Future Health Index(未来の医療環境指数、略称:FHI)は、将来の医療課題に対する患者、医療従事者の意識をベンチマークしたものです。

医療アクセスに関する日本と海外の比較

患者の高齢化への問題意識、日本と海外で大差

国が抱える重要課題

日本においては、医療従事者と患者ともに「高齢化」問題が最重要課題に捉えられている一方、これに伴い生じる医療課題の解消へ向けた、政府の取り組みの優先順位には差がある。

他国では、医療従事者と患者の間で、重要課題に対する見解の違いが存在。

患者の医療アクセスへの評価で日本は13か国中、最下位

医療アクセス

日本は健康な生活や、予防、治療、在宅ケアなどの「一連のヘルスケアプロセス」にアクセスできると考える患者の割合が、13か国中、最も低い。医療従事者においても、13か国の平均を下回っているが、その差は患者よりも狭まっている。
日本とブラジルによる、自国の医療水準への評価が真逆

医療水準の評価

日本では医療従事者と比べて、患者の医療水準の評価が低い。背景には「(診察を受けるまでの)長い待ち時間」や、「限られた診察時間」が影響している可能性がある。一方、13か国中、6か国では患者の評価が医療従事者を上回っている。
健康管理への自信、米国と大差

健康管理の意識

日本の医療従事者の57%は、患者がより積極的に健康管理に関わる必要があると考えているが、自身の健康管理に「非常に積極的」な日本の患者はわずか7%。自身の健康管理への評価について、日本の患者は「自信がない」との回答が13か国で群を抜いて高い。
医療の水準に対するコスト評価、日本はほぼ平均

医療コスト

医療コストについて日本の患者は過半数が「高すぎる」と感じているが、その割合は他国とほぼ同じ。

「医療の統合」に関する日本と海外の比較

日本人は「医療の統合」に実感なし

「医療の統合」の現状に対する意識

日本において、医療制度は「統合されていない」との意見が多く、患者では46%、医療従事者では59%に上る。「統合されている」との回答は患者では2%、医療従事者ではゼロとなっており、いずれも13か国で最下位。
「医療統合の重要性」、海外と温度差

「医療の統合」の重要性

「医療の統合」が重要であることについては、日本の患者の66%、医療従事者の60%が同意。ただ、13か国平均ではそれぞれ77%、83%に上っており、日本と開きが見られる。


「医療の統合」のコスト影響、増加or低下?

「医療の統合」のメリット

「医療の統合」について、コスト面では特に医療従事者で意見が割れており、13か国中5か国でコストが「増加する」との意見が「低下する」との見方を上回っている。医療の質に与える影響は患者、医療従事者共に「良くなる」との見方が多いが、日本は13か国平均を10ポイント以上下回っている。

「コネクテッドケア」に関する日本と海外の比較 

「コネクテッドケア」の認知度、13か国調査で日本が最下位

「コネクテッドケア」の認知度と重要性 

日本において「コネクテッドケア」を「知らない」患者は84%、医療従事者は80%に上っており、13か国で認知度が最も低い。重要性についてはおおむね賛同する意見が多く、国民の健康改善に「コネクテッドケア」が重要と回答した日本の患者は50%、医療従事者は56%だった。
「コネクテッドケア」導入、主な障壁は「機器の価格」

「コネクテッドケア」導入の障壁 

「コネクテッドケア」の導入にあたり、日本では患者、医療従事者ともに「プライバシー保護/データセキュリティ」、「機器の価格」が障壁になっているとの意見が多い。特に「機器の価格」については、日本の患者の31%、医療従事者の51%、海外においても13か国平均でそれぞれ42%、46%が障壁とみなしている。
医療従事者とのオンラインコミュニケーション、日本の患者は未経験率13か国中トップ

オンラインコミュニケーションの実態 

日本の患者の実に75%が「オンラインで医療従事者とコミュニケーションを図ったことはない」と回答。医療従事者でもオンラインでやり取りしている人は43%で半数に満たず、他国と比較し、オンラインでのコミュニケーションが進んでいない。

日本の医療 

その考察と新たな事実

その考察と新たな事実 

世界でもトップクラスの平均寿命を誇っているにも関わらず、日本人は「健康な生活」の維持に必要な情報やリソースを利用するのが難しいと感じていることを知っていますか?