家族を中心に考えたケア

新生児 ICU では、乳児とその両親に適した個別のケアが必要になりますが、すべての病院がそれに対応しているわけではありません。眩しい照明と大音量が溢れる新生児 ICU は、乳児の未熟な脳に悪影響を与え、その後の成長を変えてしまう恐れがあります。この外傷的体験は、数日から数週間、さらには数か月にわたって続く可能性があります。しかし、乳児とその家族の両方にとって、この状況を改善する革新的なヘルスケアソリューションが存在します。

集中治療がどのようなものであるかは、実際に体験するまで十分に理解することはできません。”

 

新生児の母親

マンジャガッリ病院

生と死の間をさまよい悪戦苦闘する場所から、日常生活のリズムを順守する場所へと、現場一変させることが非常に重要なのです。”

 

ファビオ・モスカ教授

マンジャガッリ病院/新生児集中医療室部長

Focus on the family

家族を重視

家族の居場所の作り方によって病院体験は改善します。

早産

 

出産予定日前(37 週の妊娠期間が終わる前)に生まれる新生児は毎年約 1,500 万人に上り、この数は増え続けています。

早産の合併症によって死亡する 100 万人の子供の 75 %は、医療介入によって生存できる可能性があります。

早産出生率は、184 カ国にわたって 5 %から 18 %へと増加しています。

生存率が重要 

家族中心ケアの必要性を、病院の新生児 ICU の信条として制定化することにより、未成熟児の生存率は大幅に向上するとフィリップスは信じています。しかし、これを実現するには、ヘルスケアテクノロジーだけではなく、フィリップスが提供する適切なトレーニングとサポートが確実に必要になります。

乳児は胎内で騒音と光から守られていました。そのため、できるだけそれに近い環境を作る必要があるのです。”

 

ファビオ・モスカ教授

マンジャガッリ病院/新生児集中医療室部長

フィリップスの照明システムは、新生児と母親のためだけではなく、家族中心のケアを実現するために存在します。フィリップスは、こうしたつながりを築き、医療を個別化することで個人にとってさらに有意義な環境を作り、人々がより健康な生活を送るための支援を提供しています。患者は家族全員です。家族中心のケアを目的として家族全体をケアすれば、新生児の看護に十分に気を配ることができます。

照明がもたらす変化

 

フィリップスは母親と新生児をサポートする照明システムを開発しました。保育器内の乳児のニーズはそれぞれ異なりますが、通常、ICU には部屋全体で 1 つの照明スイッチしかありません。マンジャガッリ病院のシステムでは、医療スタッフが処置を行う場合は明かりを強くし、それ以外の場合は明かりを弱くして、照明を調節しています。

家族中心のケア

未成熟児とその家族のためのより良い NICU 環境を構築。

監視装置とトレーニング

 

テクノロジーを提供したらそれで終わりではありません。フィリップスでは、全医療スタッフが新生児医療のためのハイテク機器を扱えるように、適切なトレーニングを定期的に受けることを義務付けています。

母親の気持ちを明るくする

 

また、フィリップスは病院と連携して母乳指導室を改装しました。操作が簡単な新しいシステムには、母親がリラックスした状態で母乳を出せるように、より柔らかで穏やかな照明を採用しています。

Better breastfeeding

快適な授乳

マンジャガッリ病院の母乳指導室を成功に導いた背景。

母乳 – 生命を維持する栄養

 

搾り出した母乳は、自然に吸入する能力が未発達の未成熟児にとって不可欠なものです。乳児にとっての母乳の重要性は、必須栄養素としても軽視することはできません。母乳は、免疫システムを作り出す抗体を提供します。これは乳幼児にとって特に重要なものです。クリックすると、詳細をご覧になれます。

健康への影響

 

照明には、私たちの健康を強力に回復させる効果があります。特定の色合いが与える影響を、私たちはようやく理解し始めました。病院は人が最も不安で弱くなる場所ですが、この効果はこうした場所で特に重要となります。このようなテクノロジーを、さまざまな年齢層や特別治療室のために開発できる可能性は大きく広がっています。

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する