力を合わせて
心臓病と戦う

「Open Heart」は専門家が知識を共有する場を提供します。

現代では、多くの人が塩分、糖分、脂肪分の多い食事を摂り、運動不足の毎日を送っています。

ブラジルでは、このことが原因で数多くの人が心臓血管疾患を患っており、国内の死因の第一位となっています。また残念なことに、心臓発作で病院に運ばれても、最初に対応する医療スタッフが専門のトレーニングを受けていない場合もあります。

心臓専門医は、心臓の問題を診断して治療する方法を心得ています。でもすべての医師にこれができるわけではありません。彼らは心筋梗塞がどのようなものであるかを認識し、治療方法を学ぶ必要があります。”

 

Dr. Luiz Antonio Machado César

University São Paulo Medical School 教授

熟練の心臓専門医たちは、病院内に十分な数の専門医がいないことを認識していました。そこで「de peito aberto」、つまり「Open Heart」が生まれました。これは、サンパウロで開催された 2 日間のカンファレンスで、フィリップスが心臓専門医、一般開業医、衛生管理責任者と協力し、心臓血管疾患の早期診断のためのベストプラクティスを探求するフォーラムです。


Open Heart のプラットフォームを通じて集まった医療の専門家たちは、意見を交換・共有し、解決策として、教育こそが最も重要であるという結論に到達したのです。その結果、5,000 名を超える医師や看護師のためのトレーニングプログラムが開発されました。このプログラムには、遠隔治療や心臓血管の専門家たちがその知識と経験を共有するフォーラムなどが含まれます。

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する