慢性疾患患者の生活をより健康的に

お客様がより健康的に暮らすための支援を提供する取り組みは、当社のイノベーターにとって不可欠なものです。デジタル時代の現代、製品が有意義なものであることと、その有用性が生活の質を向上する力と一致していることがさらに重要となっています。

こうした考えを念頭に、フィリップスは、ヨーロッパで最も画期的な大学病院とユニークなコラボレーションを開始しました。オランダにあるラドバウド大学ナイメーヘン医療センターは、フィリップスとその先駆的な IT パートナーである SalesForce の才能を結集し、ウェアラブルなセンサーテクノロジーを作り出して COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者の治療と生活習慣を改善したヨーロッパ初の大学病院です。
クラウドベースのテクノロジーと接続したセンサーが、患者を 24 時間体制で監視します。それにより、患者は自身で健康を管理して、必要に応じて予防的なサポートを受けることができます。このイノベーションは、生活を一変するだけでなく、COPD の認識向上を提唱するマーク・ユンゲの行動も変えてしまいました。彼は次のように語ります。「今は自分ができることとできないことがわかるようになりました。健康診断で医師の診察を年に 2 度受ける代わりに、その時間を、自分に起きていることを知るために使いたい。自分の心臓と肺がきちんと機能していることを毎日観察したいのです。」

リアルタイムの監視から得られる詳細なデータにより、医師は患者の全体像を把握して、個人に適したアドバイスができるようになります。"

 

Helping consumers with chronic conditions to live healthier live, Philips blog 2014

マークはウェアラブル製品の使用を通じて、自身の健康を観察して健康管理を向上するという新たな可能性を発見しました。フィリップス社ヘルスケア・インフォマティックス・ソリューション&サービス部門の CEO、ジェロエン・タスは、この可能性を、慢性疾患の治療法を一変するものであると信じています。彼は次のように語ります。「当社はラドバウド大学と協同で慢性病患者を治療し、患者に本当の意味で力を与えるような環境作りに取り組んでいます。新しいウェアラブルテクノロジーにより、センサーを使用して患者の健康状態を測定できるようになりました。データを収集すると、実際に起きていることをリアルタイムに確認できるため、医療提供者は治療法を調整し、患者は自身の健康状態を観察することができます。」

25 %

のアメリカ人が複数の慢性疾患を患っています。複数の慢性疾患を患う人々は、死亡するリスクも、日常的な機能に支障をきたす可能性も共に高くなります。

 

引用:Philips healthcare hospital to home (website)

ヘルスケアへの取り組み方は、何世代にわたっても変わりません。その主な理由は、そこにテクノロジーが介在してこなかったためです。私たちは今、患者が自身で健康を管理し、医療提供者が個人に適した治療計画を立てることを可能にする、真の革新の入り口にいます。患者は自身のヘルスケアについて初めて有益なパートナーとなり、もはや、病気になった後に単に快復を願うだけの状況ではなく、自身で予防措置を講じられる状況になったのです。
誰にでも大切な人はいます。心不全、糖尿病、肺病、癌など、さまざまな慢性疾患に苦しむ人が身近にいる場合もあります。そうした人々は、合併症を回避するために、健康状態を管理してくれる継続的な治療とサポートを必要としています。ヘルスケアサービスは今もなお断片化し、急性事象に対して管理が行われる傾向にありますが、慢性疾患には継続的な治療が必要なのです。
今は、チームベースのモデルとデジタルテクノロジーを組み合わせることで、継続的な治療を効果的に提供することができます。医療専門家は、ビッグデータを活用して、より詳細で意義のある遺伝分析を行うことが可能です。「遺伝子型判定」は、特定の病気にかかりやすいかどうかを調べる検査であり、診断と最善の治療方法の決定に役立ちます。ビッグデータの 1 つである「ソーシャルデータ」は、人々の生活スタイルや治療計画への適性など、さまざまな要素を特定するものであり、これによって病気にかかるリスクの判定が容易になります。個人に最適な治療計画は、このような情報を通じて、より簡単に決定できるようになります。
リアルタイムの監視から得たヘルスケアに関する詳細なビッグデータにより、医師は患者の全体像を把握して、現代医学に欠かせない個人に適したアドバイスができるようになります。こうしたデータは、クラウドを介して Philips HealthSuite Digital Platform に送信され、そこで、eCareCoordinator アプリケーションを通じて適切な医療提供者と共有され、患者の病気に対する総合的な見解を提供します。大量のデータを集約して分析することにより、医師は意思決定に役立つパターンを発見できます。状況を継続的に監視してリアルタイムの分析を行うことにより、患者の状況が悪化して介在が必要な時を素早く察知し、迅速な対応を取ることが可能になります。
これはヘルスケアの連続したつながりであり、世界中に通用するモデルです。そして、個人に適した有意義なヘルスケアを患者に提供し、患者が重病から快復する力をこれまで以上に高めます。ビッグデータとヘルスケアの組み合わせは、人々のより良い暮らしを支援するフィリップスヘルスケアのイノベーションの 1 つです。

米国の医療費の 50% が、複数の慢性疾患を持つ患者の治療に使用されています。正しいですか?

いいえ。米国の医療費の 71% が、複数の慢性疾患を持つ患者の治療に使用されています。こうした患者に効率的かつ効果的にサービスを提供するには、テクノロジーの力によって治療のうえでも財務のうえでも望ましい成果をもたらす治療プログラムが必要です。

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する