ライトで光輝くコミュニティ

LED が都市のアイデンティティを再び築く方法。

メキシコ湾に位置するテキサス州の港湾都市コーパスクリスティは、湾を横断する見事な鋼鉄製の下路アーチ橋に常に見守られてきました。

地元で育った人間にとって、コーパスクリスティのハーバーブリッジは常に存在する背景でした。アイデンティティの形成を助け、幅広い愛情と尊敬の対象となる存在だったのです。しかし、厳しい時代の流れと共に、ハーバーブリッジの光は消え、夜のランドマークは姿を消しました。

橋は私達にとって特別な存在なのです。住民達は今、誇らしい気持ちで橋を眺めています。環境効率が向上しただけではなく、今後はコスト効率も向上するでしょう。”

 

ネルダ・マルティネス

コーパスクリスティの市長

幸運なことに、省エネ型で環境にやさしい何千個もの LED のおかげで、橋は光を取り戻しました。むしろ以前とは比べものにならないほど鮮やかに蘇ったのです。市当局とフィリップスが協力して取り組んだ建造物に光を取り戻す魅力あふれる新しいプロジェクトは、コーパスクリスティのハーバーブリッジを生きた芸術作品として扱うことで、そのイメージチェンジに一役買いました。フィリップスは、個別の要件に応じた LED ライトで都市の空間を一変させただけでなく、この宝石のようなインダストリアルデザインを、新しい 21 世紀の装いで見せる活気あふれる名所を作り出したのです。今は、先端技術を駆使した美しく刻々と変わるさまざまな色のライトが橋の輪郭を縁取っています。橋そのものの魅力が観光名所を作り出し、地域を活性化したのです。コーパスクリスティのハーバーブリッジは地元の人間にとても愛されているため、ある地元の写真家は、この橋をドラマチックな屋外スタジオとして利用することで、仕事を成功に導いています。

11,000 個

の個別に対応可能な色が移り変わるノードを、Pharos LPC X LED 照明コントローラーを使用してすべて制御できます。

 

引用:Philips

新しい道を照らす

 

フィリップスとのパートナーシップに尽力したコーパスクリスティ市長、ネルダ・マルティネス氏は、ハーバーブリッジに導入されたフィリップスライトを見て顔を輝かせています。彼女は名誉ある「ファースト」の称号も授与されています。クリックすると、その詳細と彼女が市長を務める都市について詳しくご覧になれます。

フィリップスのライティングソリューションをすべて表示する