ウガンダの乳児死亡率減少に貢献

手頃な医療費のヘルスケアが人生を変える。

ウガンダ政府の協力の下、フィリップスは NGO 法人の「イメージング・ザ・ワールド」社と連携し、ヘルスケアテクノロジーをシンプルにするための取り組みを行っています。

手頃な医療費の妊婦健診により、ウガンダのような発展途上国の乳児死亡率は減少する可能性があります。ウガンダでは、妊娠中と出産時に合併症が起こりやすく、母体死亡数は、生児出生数 100,000 人あたり 440 人です。

イメージング・ザ・ワールドの使命は、手頃な価格の超音波装置を辺境の医療施設に導入することです。そうすれば、誰もが質の高い医療を受けられるようになります。"

 

クリスティン・デスティガー博士

イメージング・ザ・ワールド共同創立者

この動画では、何百マイルも離れた遠隔地から読み取れる手頃な価格の超音波装置を導入することで、ウガンダ辺境に住む貧困層の母親でも妊婦健診を受けられるようになる例を紹介しています。こうした取り組みが妊婦の命を救い、地域の生活を一変することがあります。
たとえば、ウガンダの辺境に暮らすある女性は、双子を妊娠していることも、そのうちの 1 人がへその緒にからまれていることも知るすべがありませんでした。
このような状況は悲劇につながります。そして今も、多くの母親と乳児が、超音波装置などの適切な機器があれば簡単に見つけらる合併症によって死亡しているのです。フィリップスは、費用効果の高い超音波テクノロジーを提供することで、この問題に取り組んでいます。これにより、人里離れた診療所でも簡単にスキャンを実行し、携帯電話を通じてデジタル送信することで、より設備の整った遠隔地の医療センターで画像を読み取ることができます。イノベーションは、こうした地域に根差した視点から生まれるのです。そして、ウガンダの妊婦/乳幼児健診に関する重要な問題に対応したソリューションを可能にするのです。

555

ウガンダ辺境では、毎日 555 件の出生時合併症が発生しています。ウガンダでは、毎年 6,000 人の女性が妊娠合併症によって死亡しています。放射線科医は国全体でたった 34 人しかおらず、その 70 %は都市部で暮らしています。

 

引用:Philips Imaging the World

変化を生みだす

 

アルフォンサス・マトブ医師は、ウガンダにあるカムリ病院の一般外科医兼院長です。彼は、イメージング・ザ・ワールド社のプログラム・ディレクターでもあります。彼の仕事が困難である理由と、それを支援するフィリップスの取り組みをご紹介します。

ウガンダは、乳児死亡率が世界で上位の国の 1 つです。正しいですか?

はい。ウガンダの乳児死亡率は、生児出生数 1,000 人あたり 60.82 人です。引用:CIA:World Factbook

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する