使い方

3ステップでカンタン調理

Step1

粉を入れる *1

粉と水を計量カップ、キッチンスケールで量ります。カバーを開けて準備した粉を全量入れ、カバーを閉めます。

Step2

スタートボタンを押す *2

電源が入っていることを確認し、こね時間を確認し、開始/停止ボタンを押します。

Step3

液体を入れる *3

こね動作が始まったら、水などの液体をカバーの開口部全体に沿わせてゆっくり注ぎます。

Finish!

5分後、麺のできあがり
こね動作が終わるとお知らせ音が鳴り、製麺が始まります。付属の製麺用キャップを使用して、お好みの長さにカットしてください。
*1 水はまだ入れません。
*2 こね時間の基本設定は5分です。お好みや混ぜる材料によって、コシ調整ボタンを押して5、6、7、8分に設定してください。
*3 麺を受けるお皿やバットなどを準備してお待ちください。

使い方を動画で詳しく

ヌードルメーカーを使えば、約「10分*」で

おいしい麺のできあがり!

 

* こね時間設定5分で2人前(250g)を製麺する際の目安時間。

 1.6mm角麺を使用される場合は約12分かかります。

 

製品の購入はこちら

ヌードルメーカーを準備する

使い方動画

製麺方法

使い方動画

製麺用キャップを交換する

使い方動画

どんな材料を揃えればいい?

 

基本の材料は小麦粉、塩、水の3つ。

この3つに卵やスパイス、ハーブ、野菜ジュースなど、

手軽に手に入る材料で、カンタンに作れます。

 

麺の材料と生地

まずは、製麺キャップを決めましょう。  

 

製麺用キャップを取り替えるだけで、さまざまな形状の麺ができあがります。

2.5mm角

使用例:

うどん・つけ麺 etc

1.6mm角麺

使用例:

そば・ラーメン etc

1.6mm

使用例:

リングイネ・ラーメン etc

2mm

使用例:

パスタ・ラーメン etc

0.8mmシート

使用例:

餃子・ワンタン・ラザニア etc

操作パネルの解説

電源ボタン
ヌードルメーカー本体の「電源」をワンタッチでオン/オフできます。
追加製麺ボタン
製麺が完了したとき、生地が残っている場合は、「追加製麺ボタン」を押して、さらに製麺を行うことができます。
コシ調節ボタン
こね時間を4段階(5、6、7、8分)から選べるコシ調節ボタンです。基本設定は5分です。お好みや混ぜる材料によって、調節できます。うどんやパスタなどは、こね時間を増やすとコシが増します。
開始/停止ボタン
こね表示の点滅が開始されます。選択したこね時間からカウントダウンが開始されます。

おいしい麺の作り方

もっとコシのある麺に!
こね時間を変更することで、生地の混ざり具合、麺のコシを調節することができます。基本設定は5分になっていますが、コシ調節機能ボタンを押せば6、7、8分まで延長が可能です。お好みに合わせて調節してください。
できあがりの量
ヌードルメーカーでは、一度に1~2人分(粉250g)または3~4人分(粉500g)の麺を作ることができます。
ゆで時間

ゆでる時間は麺の形状によって異なります。


麺の材料と生地

保存
作った麺が余ってしまった場合は、打ち粉をして冷蔵庫で1日~2日保存が可能です。麺は食べやすい長さに切って1食分ずつラップして保存すると、調理するときにサッと使えて便利です。

後片付けもカンタン!ラクラク!

 

美味しい生麺を毎日楽しんでほしいからこそ、後片付けのことまでちゃんと考えました。

クリーニングキット付きで、カンタンお掃除

製麺用キャップにクリーニングキットをはめるだけで、手間なくカンタンお掃除。

 

※製麺キャップを冷凍庫に2時間ほど入れておくと、掃除しやすくなります。

丸洗いできるから、後片付けラクラク
面倒な洗い物も、丸洗い可能だから使用後はラクラク後片付け。

オリジナルレシピ

知る・楽しむ

製品一覧

製品の購入

 

ヌードルメーカーの価格チェック・お買い求めは

以下のオンラインショップまたはお近くの家電量販店へ!

アフターケア

もっと安心・快適にお使いいただくために。
My Philipsに登録するとその製品のサポート情報をご確認いただけます。
製品を購入されましたらぜひご利用ください。

フィリップス キッチン公式facebook

「いいね!」して最新情報を手に入れよう。

 

Facebookへ(外部サイト)

フィリップス キッチン公式インスタグラム

食に関すること、フィリップス製品のある暮らしをお届けします。

Instagramへ

フィリップス キッチンクラブ

メールで最新情報をお届け!健康で楽しい手作りを。

 

詳しく見る

フィリップス キッチン

 

日本のキッチンをもっと楽しく。

 

一覧を見る