誰にでも手が届く発展途上国の医療

保健医療の利便性を向上するには、GDP、人口密度、または既存のインフラを問わず、有意義なイノベーションが必要であるとフィリップスは信じています。また、本当の意味で変化を生み出し、保健医療の利便性を向上するためには、全関係者間の複雑な関係とそれぞれのニーズを理解することが必要です。

政府、ヘルスケア業界の世界的なリーダー、民間組織、NGO とのパートナーシップにより、フィリップスは、患者の転帰を改善し、より良い価値を提供し、保健医療の利便性を向上するためのサービスを、世界中の人々に提供しています。
フィリップスは、2025 年までに 1 億人の女性と子供の生活改善を目標とする、UN Every Women Every Child(国連の女性と子どもの健康の実現に向けたグローバル戦略)を支援しています。この国連の取り組みの目標は、イノベーションを通じて世界をより健康的で環境に優しい場所へと変え、2025 年までに 30 億人の生活を改善することを最終目標とする、フィリップスのビジョンと同調しています。

現地のパートナーシップと歩調を合わせ、革新的なヘルスケアソリューションを融合することが、人々の生活を向上できる最善の方法です。"

 

Philips Connected Healthcare position paper, 2014

現地のパートナーシップと歩調を合わせ、革新的なヘルスケアソリューションを融合することが、人々の生活を向上するための、そして、ヘルスケア改革を必要とする分野にイノベーションが影響力を持つことを保証するための最善策となります。さらに、予防と治療を重視した利用しやすい統合された医療制度は、人々の生命を救い、回復力の高いコミュニティを作り、意欲的な開発課題の基盤となります。
新興経済国のヘルスケアは、持続可能な医療制度を作成して維持する際に、3 つの主な問題に直面します。1 つ目は、医療制度を発展させるための高額なコストです。

40 %

World Health Organization アフリカ地区における 2010 年のすべての死因の 40 % は、非伝染性疾病によるものです。また、これらの死亡者の約半数は 70 歳未満でした。

 

引用:Philips Fabric of Africa report, 2013

2 つ目は、基本的な医療サービスの提供が、慢性疾患や非伝染性疾病を減らす一方で、多くの場合、不健康な生活習慣によって推進されている点です。3 つ目は、貧困や暴力、そして基本な健康状態の悪さが、医療に対する強い需要を生み出しているにもかかわらず、基盤システムや提供システムの弱さにより、供給がしばしば制限される点です。
使いやすい携帯型テレへレスデバイスのような影響力のあるイノベーションが、1 つのソリューションとなる可能性があります。こうした高度なテクノロジーは、特に遠く離れた農村地域で医療を利用する際の問題に対処できます。また、多くの発展途上経済国にありがちな、医療提供者の不足にも対処できます。たとえば、イメージング・ザ・ワールド社とフィリップスの協力により、ウガンダの農村地域に基本的な出生前超音波装置を提供するプログラムが導入されました。このプログラムにおいて、助産師が超音波の手順について教育を受けた結果、産前ケアの外来数が増え、安全な出産と在宅ケア診療に関する母性教育の機会が生まれました。
ケニアでも同様のコラボレーションが行われました。そこでは、フィリップスが南アフリカを拠点とする非営利組織 PET(PowerFree Education Technology)と協力し、Wind-up Doppler Ultrasound Fetal Heart Rate Monitor のさらなる開発と試験と提供を行いました。これは、アフリカ全土にわたる回避可能な幼児死亡率の高さに対処することを目的とした、ユニークな低消費電力の臨床イノベーションです。
フィリップスが最近開発した Community Life Center(CLC)は、テクノロジーとサービスがセットになったコミュニティハブです。太陽光発電、屋内外用 LED ライト、医療設備、実験装置、冷凍設備、IT ソリューション、給水設備、浄水設備などを利用できます。ケニアで最初の CLC では、現在、1 日 2 回の分娩が発生しています。ここで働く医療従事者たちは、臨床に関する指導や教育を通じてスキルを磨いています。
装置を操作して保守できるような、経験のある優秀な医療専門家の不足が多くの国で課題となっています。そのため、フィリップスは、ヘルスケアに関する専門的で技術的な教育を行うために、戦略的なパートナーシップを展開しています。たとえば、フィリップスは最近インドで NGO 法人 RAD-AID と提携し、乳癌、子宮癌、骨粗鬆症を早期に発見するための検査プログラムを提供しました。これは、画像技術と臨床委託サービスを提供する移動検査車を通じて行われるものです。このパートナーシップは、医療施設から遠く離れたインド人女性たちの複雑な保健医療ニーズに対処しています。また、フィリップスは、影響力と意義のあるソリューションを提供する世界的な提携関係を締結しています。世界経済フォーラムの「新興経済国のリープフロッギング」プロジェクトにおける 3 年間の取り組みもその 1 つです。このプロジェクトでは、新興経済国の医療制度が財政的に持続可能であり、質が高く費用効果の高い利用しやすい治療を提供できることを目指すものです。
医療サービスの利便性に良い変化を生み出すには、人々、テクノロジー、場所、併存疾患、制度、サービス、状況、コストの相互関連性、そしてそれらすべての因果関係を理解する必要があります。医療サービスの利便性は、目立った変化をもたらすための手段、地位、使命、そして意欲を持つ人々による多角的なアプローチが必要な複雑な問題です。フィリップスとそのパートナーは、現地と地域の理解を深め、個人的な体験をもたらし、この問題に耐えうる情熱を授け、思いやりにあふれたイノベーションを育て、患者の転帰を改善し、より良い価値を与え、発展途上世界の保健医療の利便性を向上することができます。

世界の人口の半数は農村地域で暮らしています。農村地域で働く医師の割合はどのくらいですか?

25% です。また、辺境地域で働く看護士は 38% 未満です。引用:世界保健機関(WHO)

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する