キャリア

やはり、
お客様や患者様に
感謝されるのが
一番嬉しいですね


フィールドサービスエンジニア 武山 仁 (Hitoshi Takeyama)
フィールドサービスエンジニア 武山 仁 (Hitoshi Takeyama)
フィールドサービスエンジニア 武山 仁 (Hitoshi Takeyama)
フィールドサービスエンジニア 武山 仁 (Hitoshi Takeyama)
フィールドサービスエンジニア 武山 仁 (Hitoshi Takeyama)

 

フィールドサービスエンジニア 武山 仁 (Hitoshi Takeyama)

最適な医療サービスの提供を支える黒子のような存在


私たちFSE(フィールドサービスエンジニア)の役割は、フィリップが医療機関に、納品した医療機器の据え付けから、修理、定期点検を行うことです。医療機器は、一度医療機関に
納入されると、長い期間使用されます。その間、医療従事者が、患者様に常に最適な医療を提供できる環境をサポートするのが私たちの仕事です。

 

フィリップスの扱っている医療機器には、様々なものがありますが、私が担当しているのは、超音波装置とモニターです。作業には「据え付け」「修理」「定期点検」の3つの工程があります。機器の搬入後の「据え付け」では、配線や通線、電気チェック、動作確認。「修理」では、機器に不具合が生じた際のトラブルシューティングを行います。検査や治療を待っている患者様のために、時には夜間の対応をすることもあります。「定期点検」では、機能・性能のチェック、部品の交換、システム調整などを行います。

 

フィールドサービスエンジニアの仕事は、医療現場を支える大切な役割を担っていると感じていますが、私の理想は、フィールドサービスエンジニアの存在が、黒子のように見えないくらい、何事もなく当たり前に、最適な状態で医療機器が使用されることです。そのために、日ごろの定期点検も漏れなく行えるように、社内でのトレーニングを受けたり、医療機器についての知識を勉強することも大切な仕事の一部です。

自分の仕事が、思いがけないところで世の中にインパクトを与えられる


フィリップスはヘルステックカンパニーとして、「2025年までに年間30億人の人々の生活を向上させること」を目標に掲げ、「健康な生活」「予防」「診断」「治療」「ホームヘルスケア」のへルスケアの全てのプロセスにおいて製品やソリューションを提供しています。

 

私が担当している超音波装置の診断画像は、「診断」や「治療」の部分にあたり、それだけでも患者様の病状が迅速に診断でき、最適な治療につながっているわけですが、フィリップスが進んで行っているヘルステックの領域では、それだけではなく、診断結果がデジタル化されクラウドを経由して遠隔地でも瞬時に医師が確認できたり、多くの診断データをビックデータとして活用して、「予防」に役立てるなど、もっともっと様々な形で人々の健康に活用することができる時代が来ています。ヘルステックカンパニーである、フィリップスの一員として、自分の仕事が思いがけないところで世の中にインパクトを与えられると思うと、驚きと同時に、ますます自分達の仕事の大切さを感じています。

 

これまでの経験やスキルを利用して素早く効果的に修理が完了でき、先生や医療スタッフに感謝された時は、やはり嬉しいですね。経験を着実につんで、医療関係者に頼られるようなフィールドサービスエンジニアに成長していきたいです。

 

私も転職してフィリップスに入社しましたが、異業種からの転職者もたくさんいます。私と同じように、医療に貢献したい、社会に貢献できる仕事がしたいと思っている方、先輩後輩も仲良く、働きやすいオープンな職場です。ぜひ一度フィリップスを受けてみて欲しいですね。

フィリップスに興味がありますか?

フィリップスのTalent Communityに参加することで

最新の情報を受け取ることが出来ます。

登録は簡単です

すぐに転職を考えていない方もお気軽にご参加下さい。

関連するページ

それぞれが、 自分のリズムで働ける環境

フィリップスでは2017年6月から、フレックスタイムのコアタイムを廃止した。一日、2.5時間以上働けば出勤とみなされる。例えば、営業日が20日間ある月は、所定労働時間7.5時間×20日=150時間を、それぞれの業務やライフスタイルに合わせて働けばよいことになる。また、1週間のうち、2日まで在宅勤務も可能>>全部よむ

フィリップスで手にしたのは 専門性とライフワークバランス

私がフィリップスへ転職したもう1つの理由は、ライフワークバランスを大切にしたかったからです。面接の中で、フィリップスなら、これから子供ができても専門性を極めながら働き続けられると思いました。実際に、女性社員は産休・育休を100%取得していて>>全部読む

最新の採用情報はこちらから

こちらから、最新の採用情報を、検索して見ることができます。あなたのキャリアにマッチした情報を見つけて、是非ご応募ください。