フィリップス財団と赤十字国際委員会

 

ICRC シリア代表部首席代表の Marianne Gasser と、アレッポの副代表部首席代表の Georgios Comninos は、シェルターを訪問しました。二人は、アレッポの Mahalej 共同シェルターの避難民と話をしました。(写真:Sana Tarabishi)

グローバルイノベーションでのパートナーシップ

 

フィリップス財団とICRC(赤十字国際委員会)は、最弱者の立場にある人々にヘルスケアへのアクセスを提供することを目標としています。フィリップス、ICRC、および関係する第三者は、イノベーションの創造やコミュニティを基盤とする医療の場の強化、ヘルスケア関連の災害業務に対する緊急支援を含むイニシアチブに連携して取り組んでいます。

Philips Foundation logo
ICRC logo
赤十字の人道的使命、男の子

赤十字国際委員会

 

私たちの使命

赤十字国際委員会(ICRC)は公平で中立、かつ独立した組織で、武力紛争やその他の暴力的状況における犠牲者の生命と尊厳を保護し、支援することを使命としています。

ICRC は、人道法と世界共通の人道的原則を普及および強化することで、人々に苦しみが及ばないよう取り組んでいます。

1863 年に設立された ICRC は、ジュネーブ条約および国際赤十字・赤新月運動の起源でもあります。武力紛争やその他の暴力的状況において、国際赤十字・赤新月運動による国際活動の指揮および調整を実行します。

助産師のケアを受ける妊婦 - 赤十字

フィリップス財団

 

私たちの使命

フィリップス財団は、有意義なイノベーションを通して、健康面の不公平を解消することを目標としています。そのために、世界中の人道主義に基づく組織や社会的企業家との協働プロジェクトで、Royal Philips の専門的な技術や知識、革新的なスキルを活用し、持続可能かつ包括的なソリューションを設計、採用、展開します。