ブレスレス・クワイア

深刻な呼吸器系の疾患がある人々が、より充実した生活を送るには?ハンディキャップに立ち向かい、新たな自立性と自由を見いだそうとする 18 人のメンバーの忘れがたいストーリーをご覧ください。
Breathless Choir: Singing when breath is a battle

呼吸が難しい状態で歌うこと

合唱団が、合唱団指揮者の Gareth Malone とともに、自らの呼吸を得る様子をご覧ください。

合唱団に聞く

 

合唱団のメンバーが、日々、どのように嚢胞性線維症や肺活量の低下、喘息や COPD などの症状に対処してきたかをお聞きください。そして、彼らはこの新しい挑戦にどのように取り組むのでしょうか?

Meet the choir: Overcoming breathlessness

呼吸困難を克服

 合唱団のメンバーの決断、強さ、希望のストーリーをご覧ください。

歌うことで呼吸筋を鍛えることができます。歌うことだけでも、彼らの肺活量は増えるはずです。”

 

Sairam Parthasarathy 教授

アリゾナ大学

歌うことで心地良い気分になり、元気付けられ、楽しむことができます。歌うことは、とてもシンプルです。まさに自分自身と声、そして呼吸そのものです。”

 

Gareth Malone, OBE

合唱団指揮者

Singing’s feel good factor

歌うことは心地良さを感じる要因

S Parthasarathy 教授と合唱団指揮者の Gareth Malone が、歌うことによる健康上のメリットについて話します。

患者を第一に考える

 

COPD を抱える患者数の増加が予想されています。フィリップスでは、こうした患者のニーズに対応し、病状の管理を行う幅広いソリューションをご用意しています。

ネブライザー

霧状の薬液の吸引により、肺に薬物を投与します。

監視装置

患者の自宅にあるネットワーク接続されたデバイスを通じて、患者や養護者が離れた場所から問題を確認することができます。

非侵襲的人口呼吸器

夜間またはその他の必要なときに、マスクを通して空気を肺に送ります。

酸素濃縮器

室内の空気から高濃度の酸素を取り出して排気します。

歌声の変化

 

1 週間前、合唱団は呼吸することに必死で、歌うどころではありませんでした。こうした初日から、感動的な最終公演までの過程をご覧ください。

A change of tune : The transformation

変化

合唱団が舞台に立つ自信を得るまでの 1 週間の歩みをご覧ください。

最終公演


ブレスレス・クワイアは、ニューヨーク、ハーレムの世界的に有名な音楽会場、アポロシアターで、予想を覆す公演を行いました。
The final performance : Watch the full show

全公演を見る

全員が一体となる瞬間をご覧ください

呼吸器の疾患があっても自由を楽しむ

 

呼吸器の疾患があっても、人生をためらう必要はありません。フィリップスは、Claire のような人々の人生をよりよいものにするソリューションの開発に努めています。SimplyGo Mini のような携帯性を高めたテクノロジーにより、自宅以外の場所での酸素治療が可能になっています。呼吸器系の疾患を抱える数百万の人々が、これまで不可能と思っていたことができるようになっています。

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する