未来の病院

ここ数年に提供された多くのヘルスケイノベーションにより、病院の最新化が進んでいます。先駆的な新製品とデジタルの進歩は、人々の生活を大方の予想よりもはるかに改善しています。

しかし、ヘルスケアイノベーションがこのような次世代の進歩を実現したことで、病院の効率性はますます重要になっています。思いやりの心を形にし、強い影響力を持ち、有意義な利点をもたらす応用テクノロジーは、人々の生活に変化を与えることと、予算の懸念に対処することの両方を実現する必要があります。これがヘルスケア革命の本質です。
そのため、医療に対して高まる需要に応え、公共医療サービスを提供し続けることが大きな課題となります。これに対する 1 つのアプローチは、サービス提供のサイロモデルから脱却し、十分に統合されたヘルスケアサービスを開発することです。ただし、これを実現するために今までに行った努力は、1 つのサイロから別のサイロへリソースを移動したにすぎないという懐疑的な見方もあります。

物事は良い方向へと変わりつつあり、コストと効率性を重視したヘルスケアイノベーションには、システムを改革する力があります。"

 

Dramatic changes in store for the hospital of tomorrow, CNBC Innovation Cities 2014

しかし、物事は良い方向へと変わりつつあり、コストと効率性を重視したヘルスケアイノベーションにはシステムを改革する力があります。
救急病院は、ヘルスケアイノベーションと病院内データの急増に、何年にもわたって必死でついてきました。その一方で、一部の医療機関は、臨床データの管理と観察を情報通信技術(ICT)を使って一足飛びで行ってきましたが、これはどちらかといえば例外的なことでした。ICT アクセスを基本としたこのような制約は、10 年以内に遠い記憶となるでしょう。

10.1 %

2012 年のグローバル GDP の 10.1 % は、ヘルスケアに費やされました。

 

引用:World Health Organization

さらに、データを効果的かつ効率的に使用することは、サービス提供のコストを削減し、臨床専門医と医療提供者との境界をなくし、患者に対する透明性を向上し、患者に対してより総合的な医療を提供することにつながります。こうした変化の最も遅れている部分は、必然的に文化的な要素となります。急速な臨床的進歩にもかかわらず、従来の臨床構造は発展に時間がかかっています。しかし、予算を便宜上の理由にすることにより、また、改善したサービスの新しい提供方法という魅力的な餌をちらつかせることにより、ヘルスケアイノベーションは変化を引き起こすことができます。
ビッグデータとより安価な ICT が変化を推進するとしたら、病院という現場でどのように機能するでしょうか?患者の利益と病院の効率性はどのように変わるでしょうか?臨床医と患者のリアルタイムのコラボレーションを可能にし、成果を向上しながらコストも削減する傾向は、既にたくさん現れています。
たとえば、複数のツールとテクノロジーを統合するハイテクな処置を採用すれば、臨床医は複雑な問題を患者中心のアプローチで扱うことが可能になり、既存の臨床分野にある「競争」(心臓外科医と心臓内科医との競争など)を減らすことができます。
遠隔医療に対応したヘルスケアイノベーションにより、病院は、より多くの患者をより早く退院させ、患者の自宅などの他の環境で患者の快復を支援できます。患者が必要とする場合は、時宜を得てアクティブモニターを介入できます。
臨床医は、焦点を絞り込むためのデータを使用して、診断と治療において「慎重過ぎるくらい慎重になる」アプローチから脱却し、目的のアプローチへと移行できます。これは、画像撮影時の放射線被ばくから低侵襲処置に至るまで、すべてを包括しています。
未来の病院とつながる大半の人々は、物理的にそこに存在しません。代わりに、病院が仮想ハブとして機能し、手術からリハビリまですべてをカバーする地方の分散センターを通じて、臨床専門医を患者の元へ届けます。
そして最後に、つながりを安全に保つことで、未来の病院はこれまで以上に多くの情報を共有し、複数の情報源から得た情報を統合できます。ヘルスケアの新しいイノベーションのおかげで、患者、家族、医師、看護師、そして最終的な支払者に至るまで、すべての人がリアルタイムに関連情報へアクセスできるようになります。

グローバルテレへレス市場は 2018 年までに 10 億ドルに達すると予測されています。正しいですか?

いいえ。グローバルテレへレス市場は 2018 年までに 25 億ドルに達すると予測されています。アメリカの「高度に IT 化された」医療機関の 70% が既にテレヘルスを提供しています。引用:Advanced Telehealth Solutions

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する