お口の健康と病気

歯周病について

放っておくと危険な歯周病

健康な歯ぐきから出血することはありません。歯磨きやフロッシングのときに血が出るようなら、歯周疾患になりかけているのかもしれません。歯肉が腫れ、出血しやすくなるのは、歯肉炎の症状です。この段階であれば、歯垢の除去により腫れはおさまり、出血も止まります。

 

歯垢を取り除かないと感染が広がり、歯周病へと悪化します。さらに治療をしないで放っておくと、歯肉の付着が断絶され、歯周ポケットができてしまいます。

歯周ポケットが深くなると、治療はさらに困難になります。歯磨きやフロッシングでは、歯周ポケットの奥の歯垢は取り除けません。残った歯垢の中の細菌は毒素を流し続け、それが歯を支える土台である歯周組織を破壊していきます。

 

口臭がしたり、歯周ポケットができたり、歯ぐきが赤く腫れたり、出血しやすくなったら、歯周病が進行している証拠です。ここまで進行すると、歯の土台になる歯槽骨が溶け出し、歯がグラグラし、かみ合わせも変わってきます。しまいには、たとえ健康な歯ぐきであってもポロリと抜け落ちしてしまうこともあるのです。

 

毎日きちんと歯磨き、フロッシングをすれば、歯周病を予防し、健康な状態を維持することができるでしょう。

お口の健康と心臓疾患の関係

お口の状態は全身の健康のバロメーター?

最近の研究で、心臓疾患をはじめとする多くの全身疾患には、口腔内に症状が現れるものがあることが明らかになりました。例えば、顎の痛みは、心臓発作の危険性が高まっていることを知らせる兆候である場合があります。

また研究によって、歯周病の人は、歯周ポケットに潜む細菌や有害物質によって心臓発作を起こしやすいことも明らかになっています。細菌や有害物質が血流により血管内に侵入すると、血管の内壁に付着して血栓を創り出します。血栓は心臓への血流を妨げ、心臓発作の危険性を高めるのです。

 

これらのことを考えると、半年に1回の定期検診は、皆さんが思っている以上に重要であるといえるでしょう。特に、心臓疾患になる恐れのある方、すでになってしまった方、あるいは他の疾患を抱えている方は、歯科医師による定期検診をおすすめします。また、歯に関わらず過去にかかった病気や検診時の健康状態、どんな薬を服用しているかも歯科医師に知らせましょう。

心臓疾患の方や、その危険性の高い方は次の点に注意して下さい

• 歯垢除去力の高い歯ブラシとフッ素配合歯磨きを使って1日2回歯磨きをして、お口の健康状態を維持しましょう。

手磨きよりもソニッケアーなどの電動歯ブラシを使用した方が、歯垢を簡単に除去できます。歯磨きの後はフロッシングも忘れずに。

 

• 定期的に歯科医師、歯科衛生士の診察を受け、その際に自分の心臓の状態や身体の健康状態を伝えましょう。

 

• 歯周病の症状が出ている方は、医師に伝えましょう。

 

• 歯ぐきが赤くなっていたり、炎症を起こしていたり、出血しやすい人は、今すぐ歯科医に診察してもらいましょう。

 

• 抗生物質を含め、薬は医師の指示通りに服用しましょう。

お口の健康と糖尿病の関係

糖尿病が歯周病を引き起こす

糖尿病は、身体がグルコース(糖)を正常に処理してエネルギーに換えることができなくなる病気で、口腔内を含め、身体全体に大きな影響を及ぼします。

 

糖尿病になると、歯周病にかかりやすくなるという報告もあります。糖尿病は全身への酸素や栄養補給の低下や、有害物質を体内から排出するペースの低下といった症状を引き起こします。糖尿病患者が血糖値を監視しなければならないのはそのためです。血糖値が上がると唾液に含まれる糖分も増え、それが口腔内の細菌の養分になって、歯周炎になりやすい環境がつくり出されてしまうのです。

 

さらに糖尿病によって免疫力や治癒能力が低下すると、歯周炎が本格的な歯周病へと進んでしまいます。その結果、より深刻な合併症に苦しむこともあります。また、歯周病はインシュリン抵抗性を増大させ、糖尿病を抑えようとする身体の能力を低下させてしまいます。

 

幸いなことに、すべての糖尿病患者の方がこのような悪循環に陥るわけではありません。健全な血糖値を維持するために治療プランをしっかりと守り、定期的に歯磨きとフロッシングをすれば、歯周病になる危険性を減らすことが可能です。ソニッケアーは、口腔内だけでなく体全体の健康維持をお手伝いする、糖尿病患者のための理想的なオーラルケアのひとつと言えます。

増加する糖尿病患者

1985年には糖尿病患者は全世界でわずか3,000万人でしたが、世界保健機構(WHO)によれば、そのわずか10年後には1億3,500万人まで増大しました。現在では1億7,700万人を超え、しかもその3分の1から半数の人は診断を受けていません。

 

また、糖尿病予備軍の増加も懸念されています。糖尿病予備軍とは、血糖値が通常よりは高いが、まだ糖尿病と診断されるまでに至っていない状態のことです。全世界で3億5,000万人以上の人が糖尿病予備軍だと考えられています。最近の調査によれば、糖尿病予備軍であっても、長期の障害、特に心臓および循環器系への障害がすでに発生しているケースがあることがわかっています

糖尿病がお口の健康に及ぼす影響

64%近くの糖尿病患者が、すでにある程度進行した歯周病にかかっていると言われています。

 

糖尿病は病気の治癒を遅らせ、細菌に感染する危険性を高めます。したがって、糖尿病患者、特に血糖値を管理していない方は、合併症の危険性が高くなります。

 

糖尿病または糖尿病予備軍の方は、毎日、お口のお手入れをする際に次の点に注意しましょう。

• 1日少なくとも2回、お口全体をくまなく歯磨きし、毎日フロッシングしましょう。

 

• 喫煙者の方はたばこを止めましょう。糖尿病で喫煙を続けると、それだけ歯周病になる危険性が高まります。

 

• 6カ月ごとに歯科医の定期診断を受けましょう。その際、糖尿病であることを必ず歯科医に伝えましょう。

 

• 歯ぐきに痛みを感じたり、ドライマウス(口腔乾燥症)になったり、歯ぐきの一部が白くなっていたり、口の中で嫌な味がすることに気づいたら、すぐに歯科医の診察を受けましょう。

 

• 正常な血糖値を維持することは、身体全体の健康だけでなく、お口の健康のためにも重要です。

フィリップス オーラルヘルスケア

お口の将来を考えて[3分間の新習慣]

一緒に使って、より効果的なオーラルケアを!

徹底ブラッシング

歯にあてて少しずつずらすだけ

かんたん歯間ケア

歯間にヘッドを当ててワンプッシュ

替えブラシは

3ヶ月で交換

 

 

※1 手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A, Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014
※2 エアーフロス ウルトラ使用時/2014年米国Gottenbos氏らの調査に基づく。実験的研究における効果。実際の口内での効果は異なる場合があります。