フィリップス、ボルケーノ社の買収を完了

買収によりイメージガイド下の低侵襲性治療市場におけるフィリップスのグローバルリーダーとしての地位は拡大

2015年2月17日

* この報道用資料は、2015年2月17日にオランダ アムステルダムおよび米国 カリフォルニア州サンディエゴで発表されたプレスリリースの翻訳加筆版です。
オランダ アムステルダム、米国 カリフォルニア州サンディエゴ - ロイヤルフィリップス(NYSE: PHG; AEX: PHIA、以下フィリップス)は本日、ボルケーノ・コーポレーション(NASDAQ: VOLC)の買収が完了したことを発表しました。ボルケーノ社の決算は、2015年2月17日付けでフィリップスのIGTグループ(低侵襲イメージガイド下治療事業)の一部として連結されます。同社はおよそ1,800名の従業員を擁し、2014年の売上は約4億米ドルを計上しています。フィリップスのIGTグループとの統合プロセスは、両社の長年にわたるパートナーシップや同社の主要経営メンバーの残留、統合に向けた綿密な準備により、円滑に進む見通しです。

「急成長しているイメージガイド下治療市場でのリーダーとなり、成長の加速を図るという当社の戦略において、今回のボルケーノ社の買収完了は、重要な節目となります」。フィリップスのCEO、フランス・ファン・ホーテンはこう前置きし、次のように説明しています。「ボルケーノ社の血管内超音波診断および血管内血流機能検査を行う最先端のイメージングカテーテル、センサー付きガイドワイヤーおよびシステムの幅広い品揃えと、フィリップスがリードする画像診断ソリューション
を融合させることにより、一連のヘルスケアプロセスの重要な場面においてより適切な診断・治療をサポートする総合的なソリューションの提供を可能にします」。

イメージガイド下治療分野では、イメージングカテーテルとセンサー付きガイドワイヤーをX線画像診断装置と併用することで、より適切な診断・治療をサポートするとの臨床結果が報告されています。ボルケーノ社はIVUS(血管内超音波診断装置)カテーテルとFFR(冠血流予備量比)カテーテルで業界を牽引する会社です。今回の買収により、フィリップスが現在取り扱っているX線画像診装置や血管内超音波診断装置、ナビゲーションシステム、ソフトウェア、サービスなどの製品ラインが補完されます。

今回の買収は、フィリップスが既に発表しているボルケーノ社の普通株発行済株式を1株あたり現金18.00米ドル(無利息、適用される源泉徴収分控除)ですべて購入する公開買付けが無事終了したのを受け、デラウェア州一般会社法のセクション251(h)に基づく合併となりました。公開買付けは、2015年2月17日午前9時(米国東部標準時間)をもって終了しました。公開買付代理人によれば、公開買付け期間中に正当に応募され、その後正式撤回のなかった株式数は、買付終了時点で、ボルケーノ社の普通株発行済株式の94.8%に相当する約49,220,771株(Notice of Guaranteed Deliveryにより応募された2,967,581株を含む)となりました。今回の公開買付けは条件をすべて満たしているため、正当に応募され、撤回されなかった全ての株式の支払いを承諾しました。なお、買付けの支払いは現金と債権の発行により行います。

合併後に残ったボルケーノ株式は、公開買付け期間の購入価格と同様の1株あたり現金18.00米ドル(無利息、適用される源泉徴収分控除)を受け取る権利へ変換されました。

ボルケーノ社は同社普通株のNASDAQ上場廃止を求めるフォーム25(上場廃止申請書)をNASDAQが米国証券取引委員会に提出するよう要請しました。同社普通株は、2015年2月18日の取引開始前に取引が中止されます。

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約2,000名の従業員を擁し、全国約80カ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2014年の売上は214億ユーロ、世界100カ国以上に約105,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.com/newscenter/

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ブランド コミュニケーション部
TEL: 03-3740-5896