LED ライトで発展する都市農園 

サステイナビリティは、フィリップスのイノベーション戦略の大部分を推進する重要な概念です。フィリップスは、地球の資源をもっと尊重し、さらに責任を持って扱うべきだと考えています。フィリップスの研究センターは、そうした考えを念頭に置き、環境と歩調を合わせ、それを保護することを目的とした新製品を開発しています。

たとえば、場所と日光の確保です。都市のスプロール現象が毎年急激に進行するにつれ、英国の都市農園は供給不足に陥っています。しかし、人工照明は、エネルギー効率の高い方法で野菜の品質を向上し、栽培量を増やします。

この農園では農作物が垂直に育つため、通常の農場よりもエーカー当たりの収穫量が多いのです。年間収穫量もそれに応じて増加しました。"

 

Philips Horticulture: sustainable farming lighting, Philips/Telegraph media parternship 2014

フィリップスと、シカゴの栽培業者 Green Sense Farms(GSF)は、都市で最大規模の屋内農園を LED グローライトを使って発展させるためのユニークな取り組みを行っています。フィリップスは GSF と協力し、エネルギーを節約しながら植物の光合成を最大限に高める、屋内栽培システムに最適な LED ライトを継続的に開発しています。そして、美味しくて栄養価の高い野菜を持続可能な方法で育てることを目指しています。

805 万人

世界では、805 万人の人々が栄養不足の状態にあると推定されています。この数は、過去 10 年間と比べると 1 億人以上減少しています。

 

引用:The state of food insecruity in the world today, FAOUN

都市農園では、人工照明を使って農作物を垂直に育てるため、通常の農場よりもエーカー当たりの収穫量が多くなり、年間収穫量もそれに応じて増加します。廃棄物がぐっと減り、農業排水も出ません。そして何よりも、温室ガスを最小限に抑えることができます。なぜなら、食糧が育つ場所と消費される場所が同じだからです。
これは、都市化が進む世界で増え続ける人口に対し、地球にダメージを与えずに食糧を供給する草分け的な革新技術と言えます。そして、都市農園と屋内栽培システムによって恩恵を受けているのは、英国だけではありません。
世界中の多くの都心が場所と光の確保に苦労しています。柔軟性と管理能力に優れた省エネ効果の高い LED システムは、この課題に対処できる大きな可能性を秘めています。光の役割に関する植物生物学の基礎知識を糸口に、フィリップスはその可能性を現実にしています。フィリップスが提供するオーダーメイドの栽培用照明レシピは、栽培者の収穫高を向上し、コストを削減し、生育期間を拡大します。こうした知識が、自然光を使わずに限られたスペースで食糧を育てる都市農園の新時代を迎え入れているのです。
国連は、世界の人口が 2050 年までに 23 億人まで増加し、その 68% が都会に居住すると予測しています。懸念事項は、食物の栽培に適した土地の 80% が利用済みであるという事実です。これにより、自然光を一切使わずに、屋内で植物を多層に積み重ねて栽培する、都市農園の需要が急速に高まっています。
自然光を使わない環境には、適切な人工照明が不可欠です。従来の栽培用照明から大幅に進歩した先駆的な LED は、高純度の色とスペクトルレベルを持つ光を作り出し、収穫高と品質を向上します。LED と最適な照明「レシピ」の使用は、現代の園芸事業に大きな影響を与えています。これらを組み合わせることで、収穫高を向上し、エネルギー消費量を抑え、年間を通して好きな農産物を楽しめるほか、栄養価を高めることができます。
さらに、エネルギー効率に優れた LED システムにより、企業はエネルギー消費量を抑えてコストを削減できます。つまり、人々の暮らしだけでなく、予算にも大きな変化が生まれるのです。

2050 年までに人口の何 % が都市に住むようになると予測されていますか?

およそ 70% です。世界の人口は 90 億人以上になると予測されており、人口増加によって、エネルギーと食料をもたらす天然資源への負荷が増す可能性が高まります。引用:OECD Environmental Outlook to 2050(OECD 環境アウトルック 2050)

フィリップスのライティングソリューションをすべて表示する