病院のデジタルテクノロジー

ヘルスケアの効率性を高めるイノベーション。

アジア全域の経済発展は、地域を一変させ、インフラを大幅に改善しています。しかし、都市化の進行、人口急増に伴う需要、医療専門家の不足などが重圧となり、時には社会問題が発生する場合があります。その場合、デジタルテクノロジーだけが、こうした問題を解決する糸口となる可能性があります。特に、そのデジタルテクノロジーがヘルスケアの効率性を高め、コストを削減するように設計されている場合はなおさらです。

中国のような国では、医師個人に求められるヘルスケアの効率性に圧倒される場合があります。デジタルテクノロジーが医療世界を改革し、病院の効率性を大幅に改善するとフィリップスが信じている理由は、こうした点にあります。特に都市の人口が急増するにつれ、喘息や心臓病などの疾患だけでなく、肺癌、乳癌、大腸癌など、さまざまな種類の癌を診断される人たちがますます増えています。

30 年前は、これほど多くの患者はいませんでした。肺癌、乳癌、大腸癌など、すべての癌が増加しています。"

 

ワン・ウー教授

中日友好医院 放射線科 部長

重要なのは早期診断であり、もちろんミスを犯さないことでもあります。しかし医療の専門家たちは、こうしたことを、各患者に費やす時間によって阻害されてしまうことがあります。そのため、フィリップスヘルスケアは、デジタル X 線画像装置を開発しました。この装置は、医師が患者を最優先し、効果的かつ迅速に診断して治療するために必要な情報を、ほんの数秒から数分で提供することができます。 
ワン・ウー教授(中日友好医院放 射線科 部長)は、フィリップスの画像装置を使用することで、彼の仕事と患者の健康状態が一変したことを実感しています。「画像が鮮明であるほど、私の診断も明確になるのです。」と彼は語ります。

中国の都市人口は、過去 30 年間でどのくらい増加しましたか?

5 億人です。2030 年までに中国の都市部の人口は、中国の人口の約 70%、およそ 10 億人になります。引用:The Economist

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する