より良い眠りがより良い社会を作る理由

最高のイノベーションとは、人々がより健康で充実した生活を送ることを可能にし、いつもの毎日を向上するための絶対的なニーズに対処できるものです。その内容には夜の睡眠も含まれます。

研究によると、最適な睡眠時間は 1 日 7 ~ 9 時間とされていますが、調査の結果、成人の 3 分の 1 が、睡眠を(睡眠遮断につながる可能性のある)6 時間しか取らないことが明らかになりました。
十分な睡眠は、ダイエットとエクササイズと同様に、体を効率的に機能させ、健康を長く保つために不可欠なものです。睡眠不足は単に危険なだけでなく、仕事の効率を損ない、気分や判断力にも影響を与え、社会全体に概して認識されていない大きなコスト負担をかけることにつながります。
今日のようなデジタル時代において特に問題となることは、私たちが、テレビ、電話、PC、メールに対して「常にオン」の状態でいることです。こうした状態が睡眠不足を招く原因になります。

研究によると、最適な睡眠時間は 1 日 7 ~ 9 時間とされていますが、調査の結果、成人の 3 分の 1 が、睡眠を 6 時間しか取らないことが明らかになりました。"

 

Sleep Health: A shared responsibility, CNBC Innovation Cities 2014

仕事生活と家庭生活の境界がぼやけることで、ストレスと眠れない夜がさらに増えることになります。こうした問題は、個人、関係者、ビジネスパートナーが、人々に重大な影響を与える画期的なイノベーションを互いに試し、効果的に推進することによって解決できます。こうした取り組みは、ビジネスの成長にもつながるのです。
また、医療費を削減できる重要な機会にもなります。なぜなら、睡眠不足によって、もっと深刻な別の健康問題が引き起こされる可能性があるからです。

100,000

米国では、年間 100,000 件の自動車事故が、居眠り運転によって起きています。こうした事故で負傷した人の数は 4 万人、死亡した人の数は 1,550 人に達しています。

 

引用:Drowsy driving and automobile crashes, NCSDR/NHTSA expert panel on driver fatigue and sleepiness

トゥウェンテ大学、メディッシュ・スペクトルム・トゥエンテ(MST)病院、そしてオランダの患者組織である ApneuVereniging の協力の下、フィリップスは閉塞性睡眠時無呼吸(睡眠中に呼吸が一時停止したり極端に浅くなる状態)に関する 2 年に及ぶ大規模な研究を最近終えました。その結果、睡眠時無呼吸の症状がある人が 6% を超えることが明らかになりました。驚くべき事実は、そのように診断された人々の 78% が、自身に睡眠時無呼吸の症状があることを自覚していなかったことです。
「睡眠不足は考えている以上に危険なものです。」と、MST 病院の呼吸器科医であるミヒール・アイスボーゲル医師は語ります。「睡眠パターンの乱れは、夜の休息を妨げて疲労感を残します。それが原因で、日中眠くなったり、仕事の効率が次第に下がったり、怒りやすくなったりするのです。」しかし幸運なことに、研究のために開発された新しく画期的な検査方法により、睡眠時無呼吸を初期段階で特定し、シンプルかつ有効な治療法を選択できるようになりました。
次に、利益成長を望む企業は、健康的な睡眠を支援する思いやりにあふれた影響力のある環境を育てる必要があります。従業員の疲労に対処する方法は、「認定産業医」に相談できますが、安価で持続可能なソリューションも多数利用できます。たとえば、スタッフの休憩時間を増やしたり、フレックスタイム制を導入したり、シフト勤務後に眠い場合は車で家まで送り届けるなどの方法です。
職場の照明を役立てることもできます。インディアナ州サウスベンドのメモリアルホスピタルで実施された職場の照明に関する研究によると、待合室の照明を明るくしたところ、看護師とシフト勤務者の仕事の効率と士気が上がっただけでなく、仕事の結果も向上したことが明らかになりました。従業員を大事にしたい企業は、睡眠を犠牲にした上での生産性が長く続かないことを認識する必要があります。
最後に、社会には安全性を高めて成功を導く責任があります。その手始めとなる取り組みが、教育と立法の擁護です。多くの国では、パイロット、トラック運転手、シフト労働者の睡眠時間と労働時間が法律で定められています。その一方で、医療のようなさらにリスクの高い分野の多くには、従業員の睡眠不足に対応した法律を制定した上で、その問題を解決しなければいけない機会が残されています。
睡眠と労働に関する課題をより良く理解する取り組みに、政府と関係者がより多くの金額を投資することが最も重要と言えるかもしれません。睡眠についての理解が深まれば、社会、企業の評判、そして成長を改善するためにできることが増え、人々がより健康的な生活を送るための手助けができます。

オーストラリアでは、GDP の 0.8% が不眠に関する研究に費やされています。正しいですか?

はい。睡眠障害に関する研究に費やされた財務費用の合計は 45 億 2 千 4 百万オーストラリアドルです。これはオーストラリアの GDP の 0.8% に相当します。引用:US National Library of Medicine National Institues of Health(米国国立医学図書館 国立衛生研究所)

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する