10月は「乳がん月間」。フィリップス、すべての女性が健やかで満ち足りた毎日を過ごせるよう乳がん早期発見啓発活動を支援


「ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ2012」に従業員参加

10月 1, 2012

 「有意義なイノベーションを通じて人々の生活を向上させる」ことを使命(ミッション)とするフィリップスは、全世界的に「Women's Healthcare(ウィメンズ ヘルスケア)」を提唱し、女性特有の病を正しく理解し、すべての女性が健やかで満ち足りた(health and well-being)毎日を過ごせるよう、最先端の技術と最大限の支援を捧げています。

 

 そこでこのたび、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、12月1日に都内で開催される乳がん早期発見啓発マラソン&ウォーキング大会「ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ2012」(http://www.runforthecure.org/ja/runwalk)に、希望従業員50名が参加し、乳がん検診の促進、早期発見啓発活動をサポートすることを発表しました。
 「ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ」は、特定非営利活動法人「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」が2003年より毎年開催しているもので、今年で10回目を迎えます。本大会の収益金が乳がん早期発見、検診促進の啓発活動に充てられます。

 

 日本人女性の罹患率第1位の乳がん*1。厚生労働省の「人口動態統計」によると、日本で2011年に乳がんで亡くなった方の数は12,838人で、年々増加の一途をたどっています*2。一方で厚生労働省「平成22年国民生活基礎調査」によると、乳がん検診の受診率は過去1年間で24.3%、過去2年間でも31.4%と低い水準を保っており、乳がん検診に対する意識の低さがうかがえます。しかしながら乳がんは、早期発見、早期治療であれば、治癒する可能性が高いがんといわれており、早期検診、早期発見が重要となってきます。

 

 

 「Women's Healthcare」を提唱するフィリップスは、昨年10月の「乳がん月間」には自社のブランドサイト「Unknown Heroes(アンノウン・ヒーローズ)」(http://www.uh.philips.co.jp/)で「乳がん検診特集」を設け、マンモグラフィ装置を始め、超音波診断装置、MRI(磁気共鳴画像装置)を扱う企業として、乳がん検診の必要性を訴えるなど、様々な活動をしています。

 

 フィリップスはこれらの活動を通じ、今後ともすべての女性が、女性として、女性らしく満ち足りた毎日を過ごせるよう支援してまいります。

 

*1 独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」より
*2 2010年:12,545人、2009年:12,008人、2008年:11,890人(厚生労働省「人口動態統計」より) 

 

 

フィリップス グローバルでの乳がん早期発見啓発キャンペーンについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG、AEX:PHIA)は、乳がん啓発を支援するため、今後数年間にわたり、継続的に世界的な取り組みを展開していきます。

フィリップス ライティング事業部は、長年にわたり、省エネで演出性の高いLEDカラーライティングによって世界的な建造物をライトアップすることで、乳がんの早期発見の重要性を訴え、乳がん啓発を支援し続けてきました。

 

フィリップスは再びその技術的ノウハウを活かして、今年の10月も世界中のランドマークをライトアップします。また、従業員ひとりひとりがこのキャンペーンをサポートできるよう、啓発メッセージを従業員から公募し、アムステルダムのフィリップス本社ビルに掲示します。

 

また全従業員に対して寄付を呼びかけ、世界中の主な乳がん研究機関へ寄付をします。

 

さらに女性従業員にマンモグラフィ検診を推奨したり、乳がんの早期発見啓発や治療について関心のある従業員を対象に、医療専門家との質疑応答セッションを設ける予定です。

 

 

フィリップスのマンモグラフィ「MammoDiagnost DR」

  

乳房撮影に適したX線のエネルギー帯を考慮して直接変換タイプの高性能フラットパネルディテクタを搭載したハイエンド・デジタルマンモグラフィー装置。操作性と患者様への配慮を追求し、高画質と低被ばくにこだわった設計。マルチ周波数処理UNIQUE(ユニーク)アルゴリズムを適用することにより、わずかなコントラストの変化も描出できるため、微小石灰化など周波数的に特徴ある構造物を選択的に見やすくすることが可能。微弱なパルスを照射して検査部位の詳細な計測を事前に行うオートエクスポージャーコントロール(AEC)により、最適な撮影条件の設定が可能となり、被ばく線量の低減を実現。

 


「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」(RFTC)について
「RFTC:乳がん早期発見啓発活動推進協議会」は、教育・啓発活動、定期検診の促進および治療を通じ、日本において乳がんが生命を脅かす疾患ではなくなることを使命とし活動をしています。RFTCは、2003年より任意団体として活動を開始し、2004年の12月に特定非営利活動法人として認証を受けました。RFTCは発足以来、日本全国において乳がん早期発見の教育・啓発活動、マンモグラフィ機器の寄贈、またマンモグラフィ検診料の助成などを主に行っています。RFTCの詳細はホームページをご覧ください。(http://www.runforthecure.org/

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2011年の売上は226億ユーロ、世界100ヵ国以上に約122,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、ホーム&ポータブルエンターテインメント、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4551

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL:0120-556-494

.