宝田恭子先生

歯間ケアQ&A

フィリップス ソニッケアー公式Facebook上で募集した歯間ケアに関する質問に、歯科医師、宝田先生がズバリお答えします!

宝田恭子先生プロフィール

東京歯科大卒業後、同大学保存科勤務を経て宝田歯科の三代目の院長になる。日本アンチエイジング歯科学会常任理事、睡眠改善インストラクター、メディカルアロマセラピー研究会所属。

 

こちらもあわせてご覧ください

宝田恭子先生が語る 歯間ケアのすすめ 

 

歯ブラシ以外にも歯間のケアは必須なのでしょうか。歯磨きしていても虫歯になるので。。。
年齢と共に歯間は空いてきたり形に変化が生じます。そのため食片がつまりやすく歯ブラシではどうしても取れない場合があります。そんな場合は積極的に歯間ケアをプラスした方がよいと考えます。虫歯予防のアドバイスとして、食事の取り方についてお話させて頂きます。1日何回食べるかが重要です。朝昼晩の3食しか食べない人は虫歯になるリスクが低いです。おやつや夜食などで食べ物を口に入れる回数が増える人はリスクが高いといわれています。なぜかというと口の中に糖や炭水化物が入るとプラーク(歯垢)中の細菌が酸を出し始めます。すると唾液がこれを中性に戻そうとします。20~30分で口の中は安全な状態になりますが、何回も食べると中性に戻る時間が短くなり、虫歯になるリスクが高くなるのです。
歯磨きは、毎食後行うのがいいと思いますが、歯間ケアは1日何回ぐらい? どのタイミングで行うのがおすすめですか?
歯磨きとセットで、つまっていると感じたところは必ず毎回、丁寧にケアしてください。お手入れが行き届いているかどうかは、係りつけの歯科医にチェックしてもらってください。
歯間ケアって、電動ハブラシだけでは足りないのでしょうか? フロスなど必要なケアの頻度(1日1回?歯みがきの都度?)も知りたいです。
人によって歯並びや歯と歯の接触しているコンタクト状態がまちまちなので、歯間ケアチェックは最終的にはかかりつけの歯医者さんにアドバイス頂くとよいと思います。私の考えでは歯ブラシのみだとコンタクトのきつい部位はケア不足になると思うので、フロスも使う方がよいかと思います。頻度も、食べてよくつまる部位は回数を多くして頂きたいと思います。
このPhilipsのFacebookページを見るまで、デンタルケアって歯磨きの回数を増やすことと歯科医に通うことで充分だと思ってました。初歩の初歩な内容でスミマセンが質問です。 歯磨きに加えて、歯間ケアを行うことで改善することは具体的に何ですか?年齢を重ねるごとに歯が動く、歯茎が下がる等の微妙な変化があると、とある本で読みました。そういった自分の口内の変化には、どのように自覚、対応していけばよいのでしょうか? 日々のケアでの注意点などと共に知りたいです。
歯間は人それぞれで歯並びや隣どうしの歯の接触状態により形が違います。知らず知らずに食品の繊維性のものなどがつまり、歯ブラシでとれないままでいると、フードインパクションといって歯肉の炎症や痛みを伴うことがあります。また、そのような時は口臭も発生する傾向にあります。そうならないためにも歯間清掃は大切です。炎症が強いときは即かかりつけの歯科医に見て頂くことをお勧めします。また、日々のケアでの注意点ですが、基本は圧力をかけず(特に、強く押して磨きがちな方は注意です)丁寧に磨いて、舌でさわっていつもつるつるしている状態を心掛けるといいと思います。食べ物の種類により歯や歯間につきやすいものを多くとった時は、特に念入りに鏡を見てケアして欲しいです。
子供もデンタルフロスなど歯間ケアは必要ですか? 何歳くらいからスタートすべきでしょうか?
お子様によっては歯と歯の間に食片がよくつまる場合があります。歯科医院で一度チェックして、つまりやすい部位を確認しケアすることをおすすめします。スタート年齢はありません。ただしお子様が嫌がらないような工夫が必要だと思います。
お子様によっては歯と歯の間に食片がよくつまる場合があります。歯科医院で一度チェックして、つまりやすい部位を確認しケアすることをおすすめします。スタート年齢はありません。ただしお子様が嫌がらないような工夫が必要だと思います。
お子様によっては歯と歯の間に食片がよくつまる場合があります。歯科医院で一度チェックして、つまりやすい部位を確認しケアすることをおすすめします。スタート年齢はありません。ただしお子様が嫌がらないような工夫が必要だと思います。
(1)歯並びが年々変わっている気がするのですが、これも歯磨きが原因でしょうか? (2)喫煙者なのですが、たばこが歯茎に悪いと聞いたことがあります。特に自覚症状はないのですが、やはり悪いのでしょうか?
(1) 年を重ねていくと歯並びは少しずつ変化していくものです。もともとの歯の向きや噛み方(力のかかり方)が関係していると思われます。歯磨きはよほど力を入れない限り、大きな原因にはならないと思います。
(2) 毛細血管に影響が出ますので、吸わない人と比べると歯肉の色は黒ずんできます。歯肉もかたくなる傾向があるので、初期の歯周病に気がつかない方が多いです。可能でしたら、禁煙して頂いた方がよろしいかと思います。
40過ぎるまで虫歯らしい虫歯はありませんが、そうは言っても、何かしないと手遅れになるでしょう。そうならないように、「見た目は健康そうな歯」の人は歯磨き以外のケアについて、どんなことに注意していればいいか教えてください。
健康な歯の方でかかりつけの歯科医がない場合は、最寄りの歯科医院にて健康状態をチェックして頂くとよいと思います。虫歯と歯周病の点検がお勧めです。そして、セルフケアではとりきれない汚れを是非プロケアで落としてもらうといいと思います。ちなみに私自身も現在、虫歯も歯周病もないですが、3カ月に一度のクリーニングは必ず行っております。
歯肉がわりと下がっている方ですが、どうすれば歯だけではなく、歯肉まで健康な状態に戻せますか?
その原因を一言で語ることは難しいのですが、私の臨床経験の中ではきれいにしようとついつい力を入れてブラッシングする方や、間違った歯間ブラシの使い方をされている方にも歯肉の退縮が多くみられます。ただ、健康という意味においては汚れがついたままでは困りますので、鏡を見ながら力を抜いて丁寧に磨いたり、うがいをよくするのもいいと思います。食間にたばこを吸う方だと、歯肉がかたくなり下がってくることも多くあります。
歯間ブラシを使っています。歯の間のカスが除去されて気持ちいいのですが、あんまりやりすぎるとスキッパになりそうな気もして。。。実際のところはどうなのでしょう?歯間ブラシを使っています。歯の間のカスが除去されて気持ちいいのですが、あんまりやりすぎるとスキッパになりそうな気もして。。。実際のところはどうなのでしょう?
仰る通りです。強く歯間ケアをやりすぎて以前より歯間の隙間が大きくなり、歯ぐきが下がったと訴える方もいます。はっきりした根拠はありませんが、激しくやり過ぎ続けている方は、どうもその傾向が強いようです。
歯間ケアに関して、市販の歯間ブラシは効果的でしょうか?以前使用したら歯茎から出血してしまい、それ以来使っていません。効果的な使い方などあれば教えて頂きたいです。
出血が続く場合は心配なので、使用している歯間ブラシを持ってかかりつけの歯科医に歯間ブラシのサイズがあっているかどうか、チェックしてもらう必要があると思われます。その時にやり方も教えてもらって下さい。一度アドバイスをもらえれば自信をもってケアできると思います。
歯周病の傾向があると言われ、歯みがきを見直したいと思っています。電動じゃない歯ブラシでは歯間ケアは難しいですか? 歯茎をマッサージするように磨いてと言われたのですが、程度がわからず戸惑っています。
一般的に、手歯磨きの時に押す力が強すぎる傾向にあります。基本的には、歯ブラシで丁寧にやさしく磨いてみて下さい。磨き方を工夫しただけで歯間ケアができる部位も沢山あります。そして、どうしてもうまくできないところに補助的に歯間ブラシやエアーフロスをお使い頂くとよいと思います。

フィリップス オーラルヘルスケア

お口の将来を考えて[3分間の新習慣]

一緒に使って、より効果的なオーラルケアを!

徹底ブラッシング

歯にあてて少しずつずらすだけ

かんたん歯間ケア

歯間にヘッドを当ててワンプッシュ

替えブラシは

3ヶ月で交換

 

 

※1 手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A, Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014
※2 エアーフロス ウルトラ使用時/2014年米国Gottenbos氏らの調査に基づく。実験的研究における効果。実際の口内での効果は異なる場合があります。