フィリップス ライティング、日本でのスポーツ分野の照明事業を拡大
スタジアム・スポーツ施設向けの新製品を発表
 

2017年3月9日

フィリップス ライティング ジャパン合同会社(本社:東京都港区、職務執行者社長:林田 健悟、以下フィリップス ライティング)は、日本でのスポーツ分野の照明事業を拡大するため、新たなパートナー制度として「ライティングパートナー」を開始しました。それに伴い、製品ラインナップも拡充し、大規模なスタジアムから小規模な施設に対応していきます。

 

フィリップス ライティングは、世界中のランドマークを照らしてきた豊富な知見やノウハウ、技術を有していますが、それはスポーツ分野にも及びます。海外市場では「ライティングパートナー」として照明の設計やコンサルティングをサポートしていますが、今回この制度を日本でも開始し、今後日本での開発が進むスタジアムや施設を念頭に、スポーツ分野における照明事業の拡大を狙います。なお、最初のパートナーとして、セレッソ大阪と締結しました*。

 

これに伴い、昨年日本での展開を発表したスタジアム照明「ArenaVision LED(アリーナビジョンLED)」の新バージョンと、野球やサッカーグラウンド、テニスコートなどの中小規模屋外スポーツ施設や大規模駐車場などを対象とした「SportsStar LED(スポーツスターLED)」を発売します。施設の規模や用途に最適なラインナップを取り揃え、プレイヤー、観客、施設のオーナー、放送事業者に配慮した照明ソリューションを提供することで、スポーツ分野の照明事業の拡大を目指します。

 

新製品の「SportsStar LED」の配光タイプは4つから選ぶことができ、効果的に組み合わせることでグレア(まぶしさ)や均斉度(明るさのムラを表す指標)に配慮しながら、理想的な明るさを確保することができます。また屋外照明のため、様々な環境に対応できる高い防塵防水性能を備えています。さらに、器具効率として105 lm/Wと従来光源と比較しても大幅な省エネ効果が見込め、設計寿命も約50,000時間とランニングコストも軽減します。

 

また、すでに販売している大規模なスタジアム向けの「ArenaVision LED」も、ルーメン数が向上した新バージョンを日本で展開します。現行製品よりも約20%明るさが増しているため、スタジアムに設置する照明器具の数量を減らすことができ、初期投資やランニングコストなどの削減を図れます。

 

フィリップス ライティングは、今後も日本におけるスポーツ分野の照明事業を拡大し、施設や用途に合わせた最適な照明ソリューションを提供していきます。

 

*「ライティングパートナー」の詳細につきましては、2017年3日9日付のプレスリリースをご覧ください。

■「SportsStar LED」の特長

4つの配光タイプの組み合わせで、快適な照明環境を提供

「狭角配光」、「対称中角配光」、「対称広角配光」、「非対称配光」の4つの配光タイプを効果的に組み合わせることで、グレア(まぶしさ)や均斉度(明るさのムラを表す指標)に配慮しながら理想的な明るさを確保することができます。

様々な環境に対応
保護等級IP66の防塵・防水性能と*、-40℃~+50℃の使用環境温度により、幅広い使用環境に対応します。

 

導入・メンテナンスコストを軽減
電源内蔵タイプのため、施工性がよく、導入が容易です。また設計寿命も50,000時間でランニングコストの軽減にも貢献します。

 

LEDならではの省エネ効果を実現
器具効率が105lm/Wのパフォーマンスを実現しており、従来光源と比較しても大幅な省エネ効果が見込めます。

 

*日本工業規格で規定された防水や防塵の程度についての等級。

■「ArenaVision LED」の特長

現行製品より明るさが約20%向上(Ra90、Ra80モデル)

現行製品よりも約20%明るさが増しているため、スタジアムに設置する照明器具の数量を減らすことができ、初期投資やランニングコストなどの削減を図れます。

Ra90モデル:88,000lm ⇒106,000lm

Ra80モデル:99,000lm ⇒117,000lm

Ra70モデル:127,000lm ⇒132,000lm

 

LED照明の優位性を最大限活用

  • 約50,000時間の長寿命により、メンテナンスの頻度を減らし、ランニングコストも削減します。
  • 瞬時に点灯・消灯するため、タイムラグを感じさせない演出を可能にします。また幅広い調光(光の強弱調整)に加え、精度の高い制御ができ、照明を用いた演出の幅を広げます。

 

プレイヤーに配慮した照明環境

7種類の配光特性を組み合わせることで、フィールドをむらなく照らしながらも眩しさを抑え、プレイヤーに配慮した最適な照明環境を提供します。

 

業界最高水準の演色性*1(Ra90モデル)

演色性が高く、自然光に近い光を再現します。スポーツ・エンターテインメント用LED照明としては、業界最高水準となるRa90を実現しました。

 

ハイビジョン撮影にも対応

国際的な試合を行なうスタジアムに導入するための放送規格やスポーツ連盟の推奨基準をクリアしています。照明の明るさの最大値と最小値の差異の数値(フリッカーファクター*2)は公称値で2%以内のため、ハイビジョン下における超スローモーション映像の際にも、照明のちらつきが気になりません。

 

プログラミングによる多彩な照明による演出が可能

フィリップスのカラー照明で用いる信号を応用しており、照明による演出効果をプログラミングすることが可能です。スタジアム全体の照明コントロールを容易にするだけでなく、多彩な照明による演出は、見るものの感動と興奮を後押しします。

 

*1 フィリップス ライティング調べ(2016年9月現在)

*2 フィリップス ライティング調べ

フィリップス ライティングについて

フィリップス ライティング(ユーロネクスト アムステルダム:LIGHT)は、照明製品、システム&サービスの最大手企業として、生活向上につながる新たなビジネス価値や豊かな照明環境を“革新”として提供してきました。

また、プロフェッショナル照明、一般照明分野において、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を家庭やビル施設、都市へとその範囲を拡大させ、業界をリードしています。

2016年の売上は71億ユーロ、世界70ヶ国に渡り34,000人の従業員を擁しています。フィリップス ライティングのニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.newscenter.philips.com/jp_ja

報道関係および企業へのお問い合わせ、ご掲載の際の読者お問い合わせ

フィリップス ライティング サポートデスク

TEL: 050-5577-9379 Email: LI_contactus_jp@philips.com

受付時間:9:00~18:00 (土・日・祝および年末年始を除く)