個人のお客様
製品

ヌードルメーカー

約600gの生麺 *粉は最大500gまで, 10 分 HR2365/01

トラブルシューティング

フィリップスヌードルメーカーが動作しません/動作を停止しました

フィリップスヌードルメーカーが動作を停止する、アラーム音が鳴る、または製麺用ケースのカバーが外れているか開いている場合は、以下の解決方法を参照してください。

ヌードルメーカーを長時間連続して使用したことでオーバーヒートを起こしています

この場合、ヌードルメーカーの電源を切って、本体が冷めるのを待ちます。

製麺用ケースのカバーが正しく取り付けられていない可能性があります

開始ボタンを押してもすぐにヌードルメーカーが動作しないときは、製麺用ケースのカバーがきちんと取り付けられていない可能性があります。

すべての安全スイッチが安全スイッチ穴に完全に挿入されていることを確認してください。

フィリップスヌードルメーカーのモデルによっては、安全スイッチが 1 本のものと 2 本のものがあります。

フィリップス Viva ヌードルメーカー - 安全スイッチ

製麺用ケースに粉を入れすぎている可能性があります

製麺中に問題が発生する場合は、製麺用ケース内に粉を入れすぎている可能性があります。

1 回に使う粉の量は、Viva(HR237 モデル)では 400g、Avance(HR235 モデル)では 500g を超えないようにしてください。

この量を超える粉を製麺用ケースに入れている場合は分量を減らして、複数回に分けて麺を作ってください。

「粉と水の割合」に記載されているとおりに粉と水が調合されていません

この場合は、ヌードルメーカーの電源プラグをコンセントから抜き、洗ってから、もう一度麺を作り直します。

小麦粉と水の割合が正しい生地の特徴:

パラパラして乾燥しているように見えます。このような生地を押し出し成形すると、最適な麺ができ上がります。

粉と水の割合 - フィリップスヌードルメーカーの生地の堅さ

製麺棒に異物が引っかかっている可能性があります

製麺棒に異物が引っかかっていないか確認してください。

プログラムの選択が間違っている可能性があります

ヌードルメーカーの電源プラグをコンセントから抜き、異物等を取り除いてから取扱説明書に従ってもう一度やり直します。

簡略表示 HR2365/01 .

お探しの製品ではありませんか?