Future Health Index(未来の医療環境指数、略称:FHI)は、将来の医療課題に対する患者、医療従事者の意識をベンチマークしたものです。

「コネクテッドケア」に関する日本と海外の比較

「コネクテッドケア」導入、主な障壁は「機器の価格」

「コネクテッドケア」導入の障壁

「コネクテッドケア」の導入を国内で進める上での障壁を聞いたところ、日本の患者では「プライバシー保護/データセキュリティ」が34%で最も多く、「機器の価格」が31%でこれに続きました。また、医療従事者においても「機器の価格」、「プライバシー保護/データセキュリティ」を障壁の上位2つに上げており、それぞれ51%、44%に上りました。

 

海外の傾向を見ると、患者については日本と同様、上位2つは「機器の価格」、「プライバシー保護/データセキュリティ」が上がっており、13か国平均でそれぞれ42%、28%でした。特に「機器の価格」を最大の障壁と考える国が多く、13か国中、スウェーデンを除く12か国で「機器の価格」が最も多く上げられました。

医療従事者においても13か国平均で46%が「機械の価格」を障壁とみなしています。