ヘルスケアイノベーションを加速

ヘルスケア分野における多くのフィリップス製品は、迅速で明確な診断を可能にするテクノロジーソリューションを重視しています。その理由は、その戦略が命を救うだけでなく、病院のコストを削減し、より多くの患者を診察する機会を医師に与え、ヘルスケアの効率性を高めるからです。そうしたことが、患者がより良い生活を楽しむための手助けとなります。

世界中で高齢化が進むにつれ、効率性がさらに重視されています。その理由の一端は、慢性疾患の発症率が上昇していることにあり、また別の一端は、新しいビジネスモデルが、患者とコストに焦点を置いた総合的なイノベーション戦略を求めていることにあります。 
都市化への避けられない流れは、体をほとんど動かさない生活習慣や、糖尿病のような非伝染性疾病につながることが多い不健康な習慣を招き、健康問題を増加させます。次第に増える病気人口に十分に対応できる医療提供者がいなければ、ヘルスケアテクノロジーをどこよりも早く市場に出すことが、私たちの未来にとって不可欠となります。このデジタル時代の製品開発は、もはや直線状の経路をたどる必要はないのです。

効果的なコラボレーションは、最も適切な治療への最短経路を作るために欠かせないものです。"

 

Leveraging key intersections to accelerate healthcare innovation, WSJ, 2013

代わりに、患者のためになる先駆的なイノベーションとヘルスケアテクノロジーを市場により速く投入することで、ヘルスケアの提供に費やされるコストを削減できます。フィリップスは、これを実現するために、分野とコンピテンシーが重なり合ってイノベーションに力を与え、病院を効率的に機能させ、コストを削減して資金を主要なサービスに還元する極めて重要な「交差地点」が 4 つ存在すると考えています。
最初は、医学、科学、エンジニアリングが一体となる交差地点です。これによって本当の意味で変化を生み出す有意義なイノベーションが作り出されます。
これは、進歩を促進するラピッドプロトタイピングとの一種のコラボレーションと言えます。次に、異なる分野のパートナーと専門家が協力する 2 つ目の交差地点です。これによって特定の臨床ニーズが解決されます。たとえば、フィリップスには、ほぼ 100 年にわたって集積された画像処理に関する広範な知識体系があります。これは現在、主要な臨床機関、健康管理組織、製薬会社とのパートナーシップによって機能しています。フィリップスは、このパートナーシップの下で、危険因子、画像マーカー、血液バイオマーカーを組み合わせ、脳卒中や心臓発作のリスクを予測するアプローチを展開しています。そして 3 つ目の交差地点は、公共と民間とのパートナーシップです。これは、現地の状況に適したヘルスケアイノベーションを迅速に導入するために不可欠なものです。たとえば、インドの農村部で女性のヘルスケアサービスを展開した際に、マンモグラフィー装置やその他の診断装置を搭載した検診車を用意することは簡単にできましたが、それよりもはるかに困難だったのは、現地の医療提供者を教育し、画像やデータを病院に転送し、分析をリアルタイムに行うための持続可能なシステムを開発することでした。フィリップスはこれを実現するために、NGO、現地の医療関連政府機関、そして評判の高い病院とパートナーシップを結んでいます。
最後の交差地点はラピッドプロトタイピングです。これは、より良好な臨床転帰やより良い経済的価値をもたらすための初期仮説を立て、そのアプローチを継続的に見直すことをいとわずに、そうした仮説を確定または棄却する取り組みです。当然ながら、臨床試験の要件を満たし、その過程で患者の治療水準を低下させないように注意することが必要となります。
フィリップスは、主要な医療機関と共にラピッドプロタイピングに取り組み、治療にかかるコストを治療効果を落とさずに削減することを目指しています。これは、自己管理ツールと介護支援に支えられたユビキタスなテレヘルスシステムと監視システムを使い、病院と自宅を行き来する必要性を減らすことによって実現します。
効果的なコラボレーションは、最も適切な治療への最短経路を作るために欠かせないものです。極めて重要な交差地点に焦点を置くことで、今日の世界的な課題に対応した速度で革新を起こせるほか、それを実現することでコストを削減することも可能になります。

何年に高齢者の人口が子どもの人口を初めて上回ると予測されていますか?

2047 年です。2050 年までに 80 歳以上の人口は現在の 3 倍に相当する 3 億 9,200 万人になると試算されています。引用:United Nations World Population Aging 2013(2013 年国際連合世界高齢化報告)

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する