オーラルケアと健康

一生涯、歯を健康に


これまでは年を取れば歯が抜け、入れ歯をするのが当たり前だと考える人が多くいました。しかし、今は美しく健康な歯を生涯保ち続けることが可能です。健康な歯を保つということは、単に歯がきれいかどうかという問題だけではありません。歯と歯ぐきの健康を維持することは、全身の健康に影響を及ぼします。

お口の健康と身体の
健康の深いつながり

 

お口の病気は全身の健康にまで大きな影響を及ぼします。例えば、歯や歯ぐきを患うと、頭痛、顔面の痛み、不眠、食欲不振、気分の変化などを引き起こす場合があります。他にも、歯周病が糖尿病や心臓病など、多くの病気を悪化させるケースが報告されています。このように、歯と歯ぐきの健康には特別の注意を払う必要があるのです。ソニッケアーを使えば、より簡単に効果的なオーラルケアを行うことができます。健康維持のために、効果的なオーラルケアを毎日の習慣に取り入れてみませんか。

マウスマネジメントする理由

清潔感のある口元はビジネスにおいても重要なポイントです。

お口の健康に関する意識調査から導かれた、

マウスマネジメントする理由とは。

 

詳しく

 

ピックアップ

お口の健康と病気

意外に知られていない、お口の健康と病気の関係。歯周病だけでなく、心臓疾患、糖尿病の関係が伝えられています。

妊娠中の方へ

適切なオーラルケアが妊娠中の健康に大きく役立つことを知らない方がまだ多いのです。

口臭、着色…お口の悩みについて

毎日の丁寧な歯磨きやフロッシングが口臭を抑えるカギになります。

 

歯間ケアのすすめ

 

歯間を毎日きれいに

虫歯と歯肉炎予防のカギは、一日2回の歯磨きと1回のフロッシング。このふたつのケアを組み合わせることが、お口の健康を維持する重要なポイントです。

 

なぜ歯磨きだけでなく、フロスが必要なの?

歯の表面積の約50%は食べ物が詰まりやすい歯間だということをご存知でしょうか。歯ブラシの毛先が当たらない歯間は、歯垢、口臭、感染症の原因となるバクテリアの繁殖域。そこで、見えている部分の歯磨きだけでなく、歯間のフロッシングが重要なのです。虫歯や歯周病は放っておくと、歯肉組織や歯を支える骨にまでダメージを与えてしまいます。歯磨きとフロッシングの両方を日課にして、虫歯や歯周病を防ぎましょう。

歯間ケアには
エアーフロスがおすすめ

歯間洗浄が驚くほど簡単になった画期的な電動デンタルフロス「ソニッケアー エアーフロス 」。加圧した空気でミクロの水滴を噴射する独自発想により、歯垢や食べカスを除去します。  

フィリップス オーラルヘルスケア

お口の将来を考えて[3分間の新習慣]

一緒に使って、より効果的なオーラルケアを!

徹底ブラッシング

歯にあてて少しずつずらすだけ

かんたん歯間ケア

歯間にヘッドを当ててワンプッシュ

エアーフロス ウルトラ

(電動デジタルフロス)

歯間の歯垢除去力

99.9*2

替えブラシは

3ヶ月で交換

 

 

※1 手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A, Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014
※2 エアーフロス ウルトラ使用時/2014年米国Gottenbos氏らの調査に基づく。実験的研究における効果。実際の口内での効果は異なる場合があります。