白い歯と健康的な笑顔を手に入れる方法

口腔衛生を良好に保つための歯磨き。

歯と歯茎の健康を維持することは、心臓の健康にもつながります。デンタルケアの改善を具体的に取り上げたフィリップスの革新的な発想が、年齢や場所を問わず、人々に計り知れない影響を与えたのはこうした理由からです。

定期的な歯磨きが、良好な口腔衛生に不可欠であることは周知の事実です。しかし、人々の生活を本当の意味で改善するために、時にはテクノロジーの力が必要になる場合があります。ミハエル・ノアックは、デンタルケアと歯周病学を専門とするケルン大学の教授です。フィリップスソニッケアー電動歯ブラシの革新的な応用テクノロジーは、歯茎の保護と歯垢の除去を通常の歯ブラシよりもずっと効果的に行うため、両者の違いは明らかであると彼は語ります。

個人的な経験から言うと、フィリップスソニッケアーを使っている患者は、歯垢を簡単に除去できています。"

 

ミハエル・ノアック

ケルン大学 デンタルケアおよび歯周病学分野 教授

1980 年代に初めて開発されて以来、改良を続けてきたソニッケアー電動歯ブラシは、自宅でのデンタルケアを目的として設計されています。この製品は、フィリップスの代名詞となった有意義で影響力のあるイノベーションを具現化しています。シンプルな設計の創意に富んだイノベーションは、私たちの健康に本当の意味で変化を与えます。

70 %

口腔状態が不衛生な人は、1 日に 2 回歯を磨く人に比べて、心臓病にかかるリスクが 70 % 増加します。

 

引用:UCL Epidemiology & Public Health

電動歯ブラシで輝く笑顔を手に入れる方法

ハイテクの電動歯ブラシが心臓の健康を守る。

今の歯磨きが数年後の自分を救う

最高のイノベーションはいつの時代も有意義なものです。たとえば、歯を白くして歯茎を清潔に保つ画期的な歯磨き粉は、7,000 年以上も前から使われていたことが明らかになっています。今日、個人の健康にとって口腔衛生が重要であることは疑いのない事実です。そして、毎日の歯磨きと歯間清掃は、歯周衛生を良好に保つための第一歩として定着しています。口腔衛生と全身の健康との関連性は、長年にわたって疑問視されてきましたが、最近の研究の多くは、口腔疾患が次の 3 つの方法で全身の健康に悪影響を与える可能性があると結論付けています。1 つ目は、バクテリアとサイトカインの吸入、2 つ目は、歯肉疾患に関連する細菌の循環系を通じた体内への侵入、3 つ目は、歯周疾患による炎症です。
しかし、より良い口腔衛生を推進したいと考える医療機関などは、今も 1 つの難題を抱えています。それは、人々に歯周衛生を長期にわたって継続的に管理するように説得するのが決して容易ではないという事実です。若者が相手の場合、それは特に困難です。
そのため、特に口腔ケア装置メーカーにとっては、生活を一変するような実際に健康に役立つツールを消費者に提供する方法と、応用テクノロジーを通じて消費者がそうしたツールを日常的に使えるようにする方法を生み出すことが、イノベーションの真の課題となります。
たとえば、歯間清掃は、歯肉炎、虫歯、口臭を改善する効果があることが証明されています。しかし、人々が通常の状態で歯間清掃を頻繁に行っても、歯科衛生士が完璧な状態で歯間清掃を行った場合のような効果は生まれません。
消費者が自身で行う健康管理で効果を得られるように、証拠に基づいた情報を通じて、そこに至るまでのハードルを下げる方法を見つけることが重要です。たとえばフィリップスは、従来のデンタルフロスや歯間ブラシに代わる、効果的かつ効率的なものを特定する調査を通じて、人々が歯間清掃を困難で時間がかかるものと考え、怠りがちであることを発見しました。
その一方で、フィリップスの研究開発チームは、水の噴射を清涼感と結び付ける消費者心理にも気付きました。フィリップスソニッケアー AirFloss は、水滴を 45mph の速度でパルス状に噴射し、歯間を効果的に清掃します。このまったく新しい手動操作機器を生み出すには、さらなる研究と多くの技術革新が必要でした。研究では、通常の歯磨きだけを行う場合と比べて、最大 5 倍の歯垢を除去することが明らかになっています。最新のトレンドに応え、個人の歯周衛生に貢献するには、テクノロジーを賢く利用したこのようなタイプの製品が必要なのです。 

口腔衛生については、特に先進国において過去 10 ~ 15 年間に改善が進んだにも関わらず、最新のデータは、若者の口腔衛生に関するこの好ましい傾向が反転しはじめたことを示しています。その原因の少なくとも一部は、食生活の変化にありそうです。糖分の多い飲料の消費量が増加したことにより、歯のエナメル質がダメージを受ける機会が増え、そのことが新たな心配の種となっています。

 

引用:Brush now, win later - Philips/WSJ media partnership 2013

子どもは 5 歳頃までに初回の歯科検診を受けるべきです。正しいですか?

いいえ。 米国小児歯科学会は、1 歳までに初回の歯科検診を受けることを推奨しています。これは、米国小児歯科学会に相当する世界中の歯学団体や小児科団体の推奨内容と一致しています。引用:米国小児歯科学会。

フィリップスのライフスタイル製品をすべて表示する