perfusion

CT Perfusion撮影されたボリュームデータを自動的に処理・認識し、短時間で脳梗塞患者の状態把握を行うソフトウェアです。自動計算された複数のカラーマップ情報から梗塞領域とペナンブラ領域を算出してわかりやすく表示します。
CT Lung Nodule Assessment || Valuable, practical advantages

大腸解析ソフトウェア – Virtual Colonoscopy

エア注入された大腸を自動的に認識して、展開表示するソフトウェアです。展開表示は2種類持っており、腸管を420°程度に展開して横スクロール表示するフィレビューモード、腸管をサイコロ状に展開して上下前後左右を表示するアンフォールデッドビューモードを持っています。また、展開図と造影剤情報を関連付けて表示できるカラーマップも備えています。
  • *モバイルデバイスで表示された画像は診断用の画像として使用しないでください。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。