Cardiology

EPIQ 7では、当社の最も強力な超音波画像処理のアーキテクチャが採用されています。2D、Live3Dの超音波の送信受信処理を包括する、次世代の超音波診断装置を体感することができます。

特長
nSIGHTイメージング機能 || 困難なケースでも非常に明確な画像を提供

nSIGHTイメージング機能による、超音波へのまったく新しいアプローチ

Philipsが開発したnSIGHTイメージングアーキテクチャでは、まったく新しいアプローチが採用され、妥協のない超音波画像が形成されます。 音響ラインごとに画像を形成する従来のシステムとは異なり、nSIGHTはピクセルレベルまで詳細化して最適な解像度の画像を作成します。 nSIGHTイメージングでは正確なビームフォーマーが使用され、大規模な並列処理がされています。 この並外れたアーキテクチャによって非常に大量の音響データが取得され、リアルタイムに焦点が最適化されたビームに再構成されて、画像のすべてのピクセルに対して正確な解像度が作成されます。
解剖学的インテリジェンス

アナトミカルインテリジェンスによって、画像の客観的な解析を補助

EPIQ 7のアーキテクチャは、超音波システムを受動的に適応する装置から能動的に適応する装置に引き上げ、当社の独創的なAnatomical Intelligence Ultrasound(AIUS)をサポートしています。各種の定量化機能を使用することで、検査をより簡単に実行し、再現性を高め、新しいレベルの臨床情報を提供できます。AIUSには、ユーザーの操作を最小限に抑えた解析機能の自動化も含まれており、これらはすべてアナトミカルインテリジェンスを使用し、ユーザーが求める結果を提供します。
高度なワークフロー || ユーザーエクスペリエンスを改革する設計

人間工学に対応する高度なワークフローによって、優れた操作性を実現

EPIQ 7では、使いやすさ、ワークフロー、人間工学、可搬性など、高品質な超音波ユーザー体験を刷新しました。すべての観点から超音波システムとどのように向かい合うかについて根本的な改革を行いながら、そのすばらしい直感操作性と静音性は維持しました。
PureWave || 困難なケースでも非常に明確な画像を提供

PureWave – 技術的に困難な被検者の情報を画像化できるトランスジューサ技術

PureWaveクリスタルテクノロジーは、過去40年の圧電トランスジューサマテリアルにおける最大の発明のひとつです。 PureWaveに使用されるクリスタルは純粋で均一であるため、従来の圧電素材よりも85%を超えて変換効率が高まり、優れた画像やドップラ感度向上に寄与します。 このテクノロジーによって、困難な被検者へのペネトレーションが改善され、高品質で詳細な解像度を得ることができます。
タブレットに似たタッチ式インタフェース || ユーザーエクスペリエンスを改革する設計

タブレットに似たタッチ式インタフェースで、簡単にナビゲーション可能

タブレットに似たタッチ式インタフェースを使用して、システム機能にすばやくナビゲーションできます。1つの検査の完了までに必要な操作が40%減少し、手順は15%減少しています。
xMATRIX || 困難なケースでも非常に明確な画像を提供

最先端超音波トランスジューサテクノロジーに対応したxMATRIX

世界で最も革新的なxMATRIXトランスジューサをすべて使用できるプレミアム超音波システムは他にありません。 ボタンをタッチするだけで、xMATRIXシステムでは、2D、3D/4D、Live xPlane、Live MPR、MPR、ドップラー、カラードップラー、CPAなど、1つのトランスジューサですべてのモードを使用できます。
iSCAN || ユーザーエクスペリエンスを改革する設計

iSCANで自動画像最適化を実現

リアルタイムiSCAN(AutoSCAN)によって、取得データとTGCが自動的に最適化され、高品質画像が継続的に提供されます。
優れた人間工学設計 || ユーザーエクスペリエンスを改革する設計

優れた人間工学設計による反復運動損傷の軽減

EPIQの拡張コントロールパネルとモニタは、座っているか立っているかに関係なく、人間工学上適切な位置になるよう関節を調整できます。大画面21インチワイドスクリーンモニタによって、事実上すべての環境でさらに簡単に表示できます。EPIQ 7には4つのトランスジューサコネクタが装備されており、検査中にトランスジューサを容易に選択するためのコネクタ周囲に視認性を高める照明が備わっています。
マルチモダリティDICOM || ユーザーエクスペリエンスを改革する設計

レビューを容易にする、マルチモダリティDICOMを統合

CT、MRI、核医学、マンモグラフィ、超音波などのDICOM画像をEPIQシステムで表示可能です。外部のワークステーションなしに、過去と現在の検査を簡単に比較できます。また、画像処理中にこれらのマルチモダリティ画像を確認することもできます。
図書館並みの静音性 || ユーザーエクスペリエンスを改革する設計

狭い検査室に適した図書館並みの静音性

EPIQ 7はほとんど無音で動作します。ノイズテストでは、EPIQ 7が37-41 dBで動作することが確認されていますが、これは図書館の静かさに匹敵します。狭い病棟/検査室でも、静かな検査環境を提供できます。
驚くほどの移動性

驚くほどのポータビリティで、どこでも検査可能

EPIQ 7はクラス最軽量で、床の素材にかかわらず簡単に移動でき、スリープモードにすることで、すぐに移動を開始でき、素早く起動し検査を再開できます。移動時には、モニタを折りたたんでシステム全体の高さを低くすることで視野を確保することができます. Easy Clipはケーブルが床に落ちるのを防ぎ、破損を防ぎます。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。