ビジネスの未来の形

循環型経済は、天然資源などの素材をより効果的に使用することで、天然資源や自然の生態系の利用と経済成長を切り離すことを目的としています。これは、材料、部品、製品の再利用の分野におけるイノベーションと、新たなビジネスモデルの構築を促します。循環型経済では、材料を効果的に使えば使うほど、コスト削減、新市場の開拓、既存市場の発展につながり、さらなる価値が生み出されます。

「自然界で何か 1 つを引っ張ってみると、世界全体がつながっていることがわかる」

 

ジョン・ミューア(1838~1914)

スコットランドの自然保護主義者

スコットランド人の自然保護主義者ジョン・ミューアのこの言葉は、相互につながる再生可能な世界を表しており、作り出されたものすべてが他の何かの栄養素になることを示しています。これは、ビジネス界で急速に力を増すための新しいビジネスモデルである循環型経済も適切に表現しています。
循環型経済は、原材料と製造物を生産ループの中で可能な限り長く循環させることで機能します。その目的は、産業システムからムダをなくし、限りある埋蔵資源への依存度を低下させることにあります。これにより、企業は新たな価値の源を確保できるだけでなく、長期にわたり持続可能な繁栄をもたらす、回復力の高い市場やサプライチェーンも構築できます。
この経済原理は、多くの調査で実証されています。World Economic Forum、Ellen MacArthur Foundation、McKinsey による調査では、この循環型への移行が世界経済に 1 兆ドルの効果をもたらすと示唆しています。このように、従来の「作っては捨てる」直線型経済から循環型経済に移行することは、企業にも消費者にも大きなチャンスとなるのです。
Waste & Resources Action Program が実施した調査では、循環型により、EU 全体の貿易収支が 900 億ポンド増加し、資源回収部門で 160,000 人の雇用が生まれることがわかっています。

循環型ビジネスモデルは、物理的な再配置や古い製品の転用により新たな需要に対応できるようにして、資源の回復力を向上させるためのものです。再利用や再製造などの活動は、原材料の元の価値を維持するだけでなく、従来の製造やリサイクルよりもエネルギー不足や水不足の発生を抑えることもできます。
この代表的な例が iPhone です。最近の調査によると、中古の iPhone の価値は新品当時の 48% であるのに対し、リサイクルした部品の価値はわずか 0.24% しかありません。他の製品では、このような良い結果は得られないかもしれませんが、それでも再利用品の価値は非常に高くになります。大量の繊維を再利用すると元の価値の 9.6% になるのに対し、リサイクルすると 0.4%、中古自動車の価値が元の 5.3% の対し、リサイクルしたパーツの価値は 1.5% です。
循環型経済は、国内外の両方で産業競争力を向上させ、雇用を創出します。また、資源生産性も大きく向上し、長期にわたって天然原料に依存することも少なくなります。Waste & Resources Action Program(WRAP)が実施した調査から、循環型により、EU 全体の貿易収支が 900 億ポンド増加し、資源回収部門で 160,000 人の雇用が生まれることがわかっています。
循環型への移行は、消費者にもメリットがあります。付加価値のあるビジネスモデルを構築すると、購入する製品やサービスとの消費者の関わり方も変化します。顧客に製品の所有権でなく利用権を提供すると、手頃で持続可能な消費が実現し、ブランド評価と顧客ロイヤルティーが向上します。資源の使用に深い関心を寄せ、技術革新に積極的な企業は、この取り組みに既に乗り出しています。

循環型設計

循環型経済において、設計は極めて重要な役割を負っています。企業は、設計者と連携して、ライフサイクルに考慮しながら新たな設計の製品やサービスを開発する必要があります。この場合、原材料の専門家、薬品の科学者、メーカー、リサイクル業者などの主要関係者グループと幅広くコラボレーションすることが多くなります。Great Recovery プロジェクトでは、循環型経済に適した設計モデルとして、寿命を延ばすための設計、リース/サービスのための設計、製造で再利用するための設計、資源を回収するための設計を提唱しています。
このような設計モデルを支える資源循環システムも、できれば同じタイミングで設計し直す必要があります。部品を効果的に回収できる回収メカニズムが存在しなければ、分解可能な製品を設計しても意味がありません。これを実現するには、廃棄物をなくす設計を奨励する新しい政策や市場のテコ入れが必要なだけでなく、サプライチェーン全体の透明化を図り、耐用年数を経た製品や原材料を効果的に追跡して回収できるようにする必要もあります。次に、持続可能な消費の促進につながる設計の例を 3 つご紹介します。 

完全循環型の椅子

オフィス家具メーカー Orangebox の設計理念は、少ない原材料で、再製造に向けた分解と回収が容易な耐久性の高い製品を作成することです。主力製品である ARA は、完全循環型の原則に従っており、閉ループ式製品サイクルを効果的に作り出しています。
実際、ARA チェアの製造に使われている原材料の 98% はリサイクル可能です。完全循環型という原則のもと、各原料化合物は、耐用年数を経た後に再び生産サイクルに取り込まれて、新しい高品質製品を確実に製造できるものでなければなりません。また、このような原材料は、空気中に放出されても人体や環境に悪影響を与える有害物質を発生させないものである必要もあります。
この椅子や他の製品に使われている原材料の価値を最大限に高めるため、Orangebox は、ウェールズ北部にある自社の製造工場にリサイクル施設を設け、顧客に回収サービスを提供できるようにしました。中古製品は自社の運搬車が回収し、再利用や改修が不可能な製品は、分解され、原材料がリサイクルに回されます。

布地の選択的分解

Wear2 は、使用済みの衣服を選択的に分解できる布地処理テクノロジーです。メーカーは、このテクノロジーを使うと、ファスナー、ラベル、ボタン、ロゴ、ブランドなど、将来的に衣服から取り除きたい部分をデザイン段階で特定できます。つまり、このような部分が企業の衣服やユニフォームから取り除かれるので、衣服を再利用や再販できるようになります。
このテクノロジーは、C-Tech Innovation、リーズ大学、Royal Mail Group、布地のリサイクル業者である Oxfam Waste Save などの組織連合と、Technology Strategy Board の共同出資により開発されました。使用する素材は、マイクロ波放射線を当てると抗張力を失う点以外は、従来の糸と変わりません。これにより、分解が簡単になり、布地に跡も残らなくなりました。
Wear2 に関わった開発者によると、効果的に分解するテクノロジーや使用済み衣服を処理するデザインプロトコルが存在していないと、利益性が高く持続可能な衣料品事業の妨げになります。また、このテクノロジーにより、毎年廃棄される大量の衣服を再処理できるので、繊維業界の新たな収入源になるとも主張しています。
実際、ARA チェアの製造に使われている原材料の 98% はリサイクル可能です

独自のスマートフォンを作る

Phonebloks は、レゴブロックのようなスマートフォンです。ユーザーは、スマートフォンを下取りに出したり廃棄するのではなく、モジュール式のモバイルプラットフォームの中でパーツを交換したりアップグレードできます。つまり、取り外し可能なブロックを使って、既製の電話をカスタマイズしたり、パーソナライズしたりして、全体の寿命を延ばすことができるのです。各ブロックは、簡単に交換できるようにデバイスの基盤に接続されています。これは、テクノロジーが進化すれば、身近な電話も進化するという考えに基づいています。
Phonebloks の発案者である Dave Hakkens 氏によると、スマートフォンは、バッテリー、画面、カメラ、高速プロセッサーなどのパーツの 1 つが故障したか、使用目的を満たさなくなると、通常、廃棄されます。そのため、個々のパーツを交換またはアップグレードできることが、寿命を延ばすことにつながります。ユーザーがパーツの種類やブランドを自由に選択できたり、自分自身でデザインできれば、寿命はさらに延びていきます。システムは、オープンプラットフォーム上に構築されるので、設計者、研究者、開発者、投資者、ブランドが共同で開発できます。
現在、Phonebloks は、Motorola と組んで構想をさらに練っています。Motorola も、モジュール式スマートフォンの研究に取り組んできた企業です。まもなく、初の試作品が登場する見込みです。
Phonebloks は、レゴブロックのようなスマートフォンです。ユーザーは、モジュール式のモバイルプラットフォームの中でパーツを交換したりアップグレードできます。

転用

転用とは、廃棄物を高品質で環境的価値がある新しい原材料や製品に作り替えるリサイクル処理です。専門的にはアップサイクリングとも呼ばれます。アップサイクリングは、従来のリサイクリング(またはダウンサイクリング)とは異なり、元の材料組成の価値を下げないので、再利用オプションに近いと考えられています。また、原材料の最適化を重視した技術なので、循環型経済環境で支持されています。次に、従来の廃棄物の流れに付加価値を与えて、廃棄物を他の用途に使用できる優れた原材料に変える例を 3 つご紹介します。

ファッショナブルな消防ホース

 

ファッションブランドの Elvis & Kresse が、廃棄する消防ホース、オークションバナー、軍事用パラシュートのシルクなどの産業廃棄物を回収して、ベルト、バッグ、財布などの高級装身具にアップサイクリングするビジネスモデルを構築しました。この企業は、消防署などの公共機関、製造業者、小売業者と協力して、無料の原材料である廃棄物を利用し、その代わりとして利益の 50% をチャリティーに寄付しています。

 

転用とは、廃棄物を高品質で環境的価値もある新しい原材料や製品に作り替えるリサイクル処理です。専門的にはアップサイクリングとも呼ばれます。

 

ほとんどの原材料は、洗浄してから新しい製品に作り替えられます。たとえば消防ホースは、磨かれて、鮮やかな赤色のゴムとナイロンのコアがむき出しになった状態から、カットされ、リベットで留められ、縫い合わされてベルトになります。現在リサイクルされていない珍しい原材料の利用法を見つめるという Elvis & Kresse の決断により、2007 年の設立以降、およそ 250 トンの産業廃棄物が廃棄場行きを免れています。

 

Elvis & Kresse は、現在、事業拡張と家庭用品などの新規市場への参入を計画しています。また、アップサイクリング処理で出た残材を新製品に組み込んで、廃棄物をさらに減らす取り組みも行っています。

トマトベースの自動車部品

 

Ford と Heinz は、自動車部品用の新しい複合材料のベースとして廃棄するトマトの皮を使用できるかどうか、その実現可能性を調査しています。Ford の研究者は、トマトの繊維の耐久性をテストして、配線用のブラケットや収納ケースに使用できるバイオプラスチックになるかどうかの確認を進めています。

 

Heinz では、トマトケチャップ製品の製造で使用する年間 200 万トンものトマトから出る皮、茎、種をアップサイクリングおよび転用するための斬新な方法を探ってきました。Ford とのコラボレーションにより、この問題を解決できるかもしれません。この研究は、まだ初期段階ですが、テクノロジー変換プロセスの有効性は実証されています。

 

この実験は、Ford において、持続可能で軽量な植物由来のプラスチック複合材料を開発して製造工程での石油化学製品の使用を削減する大規模な取り組みの一環として進められています。バイオ素材には、現在、もみ殻から作った電気部品用のカウルブラケット、大豆から作ったシートクッション、セルロース繊維で強化されたコンソール部品などがあります。

漁網から床材へ

 

廃棄された漁網が、Net-Works というプロジェクトのもと、カーペットタイルに生まれ変わっています。このプロジェクトは、Zoological Society of London、Project Seahorse Foundation for Marine Conservation、糸メーカーの Aquafil、カーペットメーカーの Interface が共同で進めています。目的は、海洋廃棄物の削減だけでなく、海沿いの世界的な最貧困地域にある漁場に新たな収益源を提供することにあります。

 

漁網はナイロン製なので、カーペット用の糸を製造する最適な原材料になります。Interface は、この廃棄物を回収することが、包括的な閉ループ型ビジネスモデルを確立する機会になると考えました。そこで、糸メーカーの Aquafil とともにアップサイクリング処理を実現して、漁網に限らず、使用済みカーペットの繊維や産業廃棄物の端切れからも廃棄ナイロンを回収し、元の繊維と品質も性能も変わらない 100% リサイクルナイロンを製造できるようにしました。

 

Net-Works プロジェクトの初の試験プロジェクトは、2012 年、フィリピンのダナジョンバンクに近い 4 つの漁場で始まりました。最初の 1 か月で、再処理用の網を 1 トン回収しました。その後、プロジェクトが拡張されて、参加する地元コミュニティの数も増加しています。さらにインドや西アフリカなどの他の地域にも拡大したいと考えています。

 

循環型経済では、物理的な原材料の共有に重点を置き、消費者が製品を完全に所有するのではなく、使用することで得られるメリットに代金を支払うという、互いに連携した消費形態を取ります。この形態で企業は、リースや使用契約を通じて製品の使用権を販売するので、製品のライフサイクル全体を通して所有権を維持し、メンテナンス、修理、再利用を通じて製品の性能を拡張できます。

共有

製品のカテゴリによっては、サービスベースで提供した方がメリットが得られる可能性が高くなるものがあります。Guardian の最近の調査によると、大多数の経営者(66%)が、製品サービスモデルによって最高の価値が得られるものとしてテクノロジー系ハードウェア/機器を挙げており、続いて電気電子機器(56%)、車/タイヤ/部品(51%)を挙げています。興味深いことに、これら 3 種類は、消費者からもサービスとしての利用が最も望ましい製品カテゴリとして挙げられました。
製品サービスモデルには、使用ベースの課金制、レンタルや共有、リース、共同出資/共同利用など、さまざまな形式があります。

電球ではなく照明を販売

フィリップスでは、既に照明をサービスとして販売しています。顧客は、物理的な電球や照明設備ではなく、光出力の測定値である光束強度に対して代価を支払っています。National Union of Students(NUS)、Washington Metropolitan Area Transit Authority(WMATA)などの顧客は、当社の「ルクス単位の支払い」ソリューションで大幅な省エネを実現しています。
ロンドンにある NUS のオフィスには、フィリップスの LED 照明器具が定額リースで取り付けられています。NUS が予定のエネルギー使用量を超えると、フィリップスからキャッシュバックがあります。これは、フィリップスにとって、可能な限りエネルギー効率の高いサービスを提供するための金銭的な刺激となり、顧客にとっては、先行投資が不要で、一定期間(この場合は 15 年間)料金が固定という安心感につながります。
フィリップスは、個々の顧客に向けてカスタマイズしたソリューションも開発しています。WMATA に対しては、エネルギー消費量を年 68% 削減して二酸化炭素排出量を 11,000 トン減らすために、13,000 台を超えるガレージの照明器具を LED 照明に変えました。多くの都市では、先行投資額が原因で、エネルギー効率の高い LED への切り替えが進んでいません。しかし、この方法だと先行投資が不要なうえに、実績ベースの 10 年メンテナンス契約でサポートされます。結果的に、WMATA はメンテナンス費用も 600,000 ドル節約できる見込みです。
フィリップスでは、製品サービスモデルの開発をさらに進めています。このような方法が強化されれば、まったく新しい照明購入方法が確立されるかもしれません。
Guardian の最近の調査によると、大多数の経営者が、製品サービスモデルで最高の価値が得られるものとしてテクノロジー系ハードウェア/機器を挙げています。

ジーンズのレンタル

Lease A Jeans は、Mud Jeans が提唱しているファッション構想です。ユーザーは、ジーンズを 1 年間レンタルでき、1 年経過後は、そのまま使用するか、交換するか、返却することができます。リース契約が終了すると、返却されたジーンズは再処理されて、すべての原材料とリサイクル繊維から新しい衣服が製造されます。
この企業の目的は、所有ではなく使用に基づく循環型ファッション産業を構築することにあります。リース期間中、ユーザーは修繕サービスを無料で利用でき、ジーンズを返却しないことを選んでも、着古した後にリサイクル目的で返却できます。Mud Jeans は現在、パーカーなどの新しいアパレルラインを作るためにいくつかの原材料を回収しています。
この企業は、先日、持続可能な衣服を購入する消費者がどの程度いるのか確認するために調査を実施しました。約 800 名に Mud Jeans のジーンズに応札する機会を与え、持続可能を示すロゴとリース契約を示したジーンズと、そうでないジーンズを提示しました。その結果、リース可能な製品を購入する意思のある人が、従来のファッションを選んだ人よりも 12% 多くいました。
この企業の目的は、所有ではなく使用に基づく循環型ファッション産業を構築することにあります。 

手頃なキッチンリース

スウェーデンの小売大手 IKEA が、サプライチェーンの原材料のループを閉じるために、持続可能性を幅広く推進する取り組みの一環として顧客へのキッチンのリースを検討しています。長期リース契約の一部としてキッチンを手頃な料金で提供し、耐用年数が過ぎた後に顧客から製品を回収して再利用やリサイクルすることを考えているのです。
IKEA のチーフ持続可能性担当者である Steve Howard 氏は、このような活動により、小売分野でよりスマートな消費、つまり所有することに執着しない消費が広まるであろうと公言しています。IKEA は既にフランスで「Second life for furniture(家具の第 2 の人生)」キャンペーンを開始して、顧客に中古または不要な家具を持ってきて店内で再販するよう呼びかけています。このキャンペーンは最初の 2 か月で成功が確実になり、参加 28 店舗のうち 24 店舗が引き続きこのサービスを提供しています。
スウェーデンの小売大手 IKEA が、サプライチェーンの原材料のループを閉じるために、持続可能性を幅広く推進する取り組みの一環として顧客へのキッチンのリースを検討しています。

壁を撤廃

循環型経済への移行は、まだまだ初期段階です。業務システム全体が循環型になる必要がありますが、実現すると、規制、コラボレーション、管理、サプライチェーンの力関係、データの透明性、文化的習慣に関わる矛盾する問題が解決することになります。移行実現を妨げる明らかな壁の 1 つが、製品の回収手段と副産物を再利用する産業基盤が整っていない点です。この問題は、Guardian の調査に回答を寄せた企業において、循環型を達成するうえでの難点ととらえられています。
国内外のリサイクルシステムを改革して原材料の回収と再処理の効率化を可能にし、再製造の価値を高める機会を創出できたケースが確実に存在しているので、新しいバリューネットワークも構築する必要があります。このバリューネットワークは、インテリジェントなリバースロジスティックスと製品/原材料を最大限活用するための管理がベースとなり、前述の新たなビジネスモデルをサポートするものです。
企業自体も、この移行を成し遂げる自信が完全にあるわけではありません。Guardian の調査の回答では、第 2 の壁として循環型経済への移行方法に関する知識の不足が挙げられています。特に、会計、財務モデリング、マーケテイング、価値の創出に関して不安があるとのことです。
これは、循環型経済をビジネス基盤と結びつけ、組織の日常業務に関連付ける必要があることを強く示しています。従業員に対しては、適切な説明を行い、賛同を得ることが極めて重要になります。これは、最近の調査でも裏付けられています。製造業では、製品と一緒に付加価値サービスを提供するサービス化が進む傾向にありますが、これは、循環型経済を普及させる良いきっかけとなります。
Guardian の調査では、循環型製品の方が高価になることが多いという事実を踏まえ、多くの企業が、少なくとも短期的には、循環型製品に対する消費者の需要があまり高まらないと感じていることも強調されています。このような市場のけん引力の弱さは、マイナス要因になります。企業は、魅力的なブランドを提案する方法を見つけ、顧客と消費者の両方に広くアピールする必要があります。
サプライチェーンにも大きな課題があります。グローバルなサプライチェーンの場合は、特に大きな課題です。循環型原材料のフローを組み込んで、新たなシステムの再設計に必要なレベルのイノベーションを進めなければなりません。1 つの企業なら、直接取引しているサプライヤーはもちろん、サプライチェーンのさらに上流または下流のサプライヤーと、相互に利益をもたらすやり取りや必要な種類のデータの収集を開始しても、ほとんど影響がないかもしれません。
企業は、イノベーションに対するニーズが高まると、従来の関係者コミュニティ以外にも目を向け、クリエーター、システム思考者、未来学者などの型にとらわれない人たちとも関わっていかなければならなくなります。
循環型の回復可能な経済を実現する最も効果的な方法の 1 つが、発想の転換です。発想の転換は、教育から生まれます。

次のステップ

循環型の回復可能な経済を実現する最も効果的な方法の 1 つが、発想の転換です。発想の転換は、教育から生まれます。経済モデルを見直すには、システムを再編成するだけでなく、ビジネスモデルを再定義する必要もあります。たとえば、メーカーや小売店は、自社を製品の単なるメーカーや販売店と考えるのではなく、サービスに関わる共同作業者であり提供者であると考える必要があります。
幅広いレベルで、新たなスキル、特に STEM(化学、技術、エンジニアリング、数学)の分野のスキルが必要になります。新たなスキルを身に付けるには、循環型経済を国レベルのカリキュラムにすることが重要です。Aldersgate Group などの評価の高いシンクタンクでは、児童や生徒が製品設計、テクノロジー、原材料、エネルギーの流れについて考えて「システム全体」を理解できるようになるため、教育改革を行うことを求めています。
この状況に対処するため、Ellen MacArthur Foundation(EMF)では、中等学校と大学で教育プログラムを実施しています。これは、教育者に向けたツールであり、STEM や創造性の高い教科をつながりを持たせて教授できるようにするものです。昨年、ブラッドフォード大学が、循環型経済についてわかりやすい学問的枠組みを求める声が高まったことから、EMF と大手企業の協力を得て世界初の循環型経済の修士課程を発足させました。
世界の指導者の間では、この動きを世界に広める、国際的なコラボレーションの必要性も急速に高まっています。各企業の取り組みを調整して、政策の介入により循環型製品やプロセスが効率よく奨励されるようにするうえで、重要な役割を担っているのが政府です。遠方の地域と原材料を取引する場合は、市場で問題が発生しないように地域特有の政策を調整することも重要です。
廃棄物抑制目標、エコデザインや産業共生に対する報奨金、循環型製品/サービスの国際的な基準の策定などは、法的な面からの促進剤となります。European Commission が策定した循環型経済の枠組みは、現在のところ、最も進んだ関連法規であり、これまでに挙げた問題のいくつかに対処しています。
循環型経済に関する法の制定を求める声がさまざまな国で高まっているので、スコットランド自治政府、デンマーク産業当局、ベルギー南部のワロン地域の動きを注意深く見守ることをお勧めします。これら 3 地域は EMF と協力して、生産能力の拡張を目指し、循環型の新市場を開発する過程を国際的なベストプラクティスとして共有しています。

このコンテンツは、Guardian Labs、Guardian News & Media のコマーシャルコンテンツ部門が製造したものであり、フィリップスは合意を得て要約しています。

画像は、Mandy Barker が作成したものです。