個別化医療の未来

病院のインフラにかつてないほど負担がかかったときに、いかに医療サービスを高齢者に同時に提供していくかという問題は、21 世紀のヘルスケアにおける主な難問の 1 つとなっています。フィリップスとバナーヘルスは、この問題に対処するために、革新的なソリューションの発見と構築を可能にするプログラムを導入しました。

個別化医療のパイオニア

 

結婚生活 64 年になるヘレンとラルフ・マクカーディ夫妻は、多くの慢性疾患を抱えながら生活しています。彼らは、フィリップスと、アリゾナを拠点とするバナーヘルスの支援により、自宅を離れずに可能な限り最善の治療を受けることができています。

自宅で快適に治療

老夫婦が共に暮らすことを可能にする革新的な遠隔治療をご覧ください。

高齢化は新しい現実

 

マクカーディ夫妻は、高齢化する新しい世界人口の最前線にいます。こうした世代は、今もアクティブで活力があり、通常の暮らしを可能にするヘルスケアシステムを強く求めています。WHO 事務局長のマーガレット・チャンは、「さらに高齢化が進むことが新しい現実となりつつあります」と語ります。

= 65 歳を超える高齢者
= 子ども

高齢者の人口は、2047 年に初めて子どもの人口を上回ると予測されています。

50 歳を超える成人のうち、生涯を通じて長期介護が必要になると思う人の割合はわずか 37 %でしたが、現実的には 70 %の人々がそれを必要とすることになります。

成人している子供に長期介護に関する自分の方針を伝えている人はわずか 20 %でした。

Health and Retirement: Planning for the Great Unknown(メリルリンチ)

ヘルスケアの課題

 

フィリップスは、世界中の利害関係者とパートナーシップを結び、人々に最善の治療を提供する一方で、専門家が自分たちのリソースと予算を最大化できるような革新的な方法を開発しています。この取り組みは、遠隔治療テクノロジーを活用して自宅にいる患者の健康状態を観察し、患者と医療スタッフを直接結びつけることで達成できます。

システムを利用する患者の上位 5 %は、時間、お金、人など、多くのリソースを使用しています。”

 

エドワード・ペリン医学博士

Banner iCare、バナーヘルス医療センター

アプローチを再考

フィリップスが設立した Aging Well Think Tank(エイジングウェルシンクタンク)では、老化を単に必然的に衰える時期と捉えるのではなく、有意義なヘルスケアイノベーションによって豊かさを維持できる時期と捉えています。人々の日々の暮らしにテクノロジーを導入するという、ヘルスケアへの新しいアプローチを構築する機は熟しています。
たとえば、患者が病院へ行くのではなく、病院が患者を訪ねることはできないか。これが少なくともフィリップスのイノベーターたちが、社会の自給自足ケアを一変するために遠隔治療テクノロジーの開発を開始したときの理論でした。今日ではそのテクノロジーが、医師や看護師が自宅にいる患者の経過を追うことを可能にしているだけでなく、人々がより長く充実した人生を送るための予防装置にもなっています。

これが未来のケアです。これまでどこにも存在しなかった素晴らしいケアモデルです。”

 

エドワード・ペリン医学博士

Banner iCare、バナーヘルス医療センター

フィリップスの革新的な「病院と自宅間」システムは、大容量の複雑なデータセットの監視、保存、分析が可能な、高度なクラウドベースのテクノロジーを活用しています。このシステムでは、患者に自分のヘルスケアを管理および改善するように積極的に推奨(およびその手段を提供)する一方で、専門家の時間を確保して、多くの患者を効率的に治療できるようにする必要があります。

仕組み

 

フィリップスとバナーヘルスのプログラムで導入された遠隔治療システムは、実に先駆的なプロジェクトです。

患者は、ネットワーク化されたフィリップスのテクノロジーを利用して、自身の健康状態を自宅で測定できます。
データは Banner 遠隔医療センターに直接送信されます
患者の状態に変化があると、ソフトウェアのインターフェイスを通じて医師と看護師に通知が届きます。
タブレットベースのシステムにより、医師と看護師は、ビデオで患者と直接対話できます。

ラルフと一緒に自宅で過ごせて幸せです。緊急事態のときは、ボタンを押すだけで Banner iCare の担当者がすぐに対応してくれます。”

 

ヘレン・マクカーディ

バナーヘルスの患者

在宅での患者ケア

在宅ケアによって生活が向上した患者と専門家の声をお聞きください。

医師の観点


ペリン医師は、これが高齢社会を前進させるための方法であると確信しています。「数多くのフィリップステクノロジーで増強されたチームの力により、問題を素早く見つけて迅速に対応できるようになり、最終的には患者自身の生活を快適にすることができました。」

ダイナミックなプログラム

Banner iCare とフィリップスが最善を尽くして患者をケアします。

当社の観点

 

フィリップスは、このような個別化医療(人々が自身の健康状態を自宅で快適に管理できるようにサポートするプロジェクト)が、自立した生活を維持しながら、より高レベルの医学的管理を必要とする世界中の高齢世代のお手本になると信じています。

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する