フィリップス、世界規模で展開する「乳がん早期発見啓発活動(Breast Cancer Awareness)」の一環として、従業員50名が乳がん早期発見啓発マラソン&ウォーキング大会に参加

12月 2, 2013

 「有意義なイノベーションを通じて人々の生活を向上させる」ことを使命(ミッション)とする株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、すべての女性が健やかで満ち足りた毎日を過ごせるよう、最先端の医療機器を提供し、最大限の支援をしています。

 

 

 なかでもフィリップスは乳がんに注目し、昨年より全世界で長期的な「乳がん早期発見啓発活動(Breast Cancer Awareness Program)」を展開し、人々に乳がんへの意識を高めてもらい、早期検診を促す活動をしています。その活動の一環として、フィリップスは11月30日に都内(日比谷公園・皇居周回)で開催された乳がん早期発見啓発マラソン&ウォーキング大会「東京ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ2013」に協賛すると共に、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンおよびフィリップス・レスピロニクス合同会社の従業員50名が参加し、乳がん検診の促進、早期発見啓発活動をサポートしました。

 


 「東京ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ2013」は、特定非営利活動法人「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」が2003年より毎年開催しているもので、本大会の収益金は特定非営利活動法人ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションにより乳がん早期発見、検診促進の啓発活動に充てられます。

 

 乳がんは日本人女性のがん罹患数のトップとなっています*1。しかしながら乳がんは、早期発見、早期治療であれば、治癒する可能性が高いがんといわれています。


 フィリップスはこれらの啓発活動、ならびに革新的な技術を搭載した医療診断装置を通じて、乳がんの早期検診、早期発見をサポートし、今後もすべての女性が、女性として、女性らしく満ち足りた毎日を過ごせるよう支援してまいります。

 

フィリップスの乳がん早期発見啓発活動の詳細については、ホームページをご覧ください。

 

*1 公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計'12」より

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2012年の売上は248億ユーロ、世界100ヵ国以上に約114,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

本件および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

.