妊娠中の方へ

妊娠中の方、妊娠を計画中の方へ

健康的な食生活から適度な運動、そして十分な休息まで、あなたはおそらく身体に充分気をつけていることでしょう。でも未来のママの中には、適切なオーラルケアが妊娠中の健康に大きく役立つことを知らない方がまだ多いのです。

妊娠時の口内状況

妊娠中は、歯ぐきの出血や腫れが起こりやすくなります。これは、エストロゲンとプロゲストロンというホルモンの増大により血流が刺激される「妊娠性歯肉炎」と呼ばれる症状で、多くが妊娠3カ月以降に発生します。歯に歯垢がつきやすくなり、それが歯肉炎による炎症やその他の症状をさらに悪化させます。また、妊娠性歯肉炎時は歯ぐきが炎症を起こすだけでなく、プロスタグランジンというホルモンが生成されます。こうしたホルモンは、妊娠後期に高濃度で発生すると陣痛を誘発(※)。そのため、歯ぐきの炎症と早産の強い相関関係が研究者の間で問題視されています。

 

※歯とブラケットの間にブラシの毛先を無理に押し込まないでください。

2人のためのオーラルケア

妊娠中は疲れやすく、オーラルケアが大切なことを忘れてしまう女性もいるようですが、妊娠中こそ毎日の歯磨きとフロッシングが重要です。お口の健康がどれだけ重要なのかを知れば、オーラルケアを毎日しようという気持ちにきっとなるはずです。

ただし、体調によっては歯ブラシを口に入れるだけで気持ち悪くなってしまうこともあります。歯磨きがむずかしい場合は、

フッ素配合のマウスウォッシュ(デンタルリンス)の使用をおすすめします。

 

また、吐き気を押さえるために妊娠中の女性は1日中食べ物を口にすることも多いようですが、これも歯の健康に良くありません。特にソーダ、クラッカー、キャンディー、デンプンでできたスナックや粘りのある食べ物などの糖分を多く含むスナックや飲料は歯垢が歯につきやすく、

虫歯の原因になります。どうしても間食したいときは、かわりに歯ごたえのある野菜かフルーツを食べましょう。唾液の分泌を促し、

糖分や炭水化物などによって作り出された酸性の歯垢を中和してくれます。スナックを食べた後には、歯磨きをするか、少なくとも水でうがいをすることをお忘れなく。

お口を健康に保つには

口の中を健康に保つための習慣は、あなた自身の健康と、赤ちゃんの健やかな発育にとても大切です。以下のケアをおすすめします。

• 歯磨きを毎日2回以上、2分以上行って歯垢を除去しましょう。歯と歯ぐきの境目をブラッシングするよう心がけましょう。スマートタイマーがついたソニッケアーなら、米国歯科医師会で推奨されている2分間でしっかり磨けます。

 

• 毎日のフロッシングも大切です。歯ブラシの毛先が届きにくい部分、歯間部や歯と歯ぐきの境目の歯垢、細菌を効果的に除去し、口腔内の健康状態を向上させるでしょう。

 

• 定期的に歯科医院へ。歯周病チェックを受けましょう。半年に一度は口腔内の検査と洗浄のために歯科医院に行きましょう。

フィリップス オーラルヘルスケア

お口の将来を考えて[3分間の新習慣]

一緒に使って、より効果的なオーラルケアを!

徹底ブラッシング

歯にあてて少しずつずらすだけ

かんたん歯間ケア

歯間にヘッドを当ててワンプッシュ

フレックスケアー

プラチナ(電動ブラシ)

歯垢除去力10倍*1

 

エアーフロス ウルトラ

(電動デジタルフロス)

歯間の歯垢除去力

99.9*2

替えブラシは

3ヶ月で交換

 

 

※1 手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A, Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014
※2 エアーフロス ウルトラ使用時/2014年米国Gottenbos氏らの調査に基づく。実験的研究における効果。実際の口内での効果は異なる場合があります。