私たちの生活に触れる光

教育と LED が国に与える活力。

未来を変えるのは、多くの場合、年長の指導者が見落としがちな内容を明確に理解できる新しい世代です。そのため、フィリップスでは、国がより地球にやさしく強力なライティング戦略を策定できるように、双対的なアプローチを展開してきました。

フィリップスライトがもたらす中東での革新的なパートナーシップは、子供と親の両方に刺激を与えています。アラブ首長国連邦では、全エネルギー消費量の 20% が照明に費やされています。最近の研究では、エネルギー効率の高い LED 照明システムを使用することで、企業、政府機関、一般家庭が 80% 以上もコストを削減できたことが報告されています。

私たちは、考え方を変えれば未来も変わると信じています。その出発点は子供たちです。”

 

アニッサ・アブー

フィリップス ライティング ミドルイースト ディレクター

第 1 段階として、未来を変える方法を学ぶ特別な教育プログラムを学校で実施しています。その内容には、LED に関する学習のほか、可能な時はいつでも照明を消したり、ドアや窓が空いている時はエアコンを消すように両親に勧めるなど、簡単な対策を学ぶことが含まれています。そして、第 2 段階として、フィリップスはドバイ市庁局と強力なパートナーシップを結び、政府関連施設のすべての照明を、環境にやさしい LED ライトに取り替えています。技術開発、教育、そして有意義なイノベーションに基づいたこのようなコラボレーションを、地域全体に浸透させることがその目的です。

照明が電力消費量全体に占める割合はどのくらいですか?

20 % です。この消費量は、全世界で原子力発電によって生み出される電力量に相当します。引用:国際エネルギー機関(IEA)

フィリップスのライティングソリューションをすべて表示する